『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【東海北陸】 > 愛知県 > 愛知県春日井市 医療法人晴和会 あさひが丘ホスピタル
医療機関を探す

病院、家族、地域によるケアのあるべき形をめざす
<愛知県春日井市 医療法人晴和会 あさひが丘ホスピタル>

医師 柴山漠人先生 医師 柴山漠人先生

あさひが丘ホスピタルは、名古屋市北東に位置する春日井市にあります。超高齢社会となり、激増している認知症の方々に適切な医療サービスを提供する認知症専門病院をめざし、2007年に設立されました。名誉院長として柴山漠人(しばやまひろと)先生を迎え、地域の認知症ケアをリードする中核病院として、積極的に地域活動を展開しています。

そこには認知症の方への共感と愛情がある

「認知症」という言葉が「痴呆」というそれまでの用語に替わって使われるようになって7年になります。そのきっかけをつくったのが、あさひが丘ホスピタルの名誉院長である柴山漠人先生で、「『痴呆』という言葉が差別的である」と問題提起をしたところから学会や厚生労働省が動き、国民による用語の人気投票なども行われ、「認知症」に決定されたという経緯があります。

この名称変更により言葉の中に潜む負のイメージが取り払われ、より多くの人が認知症に対して前向きに向き合えるようになりました。このことが示すように、柴山先生の認知症に対する取り組みには、一貫して病を患う方への共感と愛情、やさしさが感じられ、それがスタッフの皆さんにも伝わっています。

 

何よりも早期発見・早期診断、そして早期治療

認知症では早期発見・早期診断によって初期段階での対応が可能になり、結果的に本人および家族など介護者のQOL(Quality of Life:生活の質)を高く維持することができます。あさひが丘ホスピタルでは、認知症に対する知識の普及・啓蒙にも力を入れ、気軽に相談してもらえるようにするなど、早期発見・早期診断をめざしています。入院治療の場合も短期入院が基本です。柴山先生に治療方針について伺いました。

薬剤師 竹中晋弥先生 薬剤師 竹中晋弥先生
精神保健福祉士(相談員)上河原道夫さん 精神保健福祉士(相談員) 上河原道夫さん
精神保健福祉士 髙田勝義さん 精神保健福祉士 髙田勝義さん
看護師 三輪慎二さん 看護師 三輪慎二さん
看護師 金城聡さん 看護師 金城聡さん

「アルツハイマー病の場合、お薬と生活習慣の改善が五分五分と考えています。最近は新しいお薬が次々登場してきているのでそれらを効果的に使いながら、生活習慣の改善を強調するようにしています。激しい周辺症状が認められる場合には、入院治療により症状を軽快させ、在宅あるいは施設で対応可能になれば、速やかに退院していただくようにしています」(柴山先生)。

あさひが丘ホスピタルでは、毎月「新患紹介ミーティング」を行い、新しく受診された方の情報を共有し、接し方や症例の理解などについて意見交換を行います。さらに「院内研修会」を隔月に開催し、新しい知識や情報を全員で共有します。スタッフ全員が早期治療をめざし、互いに切磋琢磨しながら、それぞれの持ち場でより優れた治療やケアの提供に努めています。

薬剤師の竹中晋弥先生は、「薬に関する情報収集を積極的に行い、スタッフ全員に情報をわかりやすく説明しています。患者さんやご家族からお薬に関する相談を受けた時には相手の話をよく聞き、患者さんに役立つ情報を伝えるように心掛けています」と語ります。

精神保健福祉士(相談員)の上河原道夫さんは、「新患の場合は、ご家族に認知症に対する理解を深めていただくようにじっくりお話しし、ご家族の対応が大切なことを強調します。また、在宅ケアで通院される方にはいつでも電話で相談にのるように心掛けています」と、相談という形で治療をサポートしています。

精神保健福祉士でさまざまな相談に対応している髙田勝義さんは、「入院された患者さんには同じことを何度も聞かれることもよくありますが、不安を感じさせないように、笑顔を絶やさずに説明するようにしています」とのこと。

認知症外来を担当している看護師の三輪慎二さんが心掛けているのは、「どのような方に対しても一人の成人された方として言葉遣いにも気をつけ、目線を合わせてゆっくり、笑顔で丁寧に対応すること」です。

施設回診で柴山先生以外のドクターと一緒に回ることが多い看護師の金城聡さんは、「回診時、他の先生方に柴山先生から学んだことをお教えしています。例えば、声かけは正面から行う、話す時は目線を合わすなどですが、病院や施設で話しやすい環境をつくるように心掛けています」と語ります。

「スタッフの皆さんがやさしいので、患者さんからも家族の方からも感謝されています。それらのすべてが早期治療につながっていると思います」と柴山先生が目を細めます。

 

生活習慣の改善による「認知症予防の10か条」

在宅ケアでは家族の対応が重要になってきますが、あさひが丘ホスピタルでは生活習慣の改善、適切な接し方などの指導を行うとともに、できる限り相談に応じサポートするようにしています。柴山先生が、「以前勤めた病院のあるアルツハイマーの患者さんが、生活習慣をスケジュール化したものを自主的に作り、それを実施されていました。その結果、10年間ほとんど認知機能の低下がみられませんでした」という例を紹介してくださいました。

また、柴山先生は、まだ認知症でない方には、可能な限りの予防をすすめています。現時点では完全に予防するのは困難ですが、さまざまな疫学調査の結果から、かなりのリスクを回避できることがわかってきました。

「アメリカの研究では、病理解剖するとアルツハイマー病でしたが、生前には認知機能障害が認められなかった例が一定の割合あることが報告されています。つまり生活習慣がよければ、脳はアルツハイマー病の状態でもアルツハイマー病が発症しないこともあるということです」(柴山先生)。

食事面では、野菜、果物、魚を多く摂取すること。さらに、運動を定期的に行い、脳を刺激する知的活動や対人交流を楽しむことなど、いろいろな方法があります。柴山先生は、世界の最新の疫学研究に基づいた、エビデンス(根拠)のある「認知症予防の10か条」を独自に作成し、その普及にも努めています。

1) 野菜、果物、魚を食べましょう。
  野菜は毎日、果物・魚は週3回は食べましょう。お肉も大事です。

2) 運動を週3回はやりましょう。
  30分以上の運動(散歩、水泳、サイクリングなど)を週3回を目標にしましょう。

3) 新聞、雑誌、本を読みましょう。
  声を出して読むといいという説もあり、のみ込みの訓練にもなります。

4) 日記などを書きましょう。
  日記、写経、俳句、川柳など考えながら字を書くことは有効です。

5) おしゃべりしましょう。
  社交にも、脳の活性化にもなります。

6) 趣味を持ちましょう。
  仕事以外の仲間と一緒に気分転換してストレスを発散しましょう。

7) 料理を楽しくやりましょう。
  新しいメニューに挑戦することは効果があります。

8) お酒はほどほどに、タバコはやめましょう。
  日本酒1合、ビール1本、ワイン2杯、焼酎1/2杯が適量です。

9) 塩分は控えめにしましょう。
  高血圧の原因ですので、1日6グラム以内にしましょう。(WHO推奨)
 味噌汁1杯(2.3g)、塩鮭1切れ(4.6g)、天ぷらそば・ラーメン(6g)、カツ丼(4.5g)、
 にぎりすし(4g)、梅干し(2g)、しょうゆ小さじ1杯(0.9g)、ソース小さじ1杯(0.5g)など

10) 恋をしましょう。(異性に関心を持ちましょう)
  一番の脳全体への刺激になります。

認知症予防の10か条(柴山案)

 

家族がつながることで得られる好結果

家族の接し方が症状の改善に大きく影響するとともに、家族への負担が大きいのも認知症の特徴です。家族の方もこれからの生活に不安を持っているので、他の家族の方との情報交換がとても有効です。そこであさひが丘ホスピタルでは積極的に地域の「家族の会」への参加をすすめています。

柴山先生とスタッフのみなさん 柴山先生とスタッフのみなさん

あさひが丘ホスピタルとしても独自に家族交流会を年に2回開催しています。スタッフが交代でそれぞれの立場から話をし、家族同士で話し合い、必要に応じて柴山先生やスタッフが助言します。

「同じ境遇の方々と知り合うことによる癒し効果は絶大です。交流会によってご家族が認知症に前向きに取り組むようになると、患者さんも感情が安定し、いろいろなことを積極的に行うようになります。ですから当院では家族の方とのコミュニケーションを大切にしています」(柴山先生)。

 

地域まで包括したケア環境が在宅介護をサポート

認知症ケアを患者の家族内だけでなく、その家族の生活をとりまく地域全体まで広げ、クリニック・病院や施設と連携することによって質の高い、より効果的な在宅ケアが可能となります。あさひが丘ホスピタルでは、地域包括ケアシステムの中核となることを視野に入れ、かかりつけ医や介護関連施設との連携に積極的に動き、地域連携を重視した活動を展開しています。

2007年11月に春日井市では、市の関連部署や社会福祉協議会、医師会、歯科医師会、薬剤師会、福祉介護関連施設、家族の会、地域包括支援センター、弁護士、民生委員などで構成する「春日井市認知症地域連携の会」が設立されました。あさひが丘ホスピタルは事務局を担当し、啓蒙活動として啓発用パンフレットやテキストの作成、さらに連携システムの構築(各機関のネットワークによる支援体制)などを行い、運営の中心として活動しています。

柴山先生の著書に『患者さんから選ばれる医師を目指して』というタイトルの本がありますが、あさひが丘ホスピタルは“患者さんから選ばれる病院”をめざすのはもちろん、その活動は地域そのものを認知症ケアのモデル地区にまで高める動きとなっています。

 

 

取材日:2011年10月17日
あさひが丘ホスピタルの外観

医療法人晴和会 あさひが丘ホスピタル


〒480-0304 
愛知県春日井市神屋町1295-31
TEL:0568-88-0284

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ