『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 茨城県 > 茨城県水戸市 脳神経外科 山田醫院
医療機関を探す

アットホームな雰囲気のなか「みんなで介護」を目指す
<茨城県水戸市 脳神経外科 山田醫院>

院長 山田隆先生 院長 山田隆先生

茨城県水戸市の山田醫院は、2007年の開業以来、主に脳神経外科疾患の治療にあたりながら、認知症を「高齢者のCommon Disease」ととらえ、増加している認知症患者さんの治療に取り組んでいます。温かな人柄の山田隆先生のもと、ご家族が負担を抱え込まず、医療機関と福祉など社会でケアする「みんなで介護」を目指しています。

認知症は高齢者にとってCommon Disease

山田醫院は、院長の山田隆先生が脳血管疾患の一次予防、再発予防を目的として2007年に開業したクリニックです。脳神経外科、神経内科、内科、リハビリテーション科があり、脳ドックもおこなっています。

山田先生は、以前院長を務めていた医療法人では硬膜下血腫や正常圧水頭症などの患者さんは診ていたものの、アルツハイマー型認知症に詳しくはなかったと言います。「ところがクリニックを開業すると、私が思っていた以上にアルツハイマー型認知症の患者さんが来院されます。その数の多さに驚きました。しかし考えてみれば85歳以上は4人に1人が認知症。高齢者にとってCommon Disease(通常疾患)であるわけです」と語る山田先生。ニーズが多い以上、見過ごすわけにはいかないと、それから認知症について研鑽を重ね、診察に取り組んでいます。

「実は、私の父も認知症になりました。家族としては『そんなわけはない。大丈夫だろう』と病気を認めたくない気持ちもあります。離れて住んでおり直接何かできるわけではありませんが、認知症への思いを新たにしています」(山田先生)と自らも認知症患者の家族である立場として、認知症治療への意欲を見せます。

 

機能検査では患者さんのプライドにも配慮

看護師 石川敬子さん 看護師 石川敬子さん

同院では、山田先生の問診後、必要に応じて画像検査とMMSE(認知機能検査)を使った認知機能検査がおこなわれます。症状が進行した患者さんは診察室に入るときから無表情・無関心で、なぜ自分が受診するのかあまりわかっていません。それに対し、病識があって深刻な表情をしている人は認知症ではないことが多いのだと言います。

表情・態度から情報を得て、認知症が疑われれば検査をおこないますが、重要視しているのが画像診断です。「個人開業医なのでSPECTなどはありませんが、MRI撮影をおこない、器質的疾患でないか判断したり、脳の萎縮の程度を診ます。患者さん側もそれを期待してやってきます」(山田先生)。

ただ、山田先生は、ご家族が連れて来て、患者さんに病識がない場合は、認知機能検査によってプライドを傷つけることもあるので難しいという問題点も挙げます。

認知機能検査を担当する看護師の石川敬子さんは、「患者さんご自身は自分の診察だと知らず、家族の診察の付き添いだと思って来ているケースもあります。そういう場合、いくらご家族が検査を受けさせたくても、ご自身が納得しなければ検査を無理強いできないことを山田先生から学びました」と語ります。

高齢者は人生経験が長く、高い役職についていた患者さんもいます。石川さんは、検査を受ける患者さんには質問前にきちんと説明すること、相手の話に穏やかに相づちを打つことなどで、プライドを傷つけず、緊張や警戒心を解くよう心を砕いています。

 

診断・治療に大切なのはご家族の存在

認知症は、発見と診断にご家族の存在が大きく関わると山田先生は言います。しかし、水戸市は、高齢者の一人暮らしの世帯、高齢者夫婦のみの世帯の割合が、茨城県平均に比べ高い地域です。

「今までの認識では、田舎ですから家族みんなで住みましたが、市内では高齢者だけで生活する方が増えています。農家が多く敷地が広いため子ども世帯の家は敷地内に別に建て、高齢者が離れに住んでいるケースも少なくありません。そうすると、関わる機会がなくなり、認知症がご家族にも発見しづらくなります。私たちが問診するときも一緒に住んでいるご家族が同席し、普段の様子のお話が聞けるといいのですが、患者さんお一人だけ来院された場合は見極めが難しいのも事実ですね」(山田先生)。

そして進行防止にもご家族の存在は大きいというのが山田先生の考えです。初期の認知症はご家族とのコミュニケーションが大切だからです。家族と会話を交わすことや、散歩に連れ出して五感を使うことで、進行を遅らせることができます。「ご家族とたくさんお話ししてくださいね」と患者さんにも伝えます。

 

ご家族だけでなく医療機関と福祉サービスで支える

ご家族の負担に配慮し、状況によっては施設の利用も勧めます。

「医療機関でできることは限られています。もちろん薬も使い効果もありますが、あとはご家族が負担にならないように、利用できる介護サービスは利用し、みんなで介護をするのです。昔は認知症の高齢者を家から出さないような傾向がありましたが、今は誰でもなり得るCommon Diseaseですから、自信を持っていていいんです。家族だけで抱えてもどうしようもありません」(山田先生)。

80代の女性の患者さんが、自宅だけで生活していたときはご家族をすぐに呼び出して困らせていたにもかかわらず、介護施設でショートステイを繰り返すうちに、他の利用者の世話までするほどしっかりしたというケースもあるそうです。

看護師 土田恭子さん 看護師 土田恭子さん

「その患者さんは集団生活からくる緊張がよい作用をもたらしたようです。環境は大切です。そのように、こちらが提案したことで症状が改善したと感謝されるのが何より嬉しいですね」(山田先生)。

そんな山田先生を、看護師の土田恭子さんは「温かい人」と表現します。「日常生活動作の小さな変化や、受診時の患者さんとご家族の表情の変化などを察知出来るよう日々努めています。患者さんとご家族をスタッフ皆でサポートしていきます」と土田さんにも「みんなで介護」の考えは浸透しています。

 

認知症の患者さんが増えるなか、早期診断が重要

同院は開業して6年ですが、開業当初は初診で訪れた患者さんが明らかに認知症であるケースが多かったのに比べ、最近は軽い認知症の患者さんが来院することが増えました。山田先生は早期診断と適切な診断が重要であると言います。

「最初は認知症かどうかわからないレベルの患者さんでも診察を続けていくと2、3年後は確実に認知症になっています。もう少し早く診断できる手段があればいいと思いますね。MCI(軽度認知障害)から認知症に移行する人をどれだけ拾い上げるかがカギです」(山田先生)。

また、同院の今後の取り組みとして「認知機能検査のスキルを高め、可能であれば例えばADAS-cogなどもっと高度な機能検査で評価できるようになれば」(山田先生)と診断にも力を入れたい考えです。

深刻な若年性の認知症のケースもあります。仕事は従来通りできるものの、言葉がうまく出てこなかったり、服薬の管理ができなくなるなど症状が徐々に進行しているケースを挙げ、「若年性の場合はまだお子さんを養わなければならず、仕事をしなければなりません。現時点では無理ですが、いずれは遺伝子診断のようなもので素因がわかるようになれば、早期治療の方法も出てくるのではないかと思います」と、山田先生は医療の進歩に期待します。

 

多くの患者さんに目を配り、接遇に配慮

受付 宮野亜希子さん 受付 宮野亜希子さん

同院は個人開業医でありながら、1日120~130人の患者さんが来院。受付で患者さんを迎える事務スタッフも臨機応変な対応と配慮が求められます。受付の宮野亜希子さんは、「来院された患者さんと最初に会話を交わすのが受付である私達です。診察にスムーズにつなげることを日々心掛けています」と言います。アットホームな雰囲気は受付から始まっています。

待合室 待合室

「これからの課題は、施設との連携、地域との連携ですね」と語る山田先生。開業から6年、多くの患者さんに親身になって治療に携わってきた山田先生は、クリニックでの診断・治療体制を充実させることと、地域の医療・介護機関などともしっかりつながっていくことで、患者さんへのさらなる貢献を目指しています。

※平成17年度国勢調査より

 

 

取材日:2013年6月6日
山田醫院の外観

脳神経外科 山田醫院


〒310-0902  
茨城県水戸市渡里町2689-1
TEL:029-297-3101

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ