『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 東京都 > 東京都足立区 医療法人福寿会 関原クリニック
医療機関を探す

重度認知症デイケア制度の周知をめざして
<東京都足立区 医療法人福寿会 関原クリニック>

院長 鈴木淳也先生 院長 鈴木淳也先生

足立区にある関原クリニックは、医療保険による重度認知症デイケア、介護保険によるデイサービスなどを通じて地域医療に根ざした在宅医療を行っている全国でも数少ないクリニックです。福寿会グループとの連携によって、内科・整形外科・皮膚科・歯科・耳鼻科等のサポートも行い、グループ内で医療を完結できる体制が整っているのも特徴です。

重度認知症ケアの専門クリニックとして

日本ではまだ数少ない神経内科専門医の資格をもつ鈴木淳也先生が院長を務める関原クリニックは、重度認知症ケアを手がけており、地域医療の現場から頼りにされる存在となっています。

「重度認知症デイケアは、介護保険がはじまる以前からサービスが提供されていたにもかかわらず、介護保険導入後はデイサービスが主流となり、医療のデイケアが隅に押しやられている感があります。しかし、とても利点が大きい制度なので、もっと利用してほしいですね」と語る鈴木先生。

デイサービスとの違いは、医療機関に併設されていて医師の指示のもとで作業療法士によって医学的なリハビリテーションが実施される点で、医療保険の対象です。さらに、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、介護スタッフなどが院内で連携して診療とケアにあたります。認知症患者さんの日常生活自立度判定基準でMランクに該当すると診断されると、重度認知症デイケアの利用が可能になります。自立できる状態からはじまり、1から4へランクが上がっていき、精神症状や問題行動あるいは重篤な身体疾患がみられ専門医療が必要と判断される場合がMランクです。ある重度認知症デイケアは、Mランクの患者さん専門の施設となっているため、あちこちの施設で受け入れを断られた患者さんの「最後の受け皿」として地域で頼りにされる存在となっています。

デイサービスセンター 所長 堀口八千代さん デイサービスセンター
所長 堀口八千代さん

同クリニック内にあるデイサービスセンターの所長を務める堀口八千代さんは、「まったく治療を受けないまま症状が進んでしまった患者さんも大勢いらっしゃいますが、どんな症状の方がいらしてもスタッフは皆、落ち着いて対応にあたります。『うちは重度の患者さんを受け入れる施設だから』という自覚と自信をもっているので、とても頼もしいですね」と笑顔で話します。

 

個々の患者さんの事情に合わせた対応を

同クリニックの1階は重度認知症デイケア、2階は通所リハビリテーションセンター、3階はデイサービスセンターとなっています。重度認知症デイケアは、全国にもあまり施設数がなく、さらに、通所リハビリ、デイサービスなどの介護施設を併設している施設は珍しいと鈴木先生は言います。

最初からこのような体制だったわけではなく、利用者のニーズに合わせて施設を増やしていった結果、現在のようなかたちになったということです。

まず、1階で重度認知症デイケアをはじめたところ、患者さんのご家族から「自宅での入浴が大変...」という声が寄せられたため、3階にデイサービスをつくって対応するようになりました。その後、空いていた2階に通所リハビリを開設し、現在の体制ができあがったそうです。

認知症患者さんの介護には、あらゆる面での配慮が求められます。対応や環境の変化によって患者さんの精神状態は大きく左右されるからです。そのため、院内の各施設のスタッフ間でしっかりと情報共有を行って診療やケアにあたっているとのこと。1階には医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、介護スタッフなど、2階には言語聴覚士や理学療法士など、3階には、介護スタッフ、相談員、看護師など、さまざまな専門家が自身の役割を自覚しながらチームとして患者さんの対応にあたっているのも同クリニックの特長です。

スタッフ全員が心がけているのは、患者さんのこれまでの経歴や生活歴、習慣、性格など、背景にあるものをしっかり把握し、自尊心を傷つけないよう誠実に対応すること。そして、安心感を与えるような診療やケアに努めています。

 

楽しんでいただきながら能力を引き出すよう工夫

重度認知症デイケア 所長 江森史朗さん 重度認知症デイケア
所長 江森史朗さん

「とにかく楽しんでもらいながら、あまり介護や医療を押し付けないような自然な形でリハビリできるように努めています」と語るのは、1階の重度認知症デイケアの所長を務める江森史朗さん。リハビリを行う際には、できるだけ本人の意思に沿いながら、できることをしっかりやってもらい、それをきちんと評価するよう心がけています。

「評価をしっかり行わないと、『これもできない、あれもできない』ということになり、患者さんが本来できることがどんどん減ってしまうということになりますから」(江森さん)。

1階では専任の作業療法士が、患者さんの背景や能力を把握した上で作業活動に取り組んでいます。いちばん興味をもってもらえることはなにか、能力を引き出せるのはどんなことかを考えながら一人ひとりに合わせたプログラムを組んでいるとのこと。

「重度認知症デイケアでは、作業療法士が個々の患者さんに対してリハビリを行うことで認知症の改善につなげていきます」と、江森さんは作業療法士の役割を強調します。

「できないことを無理やり強要するのは逆効果。できることをやって満足感や達成感が得られると、患者さんはとてもいい笑顔になり、それだけで1日中リラックスして穏やかに過ごすことができるんですよ」と江森さんは語ります。ただ、認知症が進行するにつれ、それまでできていたことができなくなっていくため、毎日患者さんの様子をみて変化を把握しながら、「できることと、できないこと」を見極めていくことが大切だと言います。

 

さまざまな取り組みで患者さんとの心の交流を目指す

3階のデイサービスセンターの所長を務める堀口さんは、「素晴らしいアイデアが次から次へと出てくる」と院内で評判です。出したアイデアを院長である鈴木先生の了承のもとで実践し、患者さんからも好評を得ているとのこと。

そのひとつが、今、医療現場や介護現場で見直されつつあり、フランスでは医師によって処方されているアロマテラピーです。認知症に多くみられる焦燥感などの精神的な症状や、年配者に多い膝や肘の痛みを少しでも和らげるために、アロマを役立てる試みを行っているそうです。

また、音楽療法にも取り組んでおり、スタッフが演奏したり、ボランティアの演奏家を呼んだりしています。堀口さんは、「音楽の力は本当に大きいと思います。以前、ボランティアの方にフルートの演奏をしていただいた時には、よほど心に響いたのか、涙を流したことや、なかには普段は一人では立てない患者さんが演奏を聴いて立ち上がったこともあったんですよ」と話します。

「認知症の患者さんとの交流は、“心対心”なんです。いいも悪いも理屈ではなく、ダイレクトに心に響きますから、人間関係もうわべだけだと見透かされてしまいます。どんなに作り笑いをしても、こちらがイライラしているとそれが伝わってしまい、不安な気持ちにさせてしまう」と語る堀口さん。だからこそ、「心と心の交流」を目指しているのだと言います。

 

重度認知症デイケア制度のアピールが今後の課題

関原クリニックで重度の認知症患者さんを受け入れているということは、少しずつではありますが地域に浸透しはじめているそうです。とはいえ、重度認知症のデイケアを行っている施設は足立区内に2カ所しかないため、同クリニックの今後の課題は、重度認知症デイケアの制度をもっと広く知ってもらうことだと鈴木先生は語ります。

「この制度についてもっと広めて、定着させていくのが私たちの役割だと思っています。まだまだ知らない人が多いんですね。ケアマネジャーさんでもご存じない方がいますので」(鈴木先生)。

同クリニックが重度認知症患者さんの受け入れ施設であることが広く世の中に知られるようになれば、重度の患者さんを抱えたご家族にとっても大きなメリットとなります。

鈴木先生は最後に、「ご家族の力になりたいというのもスタッフ全員が抱いている想いです。患者さんをお預かりし、施設で楽しく穏やかな時間を過ごしていただけるように努め、その間にご家族には少しでも気を休めていただきたい。また、家族だからこそわかりづらくなっている患者さんとの接し方についてアドバイスを行うなどして、少しでも力になりたい。家族会に参加してデイケア制度の周知を図るとともに、“私たちはご家族の味方です”ということをお伝えしていきたいと考えています」と想いを語りました。

 

 

取材日:2011年8月25日
関原クリニックの外観

医療法人福寿会 関原クリニック


〒123-0852
東京都足立区関原3-1-1
TEL:03-5681-5381

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ