『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 笑顔写真館
笑顔写真館 笑顔の一覧を見る
小曽根病院・西元善幸さんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

西元善幸さん

医師 60代

複数の薬を服用している方では、一つの薬をやめるだけで、認知症と思われていた症状がなくなることもあります。画像診断も大切ですが、認知症の診断には経過の把握が重要です。緊密な連携を取りながら、それぞれの持ち場で全力を尽くしましょう。

掲載記事へ

小曽根病院・大石英之さんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

大石英之さん

40代 看護師

認知症の方の看護は大変なこともありますが、癒やされたり励まされたりすることも多く、やりがいを感じています。皆が認知症を正しく理解し、悩みや経験を共有できる社会を目指して、一緒にがんばりましょう。

掲載記事へ

小曽根病院・國森ゆかりさんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

國森ゆかりさん

40代 看護師

合併症や生活機能低下などの問題から、認知症の方のケアには多くの専門職が関わり合っています。ご本人とご家族のために何ができるかを考えて、職種の壁を越えて協力していきたいと思います。

掲載記事へ

小曽根病院・松原進さんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

松原進さん

50代 事務長

“患者さん、ご家族、職員が、共に実り豊かな人生を送ること”、それが当法人の理念の一つです。目の前の認知症等の方が、自分の父母、祖父母であったらどうするかを考えて対応することを心がけています。

掲載記事へ

多摩脳神経外科・諌山和男さんの笑顔

神奈川県川崎市
多摩脳神経外科

諌山和男さん

医師 60代

認知症に限らず、医療従事者は患者さんの病気だけを診るのではなく、その方全体を診る必要があると思います。個々人それぞれに全く違うバックグラウンドがあって年齢を重ねておられるので、そこを大切にして診療していきたいですね。

掲載記事へ

青山会津久井浜クリニック・北川年一さんの笑顔

神奈川県横須賀市
青山会津久井浜クリニック

北川年一さん

医師 60代

認知症医療は楽しくなければ長続きしないので、認知症カフェやRUN伴(ランとも)など、認知症の方やご家族はもちろん、医療従事者同士もつながれるような楽しみを見つけながらがんばっていきましょう。

掲載記事へ

青山会津久井浜クリニック・佐々木拓哉さんの笑顔

神奈川県横須賀市
青山会津久井浜クリニック

佐々木拓哉さん

作業療法士 40代

人と関わることが好きなので、対人援助の仕事に魅力を感じています。人となりや生活歴、生活環境を知らないと何もケアができないのが認知症なので、ほかの職種の皆さんとのつながりも大事にして取り組んでいきたいと考えています。

掲載記事へ

青山会津久井浜クリニック・蓮見茉由さんの笑顔

神奈川県横須賀市
青山会津久井浜クリニック

蓮見茉由さん

精神保健福祉士 30代

生活がしづらくなっていた認知症の方や、困っておられたご家族が、医療や介護とつながって暮らしやすくなったと聞くとやりがいを感じます。どんな生活がご本人とご家族にとって一番落ち着けるのかを、一緒に考えていきたいと思います。

掲載記事へ

東京都済生会中央病院・荒川千晶さんの笑顔

東京都港区
東京都済生会中央病院

荒川千晶さん

医師 40代

認知症疾患医療センターの目標は、認知症の方とご家族が地域で安心して暮らし続けられるよう支援することです。実現にはかかりつけ医や介護従事者の力が必要なので、それらの方々との関係性を大事にしたいと考えています。

掲載記事へ

東京都済生会中央病院・浅水香理さんの笑顔

東京都港区
東京都済生会中央病院

浅水香理さん

看護師 50代

初期集中支援チームに加わってから、認知症の方が地域でどのように暮らしているのか、何に困っているのかが見えてきました。認知症の方がその人らしく生活できるよう、医療従事者や地域の方と支援していきたいです。

掲載記事へ

東京都済生会中央病院・川端奈緒さんの笑顔

東京都港区
東京都済生会中央病院

川端奈緒さん

精神保健福祉士 30代

私は病院に所属していますが、認知症の方を支援するときは、地域包括支援センターなどの行政や地域の方と一緒に、病院・行政・地域という垣根なく、サポート方法を考えていきたいと思っています。

掲載記事へ

かがやきクリニック川口・腰原公人さんの笑顔

埼玉県川口市
かがやきクリニック川口

腰原公人さん 

医師 50代

認知症の症状は一人ひとり異なり、生活環境にも左右されます。認知症に関する一般論をそのまま当てはめるのではなく、目の前の方に合わせて知識や経験をどう活かすかが、私たち医療従事者に問われています。

掲載記事へ

音成神経内科・内科クリニック・音成龍司さんの笑顔

福岡県久留米市
音成神経内科・内科クリニック

音成龍司さん

医師 60代

独居の方に認知症の疑いが生じたときに、近所の方が病院に連れていけるような、優しい街づくりが必要だと考えています。認知症の方に対し、周りにいるすべての人が適切な対応を取れるように、啓発活動に尽力していきます。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・漆谷真さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

漆谷真さん

医師 50代

認知症の方とご家族のために、何が最善なのかを考えながら治療にあたっています。何かおかしいと思ったときや、専門的な意見が必要なときには、お気軽にご相談ください。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・遠山育夫さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

遠山育夫さん

医師 

認知症は治療だけでなく、介護など生活面の問題を改善することも重要です。大学病院だけでなく地域の医療機関や介護施設、行政との連携を深めて、力を合わせて認知症医療に取り組んでいきたいと思います。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・金一暁さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

金一暁さん

医師 40代

認知症の方とご家族の、生活の質の向上を追求するためには、医療や介護、行政など、さまざまな立場の人との連携が不可欠です。いつでも連絡しあえる、風通しのよい関係を築いていきたいと思います。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・松尾雅博さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

松尾雅博さん

医師 40代

認知症の診断はバッドニュースと思われがちですが、治療法がわかる、解決策が見えるという意味でグッドニュースにもなり得ます。診断がご本人やご家族にとってバッドニュースと捉えられないように、グッドニュースになるようなサポート体制を、医療従事者や行政と協力してつくっていきたいですね。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・安藤光子さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

安藤光子さん

看護師 50代

認知症の人とご家族が、孤立感を感じることのないようにサポートしていくことが大切だと思います。何かできることがあれば尽力したいといつも思っているので、困ったことがあれば声を上げてもらいたいですね。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・國立淳子さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

國立淳子さん

言語聴覚士 50代

認知症の方への検査では、ご本人のお気持ちをくみ取って柔軟に対応することを心がけています。かつて私もそうでしたが、検査に慣れないうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、人生の先輩に接するという敬意を持ちながらも、正しい評価をしていただけたらと思います。

掲載記事へ

偕行会城西病院・錫村明生さんの笑顔

愛知県名古屋市
偕行会城西病院

錫村明生さん

医師 60代

医師の力だけでは、ご本人やご家族の問題が解決しないこともあります。認知症医療はチームで取り組むことが大切です。小規模の診療所など院内だけではチームが作れなくても、地域の他施設との連携でチーム医療の実現を目指してほしいですね。

掲載記事へ

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ