『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【四国】 > 香川県 > 香川県高松市 西高松脳外科・内科/香川県高松市 こくぶ脳外科・内科クリニック
医療機関を探す

薬局や他院との連携で、地域に密着した認知症ケアを
<香川県高松市 西高松脳外科・内科>
<香川県高松市 こくぶ脳外科・内科クリニック>

西高松脳外科・内科 医師 松本義人先生 西高松脳外科・内科
医師 松本義人先生

西高松脳外科・内科とこくぶ脳外科・内科クリニックは、いわば「兄弟」のような病院。ともに認知症の治療を行ってきた医師ふたりが交流を深めつつ、在宅医療にも積極的に取り組む薬局と連携し、地域に根付いた認知症ケアを行っています。

患者さんの人生に寄り添うケアを目指して開業

こくぶ脳外科・内科クリニック 医師 政田哲也先生 こくぶ脳外科・内科クリニック
医師 政田哲也先生

西高松脳外科・内科は、脳外科医である松本義人先生と政田哲也先生が2007年に開業。当初から「もの忘れ外来」を設置し、認知症の診断と治療を行ってきました。

理事長である松本先生は、もともと大学病院や救急病院に勤務し、動脈瘤やクモ膜下出血の手術などを行っていましたが、「病気になった方を手術で治す治療より、もう少し前の予防の段階から患者さんに様々なケアができる治療のほうが、自分の医師としての人生は有意義かもしれない」と考え、開業を決意しました。

松本先生と同様の経歴をもつ政田先生も、患者さんと長くお付き合いできる仕事がしたいと考えていました。

「救急病院では患者さんの急性期しか診られない。治療の後、どうなっているのかわからないことが多いのです。どちらの仕事も医師として大切ですが、今は患者さんやご家族の顔がよく見えて、その人生に寄り添うようなお付き合いができているので、非常にやりがいを感じますね」(政田先生)。

認知症の治療にあたる医師が少ないと感じたことも、開業を決めた理由だと言います。

その後、認知症の診断・治療を希望する患者さんが増えたため、「より広範囲に住む多くの患者さんに利用していただけるように」と、2011年に政田先生が、隣の医療圏である同市国分寺町にこくぶ脳外科・内科クリニックを開業。今はそれぞれのクリニックで認知症の治療にあたっています。

 

「もの忘れ外来」で認知症を診断 必要なケースは他院と連携も

四国で初の最新式MRI装置(早期アルツハイマー型認知症診断支援システムVSRADを装備) 四国で初の最新式MRI装置
(早期アルツハイマー型認知症診断支援
システムVSRADを装備)

「精神科」や「神経内科」より「もの忘れ外来」という名前のほうが、患者さんには敷居が低く、気軽に受診できるようになった印象があると松本先生は言います。

クリニックでは、受診するとまず、MRIなどの画像診断によって鑑別を行います。うつ病を併発しているなど、複数の症状が重なっている場合や、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫などで手術が必要な場合は、連携している病院に治療を依頼し、その後のフォローをしています。また、大学病院などの内科の医師から紹介を受け、クリニックで画像診断と認知機能検査などをして診断し、その後の治療方針を決めることもあると言います。

「脳血流不足で認知症のような症状が出ることも。認知症だと思って受診した方が、MRIで脳の状態を見て脳血流不足だとわかり、抗血小板剤による治療で改善したということもあります」(松本先生)。

治療をする上で最も大変だと感じるのは、やはり「根治しない病気」ということ。また、周辺症状のコントロールも難しく、症状をやわらげようと処方した薬の影響で、身体機能が落ちてしまうこともあるため、兼ね合いが難しいと松本先生は指摘します。

一方、喜びを感じるのは「薬が効果的に作用して、症状が進行しないとき」(松本先生)。アルツハイマー型認知症で治療を始め、数年経過しても、薬の効果で初診時からほとんど認知機能が衰えていない患者さんもいるとのこと。また、うつ病を併発している患者さんは、最初にうつ病の治療薬を処方し、うつ病の状態がやや改善したところで認知機能検査を行い、その段階に応じて認知症の薬を選ぶと効果が見られることが多いと言います。

 

現場での体験から認知症ケアのノウハウを得る

ライム調剤薬局 薬剤師 吉岡貴代先生 ライム調剤薬局
薬剤師 吉岡貴代先生

認知症の薬剤治療において、クリニックの強い味方となっているのがライム調剤薬局の薬剤師、吉岡貴代先生です。ライム調剤薬局はもともと、介護老人福祉施設の施設長さんから、薬を院外処方にしたいというご相談を受けて、老人介護領域とのつながりができた薬局です。施設に薬を届け、服薬指導を行っているうち、その患者さんが施設を退所し、在宅療養への変化に合わせて、薬局の対応も在宅訪問へと自然な流れで進みました。その当時から認知症患者さんとの関わりがありましたが、その後、近くで開業した西高松脳外科・内科の両先生とも連携がはじまり、両先生の往診に同行するのが常となっています。

「往診に行くと、先生が患者さんの何を見て、どういう状態だからどういうお薬を出すのかということがわかるので、とても勉強になります。せっかく行ったのだからと、患者さんのお顔を覚えたり、歩き方をみたり、お話ししたりという時間もとっています」(吉岡先生)。

開局当初から18年、施設への訪問や在宅訪問を行い、認知症患者さんのケアに携わってきた吉岡先生。もっとも多いときは500床以上の施設に訪問していたと言います。

「施設の看護職の方やスタッフの皆さんが本当に頑張っている姿を見て、薬のことぐらいはお手伝いしたいという気持ちから、一包化や粉砕をするようになったのが始まりです。間違いなく薬を渡すことはもちろん、認知症の方は特に、ちゃんと口に入れて飲んでいただくのが大変なので、そこまで見届けてのお手伝いができればと思いました」(吉岡先生)。

介護スタッフやご家族とのコミュニケーションや、悩みを聞く中から治療のヒントを得てきたと言います。例えば、胃瘻チューブが詰まるという連絡をもらってすぐに見に行き、一緒に流すと詰まってしまう薬の飲み合わせに初めて気付いたり、薬の色が変化したとの連絡を受けて、配合変化で力価が落ちると知ったり。何かあればすぐ対応する、フットワークの良さが在宅医療を実践する要です。

他にも、流動食の成分などについて栄養士さんの相談にのることもあり、看護師さんの滞在しない介護施設では、薬の飲み方や患者さんの状態を見るときの注意なども細かく指示しています。

「看護師ではない一般の介護スタッフは、薬の専門的な知識はないので、その分丁寧に細かく伝えます。先生もスタッフもみんな忙しいので、間を取り持つ通訳的な仕事も薬剤師の務めだと感じています。皆で情報共有できると、先生と介護スタッフの信頼関係も深まるんですよ」(吉岡先生)。

 

地元で長く続けてきたからこそ即対応できるのが強み

ゆず調剤薬局 薬剤師 植田淳子先生 ゆず調剤薬局
薬剤師 植田淳子先生

高齢の方は、認知症以外に疾患を抱えていることも多く、薬の量が多くなりがち。ライム調剤薬局の支店として、こくぶ脳外科・内科クリニックのそばに開店したゆず調剤薬局の薬剤師である植田淳子先生も、「治療に薬は必要ですが、量が増えれば患者さんの負担も大きくなる」と言います。

「種類や飲み方の選択は、患者さんやご家族の状況を見て判断しています。ご本人にお話しするときは、なるべくプライドを傷つけないようにお伝えしていますが、こちらが話したことを理解していただけているかわからないこともあるので、そういう場合は紙に書いたり、ご家族にお伝えしてご協力をお願いしています」(植田先生)。

また、植田先生は薬局を訪れる患者さんのご家族と、他愛ないおしゃべりをする時間も大切にしていると言います。

「困っていることや悩んでいることを話してスッキリして帰って行かれる方も多いです。私はただ相槌を打ちながら聞いているだけですが、それでご家族の気持ちが少しでも軽くなればと思っています」(植田先生)。

認知症の治療、特に薬の管理や継続的な服用には、家族の協力が不可欠です。その点では、地元で長く続けてきたことが強みになると吉岡さんは言います。患者さんの家族構成も把握し、ご家族とも顔見知りのため、おかしいと思うことがあればすぐに連絡を取り合い、薬についても「こういう薬を出しているので、きちんと飲めるように管理をお願いします」と話せるとのこと。また、最近は地域の他の薬局との横のつながり「薬薬連携」もできつつあると言います。

「施設やご家庭を訪問するときに、なるべく患者さんに近いところですぐに対応するために、地域の薬局同士が情報や悩みなどを共有し、連携できることはとても大切だと思っています」(吉岡先生)。

 

地域間の連携と啓蒙をさらに深めることが今後の課題

今後の課題として、こくぶ脳外科・内科クリニックの政田先生は、認知症の診断には、まだあいまいな部分もあると指摘します。

「画像を一目見て脳腫瘍が悪性か良性かを確定したり、血液検査や生化学検査のマーカーなど確固たる基準がある疾患と異なり、現時点では、認知症は話を聞いたり経過を見たりして総合的に診断することが必要な病気です。有効な治療のためにも、まずは正確な診断をしなければと思いますし、診断法も治療法も、日々進化している分野でもあるので、つねに最新の動向に注目し、勉強を続けていくつもりです」(政田先生)。

また、診断された人には薬剤治療だけでなく、デイサービスやリハビリなど、生活面でのサポートも重要です。そのような「患者さんの生活に寄り添う」認知症治療では、今後さらに在宅医療へのニーズが高まるはずだと、ゆず調剤薬局の植田先生は言います。

「要望があったときに訪問できるように、ライム調剤薬局のノウハウを受け継いで、松本先生、政田先生とも連携して、システムを確立するのが今後の課題ですね」(植田先生)。

こくぶ脳外科・内科クリニックの政田先生とスタッフの皆さん こくぶ脳外科・内科クリニックの政田先生と
スタッフの皆さん

政田先生も、地域の医療機関やご家族との連携を深めることが重要と考えています。今も実施している患者さんやご家族を対象とした認知症の勉強会や講演会を、今後も続けていくと言います。

「松本先生や他の病院とも連携を深め、認知症になっても心配せずに暮らせる社会になるように、微力ですが力になりたいと考えています。これからもこの地に根を張って、地域全体で認知症患者さんのケアにあたっていくつもりです」(政田先生)。

同じ思いを、松本先生や吉岡先生、植田先生も抱いています。

 

 

取材日:2011年8月17日
こくぶ脳外科・内科クリニックの外観

こくぶ脳外科・内科クリニック


〒769-0103
香川県高松市国分寺町福家甲 3812-1
イオンタウン国分寺メディカルモール
TEL:087-875-2255

施設のホームページへ






西高松脳外科・内科の外観

西高松脳外科・内科


〒761-8031
香川県高松市郷東町134-1
TEL:087-832-8811

施設のホームページへ







ライム調剤薬局の外観

ライム調剤薬局


〒761-8013
香川県高松市香西東町326-1
TEL:087-881-4111









ゆず調剤薬局の外観

ゆず調剤薬局


〒769-0103
香川県高松市国分寺町福家甲 3823-1
TEL:087-875-1011

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ