『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【近畿】 > 大阪府 > 大阪府堺市 医療法人元季会 今野クリニック
医療機関を探す

医療とケアの連携で地域密着型の施設を目指す
<大阪府堺市 医療法人元季会 今野クリニック>

院長 今野美季先生 院長 今野美季先生

医療法人元季会 今野クリニックは、同じ施設内に併設されているデイサービス、グループホームと連携しながら、地域に密着した認知症診療に取り組んでいるクリニックです。同じ建物内にある小規模な3つの施設が協力しあい、医療と介護双方の分野からバランスよく支え合っています。

地域密着のクリニックを目指し開業

医療法人元季会 今野クリニックの院長かつNPO法人の副理事長である今野美季先生が「地域密着型」の医療を目指し同クリニックを開業した理由は、大阪市内の病院に勤務していた頃の経験からだと言います。当時はちょうど介護保険がスタートした時期で、今野先生は在宅医療という形で患者さんのお宅を訪問するようになりました。そこではじめて、外来で受診される際のよそいきの顔ではない普段の患者さんの様子や、ご家族の日常生活などを目の当たりにし、衝撃を受けました。

このとき、「医療だけでなく介護もひっくるめて、認知症患者さんやご家族を取り巻く環境を理解してサポートしていかなければいけない」と感じたことが、地域密着型医療を目指すきっかけとなりました。

自宅と病院では患者さんの様子が違うことを把握している今野先生は、診察の際にもそのことを意識しており、「ご家族に、患者さんの家での様子をお聞きすることがとても大事」と話します。

また、認知症の患者さんは自分で症状をうまく伝えられないので、認知症の陰に隠れた病気がないかどうかにもいつも気を使っています。内科のクリニックであるため、認知症患者さんの割合は少ないものの、ご家族からの相談は多いと看護師の大井瞳さんは語ります。

「認知症のご家族を抱えていて大変なことなど、日常会話のなかで気軽な形で相談されることも多いですね。そんなときはできる限りアドバイスしています」(大井さん)。

その半面、症状が進んだ患者さんなど対応が難しい場合は、迷わずに精神科の専門医に相談したり、紹介したりしていると今野先生。

クリニック、デイサービス、グループホームの3つの施設がそれぞれの特徴を活かし、連携し合えるためにはちょうどいい規模だと考えており、「地域のみなさんに家族のように思っていただいている」と今野先生は実感してます。

 

ご利用者に安心していただけるような言葉がけに努める

地域に密着した認知症治療に取組む同クリニックには、NPO法人が運営するデイサービスセルンとグループホームアローラが併設されています。それぞれの施設のスタッフがボランティア意識を大切にした介護を行っています。

デイサービスセルンで社会福祉士をしている別府知代さんが、ご利用者と接するときに気をつけていることは、言葉がけ。言葉の使い方や表情、声のトーンによって相手の反応が変わってくるため、できるだけ安心してもらえるようなトーンや表情、スピードなど一人ひとりに合わせて言葉をかけるようにしています。また、「目線を合わせて話す」という基本的なことを行うだけでも相手に安心感をあたえられるといいます。さらに、ご家族の話や昔されていた仕事のことなど、ご利用者本人が興味を持てる話をすることで、「この人は自分のことを知ってくれている」と信頼していただけることもあり、そんなときはとてもうれしいと別府さんは言います。

デイサービスの送迎車 デイサービスの送迎車

別府さんはご家族との交流も積極的に行っています。毎回連絡帳を通して交流すると同時に、送迎担当のスタッフから、送迎の際のご家族の様子を聞くなどして情報交換をしています。また、認知症の症状が急激に進んだご利用者のご家族は現状を受け入れる心構えが追いつかないため、相談に応えるなどのサポートもしています。

「ご家族のお話もきちんと受け止めて、同じ気持ちで寄り添って介護していきたい」というのが別府さんの目標です。しかし、現状では、なかなかご利用者やご家族とじっくりお話しする時間を確保できません。

「入浴などの業務があるため、どうしてもじっくり関わる時間が限られてしまいます。もう少し利用者の方とゆったりした時間がもてれば、もっと楽しく過ごしていただけると思うんですけどね」と別府さん。それでも限られた時間の中で精一杯、日々の言葉がけによってご利用者との交流に努めています。

 

一緒に楽しみながら、共に笑顔になれるケアを目指す

グループホームアローラの責任者を努める介護支援専門員の中村佳世さんが目指すのは、スタッフ全員で「よい介護」に取り組むこと。よい介護とは、入居している方々に安心して楽しく暮らしていただけるような介護を指しています。

「普通の人からみるとちょっとおかしな行動をされたときも、それを否定せずにお話を聞いて不安をなくしてもらうよう心がけています。クリニックとつながっていたり、クリニックの診療時間外でもデイサービスの利用時間にはいつも看護師さんがいてくれますから医療面でも安心できる部分がありますね」(中村さん)。

さらに中村さんは、「入居者さんには、家庭で生活している時と同じように過ごしてもらうために、できるだけ一人ひとりに何らかの役割を持ってもらうよう努めています」と語ります。お米を研ぐ、盛り付けを頼むなどのほんのささいなことでも、何かを任せることで生活に張り合いを感じてもらえるとのこと。できることを一緒に見つけていくことは、とても大切なことだと言います。中村さんたちは、「生活のなかで、自分でできることは自分でやる」というグループホーム本来のあり方を追求しています。

このような「入居者さんが安心して楽しく過ごせる環境づくり」への取り組みを通して、スタッフも楽しみながら入居者さんと接していると介護福祉士の稲田保惠さんは語ります。

「入居者さんとレクリエーションをしたり、何かをつくったりして一緒に楽しみながら笑顔になれる。そこがグループホームの良いところですね。交流のなかでいただく『ありがとう』という言葉も日々の支えになっています」(稲田さん)。

また、ご家族から、「ここにきて笑顔が増えました」「ここに入居してからは、家に帰りたいと言わなくなりました」といった言葉をもらったときには、スタッフ全員がとてもうれしく感じると言います。

 

良好な地域連携の現状と今後の課題

今野クリニック、デイサービスセルン、グループホームアローラのみなさん 今野クリニック、デイサービスセルン、グループ
ホームアローラのみなさん

同クリニックとデイサービスセルン、グループホームアローラの各施設の間でしっかり連携を取りながら認知症の診療・ケアに取り組んでいると今野先生は話します。

デイサービスにも看護師が常駐していますが、困ったことがあったときなどには、クリニックの看護師である大井さんが相談を受けて、必要があれば今野先生にも相談しています。また、大井さんは週1回は必ずグループホームに出向き、入居者さんの健康チェックや、介護士ではできないケア(水虫などつめに異常がある場合のつめ切りなど)を行っています。この他にも、処置が必要な入居者さんがいらっしゃる場合は毎日でも顔を出しており、各施設の連携は万全です。

地域連携を重視する同クリニックでは、他の病院との連携にも力を入れています。地域の病院の情報は頭に入れ、患者さん第一で、専門以外の分野についてはどんどん他の病院に相談するというのが先生の方針です。このような姿勢から地域の病院との連携が深まり、他の病院を退院された認知症患者さんが今野先生のもとへ紹介されてくることもあるそうです。また、グループホームのスタッフは、2ヵ月に1度、地域の多施設のスタッフ、ケアマネジャー、民生委員、ボランティア、行政の担当者と情報交換を行っており、困っていることを共有したり、いいところをどんどん取り入れたりしています。

同クリニック、グループホーム共に地域連携が良好に進んでいる一方、「痰の吸引やインスリン注射など介護士ではできない細かいケアがけっこうあるんです。介護士の技術向上を目指すなどして、今はできない処置についても介護士ができるようにしてほしいと行政に要望したいですね」と、今野先生は認知症患者さんがより快適に過ごせる環境づくりを目指しています。

 

 

取材日:2011年9月14日
今野クリニックの外観

医療法人元季会 今野クリニック

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町3065-1
TEL:072-240-3510


特定非営利活動法人
NPO堺市グループホームシステム研究機構

〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町3065-1
TEL:072-240-3511

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ