『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 笑顔写真館
笑顔写真館 笑顔の一覧を見る
弓削病院・宮原幸恵さんの笑顔

熊本県熊本市
弓削病院

宮原幸恵さん

精神保健福祉士 30代

私たち相談員は、問題点ばかりに焦点を当ててしまいがちですが、ご本人やご家族に目を向けることが大切だと思います。ご本人とご家族が安心して過ごせるような支援を、皆さんと一緒に考えていけたらいいですね。

掲載記事へ

和歌山県立医科大学附属病院・伊東秀文さんの笑顔

和歌山県和歌山市
和歌山県立医科大学附属病院

伊東秀文さん

医師 50代

認知症は、医療従事者だけでも、介護従事者や行政だけでも対応できません。一つの職種だけでなく、医療、介護、行政などが一体になって包括的に認知症の方を診ていくことが重要だと思います。

掲載記事へ

和歌山県立医科大学附属病院・廣西昌也さんの笑顔

和歌山県和歌山市
和歌山県立医科大学附属病院

廣西昌也さん

医師 50代

日本にはまだ、認知症に対するネガティブなイメージがあります。誰にでも認知症になる可能性があり、認知症の方を社会で支える仕組みをつくる必要があるという認識を、認知症医療に関わる全ての職種の方に共有していただければと考えています。

掲載記事へ

和歌山県立医科大学附属病院・山田信一さんの笑顔

和歌山県和歌山市
和歌山県立医科大学附属病院

山田信一さん

医師 40代

認知症の方への差別や偏見を少しでも減らすことも、私たち認知症医療に関わる者の役割の一つです。認知症に関する知識を広めることは、差別や偏見を減らす一助になると考えて活動を進めています。

掲載記事へ

和歌山県立医科大学附属病院・小泉恵利さんの笑顔

和歌山県和歌山市
和歌山県立医科大学附属病院

小泉恵利さん

精神保健福祉士 30代

地域の認知症疾患医療センターとして、診断後にも続いていく生活について、ご本人やご家族と一緒に考えていけるように、他職種の方々とともに関係性をつくっていきたいです。

掲載記事へ

和歌山県立医科大学附属病院・篠原優衣奈さんの笑顔

和歌山県和歌山市
和歌山県立医科大学附属病院

篠原優衣奈さん

臨床心理士 20代

神経心理検査を実施する際には、スコアをとるだけでなく、行動や動作なども確認するように心がけています。今後もさらに勉強を重ね、認知症に関する専門性を高めていきたいと思います。

掲載記事へ

新潟臨港病院・鷲山和雄さんの笑顔

新潟県新潟市
新潟臨港病院

鷲山和雄さん

医師 60代

認知症医療は社会的目線、ご家族目線になりがちですが、それ以上に、ご本人目線が 大切です。ご本人の意思能力変化に接する機会の多い医療関係者は極めて重要な役割 を担っているはずであり、ご本人の意思を尊重する新しい医療の仕組みを模索してい ます。

掲載記事へ

新潟臨港病院・鈴木朋美さんの笑顔

新潟県新潟市
新潟臨港病院

鈴木朋美さん

言語聴覚士 40代

認知症の方の日常生活の質が低下する一因には言語聴覚機能の低下があります。言語聴覚機能はコミュニケーションに直結しますので、ご本人の機能を評価するとともに、多職種でご家族へのコミュニケーションに関する支援ができればと思っています。

掲載記事へ

新潟臨港病院・清治智樹さんの笑顔

新潟県新潟市
新潟臨港病院

清治智樹さん

医療ソーシャルワーカー 40代

現在、在宅医療・介護に携わる機関の連携を進めています。地道な取り組みですが、その積み重ねが顔の見える関係をつくり、日常業務に生かされて、関係性が深まる好循環となり、認知症の方の支援につながると考えています。

掲載記事へ

新潟臨港病院・小山世那さんの笑顔

新潟県新潟市
新潟臨港病院

小山世那さん

医療ソーシャルワーカー 20代

認知症医療に関わるようになり、慎重に鑑別診断をつける重要性を学びました。早く治療を始めたいご家族のお気持ちは当然のことと受けとめて、検査と診断の重要性をご理解いただけるよう丁寧な説明を心がけています。

掲載記事へ

小曽根病院・西元善幸さんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

西元善幸さん

医師 60代

複数の薬を服用している方では、一つの薬をやめるだけで、認知症と思われていた症状がなくなることもあります。画像診断も大切ですが、認知症の診断には経過の把握が重要です。緊密な連携を取りながら、それぞれの持ち場で全力を尽くしましょう。

掲載記事へ

小曽根病院・大石英之さんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

大石英之さん

40代 看護師

認知症の方の看護は大変なこともありますが、癒やされたり励まされたりすることも多く、やりがいを感じています。皆が認知症を正しく理解し、悩みや経験を共有できる社会を目指して、一緒にがんばりましょう。

掲載記事へ

小曽根病院・國森ゆかりさんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

國森ゆかりさん

40代 看護師

合併症や生活機能低下などの問題から、認知症の方のケアには多くの専門職が関わり合っています。ご本人とご家族のために何ができるかを考えて、職種の壁を越えて協力していきたいと思います。

掲載記事へ

小曽根病院・松原進さんの笑顔

大阪府豊中市
小曽根病院

松原進さん

50代 事務長

“患者さん、ご家族、職員が、共に実り豊かな人生を送ること”、それが当法人の理念の一つです。目の前の認知症等の方が、自分の父母、祖父母であったらどうするかを考えて対応することを心がけています。

掲載記事へ

多摩脳神経外科・諌山和男さんの笑顔

神奈川県川崎市
多摩脳神経外科

諌山和男さん

医師 60代

認知症に限らず、医療従事者は患者さんの病気だけを診るのではなく、その方全体を診る必要があると思います。個々人それぞれに全く違うバックグラウンドがあって年齢を重ねておられるので、そこを大切にして診療していきたいですね。

掲載記事へ

青山会津久井浜クリニック・北川年一さんの笑顔

神奈川県横須賀市
青山会津久井浜クリニック

北川年一さん

医師 60代

認知症医療は楽しくなければ長続きしないので、認知症カフェやRUN伴(ランとも)など、認知症の方やご家族はもちろん、医療従事者同士もつながれるような楽しみを見つけながらがんばっていきましょう。

掲載記事へ

青山会津久井浜クリニック・佐々木拓哉さんの笑顔

神奈川県横須賀市
青山会津久井浜クリニック

佐々木拓哉さん

作業療法士 40代

人と関わることが好きなので、対人援助の仕事に魅力を感じています。人となりや生活歴、生活環境を知らないと何もケアができないのが認知症なので、ほかの職種の皆さんとのつながりも大事にして取り組んでいきたいと考えています。

掲載記事へ

青山会津久井浜クリニック・蓮見茉由さんの笑顔

神奈川県横須賀市
青山会津久井浜クリニック

蓮見茉由さん

精神保健福祉士 30代

生活がしづらくなっていた認知症の方や、困っておられたご家族が、医療や介護とつながって暮らしやすくなったと聞くとやりがいを感じます。どんな生活がご本人とご家族にとって一番落ち着けるのかを、一緒に考えていきたいと思います。

掲載記事へ

東京都済生会中央病院・荒川千晶さんの笑顔

東京都港区
東京都済生会中央病院

荒川千晶さん

医師 40代

認知症疾患医療センターの目標は、認知症の方とご家族が地域で安心して暮らし続けられるよう支援することです。実現にはかかりつけ医や介護従事者の力が必要なので、それらの方々との関係性を大事にしたいと考えています。

掲載記事へ

東京都済生会中央病院・浅水香理さんの笑顔

東京都港区
東京都済生会中央病院

浅水香理さん

看護師 50代

初期集中支援チームに加わってから、認知症の方が地域でどのように暮らしているのか、何に困っているのかが見えてきました。認知症の方がその人らしく生活できるよう、医療従事者や地域の方と支援していきたいです。

掲載記事へ

 

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ