『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【九州沖縄】 > 鹿児島県 > 鹿児島県鹿児島市 医療法人慈風会 厚地脳神経外科病院
医療機関を探す

患者さんの生活重視の治療をめざす
<鹿児島県鹿児島市 医療法人慈風会 厚地脳神経外科病院>

厚地脳神経外科病院 副理事長 厚地正道先生 厚地脳神経外科病院
副理事長 厚地正道先生

認知症は特別な病気ではない。その考え方を基本に、患者さんの生活の質をよりよく、より長く保つための治療を提案する厚地脳神経外科病院。複数のグループ施設をはじめ、地域との連携を重視しながら、介護者の能力向上にも取り組んでいます。

脳神経外科の専門医として認知症に向き合う

1972年3月に開院した厚地脳神経外科病院は脳神経外科・神経内科・リハビリテーション科を診療科目に持ち、介護老人保健施設、小規模多機能ホーム、ケアプラン相談センター、デイサービスセンター、有料老人ホームなどのグループ施設も備えた脳神経疾患専門病院です。

同病院は救急病院でもあるため、高齢者の脱水症状や転倒事故、あるいは脳卒中などで搬送されてきた患者さんが、認知症である場合も多いといいます。厚地正道先生が認知症と関わるようになったのもこうした経験からでした。

「脳神経外科に限らず、どの診療科でも認知症患者さんを診療することはあります。身体疾患を抱えてしまった認知症患者さんをどう管理していくかという問題に、脳神経外科の専門医として向き合っていきたいと考えました」(厚地先生)。

同病院ではこうした必要性に対応して、「もの忘れ外来」を開設、脳神経外科が関わる特発性正常圧水頭症を中心にさまざまな認知症の診療に取り組み、患者さんの生活の質を長くよい状態に保つための治療、提案を行っています。

 

急性期のみならず慢性期管理に注力

初診患者さんの診療で重視しているのが問診です。時間をかけて、患者さんご本人やご家族が感じている生活面での不自由な点、心配な点などをゆっくりと聞き出します。

そして、神経心理学的検査、画像検査、脳血流検査などにより診断を絞っていきますが、その過程でも、できるだけ患者さんの生活を意識することを心がけています。

治療では高齢者総合的機能評価を行い、患者さんの情報を全人的に収集して方針を決めていきます。また患者さんの生活をよい状態で維持するためにはご家族との人間関係がスムーズであることが不可欠であるため、ご家族への介護提案や生活改善のアドバイスを行っています。

病気の治療がうまくいっても、退院後の日常生活、リハビリなども含めた介護環境が悪いと心身機能の回復は望めません。そのため、ときにはケアマネジャーやケアワーカーがご家族を交えて話をし、認知症を理解してもらうように働きかけることもあります。

「急性期の治療だけに集中するのでは不十分です。退院後の慢性期の症状をうまく管理することが求められていると感じています。その際には連携が不可欠だと思っています」(厚地先生)。

介護老人保健施設 鴨池慈風苑 施設長補佐 大迫貴沖さん 介護老人保健施設 鴨池慈風苑
施設長補佐 大迫貴沖さん


介護老人保健施設 鴨池慈風苑 作業療法士 木下芳雄さん 介護老人保健施設 鴨池慈風苑
作業療法士 木下芳雄さん

病院との連携をとりながら、患者さんの日常生活をサポートするためには、信頼関係の構築が基本だと話すのは介護老人保健施設「鴨池慈風苑」の施設長補佐を務める大迫貴沖さん。患者さんとの対話は笑顔で、身振り手振りを交えながらゆっくりと行うことを基本にしているとも。

「現在46名ほどの入所利用者のうち、およそ3分の2の方が認知症です。患者さんは自分の行動に問題があるとの認識がない場合も多いのですが、それを否定するような対応は決してしません。ご家族の方からは日常生活で困っていることを聞き、把握したうえで、施設内での様子に気を配るようにしています」(大迫さん)。

同施設で作業療法士を務める木下芳雄さんは「認知症に加え脳血管疾患を抱えている患者さんも多いので、高次脳機能障害や、麻痺が出ている方もいらっしゃいます。リハビリや日常のコミュニケーションを通じて、その方のよい特徴や、使える機能を伸ばし、生活がより快適に送れるようにサポートすることが大切です」と言います。

日常の生活を通じて患者さんをサポートしているお二人は、勉強会などを開催しスタッフの介護力向上にも努めています。

 

連携には能力の高いケアマネジャーが必須

患者さんが病院を出た後のことまで見据え、ケアすることが今後の病院に求められていることであり、課題です。特に認知症は周りの人の関わり方次第で、よい生活の質を長く維持することができます。そのためには介護保険サービスを活用するなど、ケアプランを充実させることと、患者さんの性格、生活内容を把握する能力がケアマネジャーには要求されます。

現在、厚地脳神経外科病院ではグループ施設を合わせ10人のケアマネジャーがその職務にあたり、一人ひとりの患者さんに向き合いながら介護の提供に工夫を凝らしています。

小規模多機能ホーム城西 管理者 介護支援専門員 堂脇克信さん 小規模多機能ホーム城西
管理者 介護支援専門員 堂脇克信さん


小規模多機能ホームさち 介護支援専門員 後藤弘文さん 小規模多機能ホームさち
介護支援専門員 後藤弘文さん

「認知症患者さんが周りから見て理屈に合わない言動をとっても、本人にとってはちゃんと理由があるのです。例えば、施設に来て、『帰る、帰る』と言われる患者さんの伝えたい内容は、実はトイレに行きたいということなのかもしれません。患者さんの本当に伝えたいことを知るためには、その方の生活歴や考え方などを知り、さまざまな情報に基づいてその人を理解することが必要だと思います」と小規模多機能ホーム「城西」の介護支援専門員の堂脇克信さんは、患者さんの気持ちに寄り添うことの重要性を語ります。

「患者さんそれぞれに最適な介護を提供するには、経験は大きな力だと思います。そこを補うために、先輩スタッフの作業を参考にしたり、スタッフ同士で勉強会を開いたりしながら質の向上を心がけています。どのスタッフが担当しても質の高いケアが受けられる環境が理想です」と、介護力の均質化の重要性を指摘するのは小規模多機能ホーム「さち」に勤務する介護支援専門員の後藤弘文さん。

「情報収集に長け、患者さん一人ひとりの事情を把握し、的確なケアプランを立てることのできる人材を育成することは病院、地域の課題です。研修の機会を広げることが必要です」(厚地先生)。

現状の課題を踏まえ、厚地先生は介護スタッフの能力向上をめざし、定期的に講演をするほか、介護施設へ出かけ啓発活動も行っています。

 

認知症はハンディキャップのひとつ

高齢化社会を迎え、認知症になることは特別なことではなくなりつつあります。誰もが発症の可能性を持っていることを認識することは大切です。

介護従事者だけが認知症について学ぶのではなく、みんなが認知症のことを知り、ハンディキャップのひとつとして接するような社会づくりが求められます。そして、そのための情報発信や、各施設、病院、スタッフとの情報交換は密に行う必要があると厚地先生は言います。

ケアプラン相談センター厚地 管理者 介護支援専門員 石川史郎さん ケアプラン相談センター厚地
管理者 介護支援専門員 石川史郎さん


デイサービスセンター厚地 管理者 看護職 野元薫さん デイサービスセンター厚地
管理者 看護職 野元薫さん

さらに、認知症患者さんの介護が一律化していることも現状の問題だと指摘するのはケアプラン相談センター「厚地」に勤務する介護支援専門員の石川史郎さん。

「デイサービスなどの施設には若年性認知症の患者さんもいらっしゃいます。患者さんの年代を考えても親子以上の差があります。また認知症の原因疾患別にも症状が違うため、当事業所は認知症を一律に捉えるのではなく、年齢や認知症の原因疾患別にも配慮し、患者さんに適したプランを提供しています」(石川さん)。

また、若年性認知症に対応したデイサービスセンター「厚地」で看護職を務める野元薫さんは、認知症の患者さんも他の病気と同様、それぞれに状態も症状も異なるため、一人ひとりの状況を把握することが大切だと言います。

「認知症の状態は日々異なります。また家庭での状態と施設での状態も異なる方が多いのです。こういった患者さんへ適切な介護を提供するには、家族の方とのコミュニケーションや病院、ケアマネジャーとの情報交換がとても重要です」(野元さん)。

 

情報の共有化を図り、ひとりの患者さんをみんなで支える体制をつくる

認知症が特別な病気と思われない社会になるためには、家族だけが介護をする、あるいは福祉施設、介護施設のスタッフだけが対応するのではなく、病院を中心とした各施設の連携、地域のサポート、ご家族との情報交換がスムーズに行えることが前提になります。

そのために必要なのが情報の共有化です。厚地先生は、ご家族、医師、介護スタッフ、地域を結びつけ、ひとりの患者さんをみんなで支える体制づくりをめざしています。

 

 

取材日:2011年8月25日
厚地脳神経外科病院の外観

医療法人慈風会
厚地脳神経外科病院


〒892-0842
鹿児島県鹿児島市東千石町4-13
TEL:099-226-1231

施設のホームページへ

 

厚地脳神経外科放射線科クリニックの外観

厚地脳神経外科放射線科クリニック


〒892-0841
鹿児島県鹿児島市照国町13-37
TEL:099-226-1288

 

介護老人保健施設鴨池慈風苑の外観

介護老人保健施設 鴨池慈風苑


〒890-0068
鹿児島県鹿児島市東郡元町11-6
TEL:099-252-8291

施設のホームページへ

 

有料老人ホームかもいけの外観

有料老人ホームかもいけ


〒890-0068
鹿児島県鹿児島市東郡元町12-5
TEL:099-206-8090


 

小規模多機能ホーム城西の外観

小規模多機能ホーム城西


〒890-0042
鹿児島県鹿児島市薬師2-6-15
TEL:099-255-8079


 

小規模多機能ホームさち

小規模多機能ホームさち
有料老人ホームさち


〒892-0841
鹿児島県鹿児島市照国町13-36
TEL:099-222-3606

施設のホームページへ

 

デイサービスセンター厚地

ケアプラン相談センター厚地
デイサービスセンター厚地


〒892-0842
鹿児島県鹿児島市東千石町4-13
TEL:099-226-1016

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ