『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市 大宮すずのきクリニック
医療機関を探す

プロ集団による手厚いケアでサービス向上を実現
<埼玉県さいたま市 大宮すずのきクリニック>

院長 野中和俊先生
院長 野中和俊先生

認知症治療、メンタルヘルスにおいて地域屈指の実績を誇る大宮すずのきクリニックは、デイケア、通所介護、通所リハビリのほか、埼玉県内でも有数の重度認知症患者デイケアを併設している施設です。院長の野中和俊先生は、「家族や大切な友人にどんな医療・介護を提供したいか」を常に意識しており、その精神はスタッフ全員に根付いています。

プロ集団が患者さんをしっかりバックアップ

大宮すずのきクリニックは、メンタルヘルス、認知症の治療および介護、さらには疾病の早期発見・予防までを視野に入れた、さまざまな活動をしています。

野中和俊先生は、精神保健指定医として大学病院や県立病院で長年精神疾患患者さんに向き合ってきたエキスパート。統合失調症に認知症を併発した患者さんの治療などにも携わってきた経緯から、「認知症はひと昔前よりずいぶん解明され、治療も進化し、薬剤も効果が高いものへと変わってきましたね」と振り返ります。

初診時にはCTを撮り、精神保健福祉士が簡易知能テストなどで予診を行った後、患者さん、ご家族の双方から丁寧に話を聞き診断を行っています。

通所介護やリハビリが必要な患者さんには、併設されたデイケア、通所介護、そして重度認知症患者デイケアで手厚いフォローを受けられるのが、同クリニックの強みの一つ。ここでは作業療法士、看護師、精神保健福祉士、介護スタッフ、臨床心理士といったスペシャリストが常駐、患者さんの心身機能の回復のために心強いサポートを行っています。

事務長 諸橋浩司さん
事務長 諸橋浩司さん

人手不足などの都合により、一人の職員がさまざまな業務を兼務している施設も少なくありませんが、同クリニックではすべて専門のスタッフが各々の業務に従事しています。

「何から何まで請け負わせるとサービスの質が落ちる恐れがあるので、責任をもって専門の仕事に集中させることによって、どこにも負けない水準を保っています」と胸を張るのは、事務長の諸橋浩司さん。送迎のプロ、入浴介護のプロ、相談のプロというふうに、いわば職人集団によって同クリニックの患者さんは支えられているわけです。

 

保険の対象にならない患者さんにも手厚く

2001年の開業以来、一貫して「他の施設ではできないことを患者さんとご家族のためにしてあげたい」という信念を貫いてきました。併設のデイケアなどにおいて送迎からリハビリに至るまで、それぞれの専門スタッフに任せているのもその一つですが、「保険の対象から外れてしまう、本当に困っている患者さんやご家族を救いたい」という願いから、若年層のケアにも力を注いでいるのも、同クリニックの特長です。

送迎バスで片道1時間半かけて通っている患者さんも。
クリニック、スタッフへの信頼が伝わる
送迎バスで片道1時間半かけて通っている
患者さんも。 クリニック、スタッフへの信頼が
伝わる

精神保健福祉士 矢部弘樹さん
精神保健福祉士 矢部弘樹さん

「年齢がまだ介護保険の対象に達していないけれど、さまざまな理由から認知症と同様の後遺症が残り、どの施設でも受け入れてもらえない患者さんが実は結構いるのです。ここでは医療保険でデイケアに参加できますので、そういった方を積極的に受け入れるようにしています」(野中先生)。

中には1時間半かけて通い続けている患者さんもいるそうですが、「介護などの問題で家族がバラバラになったり、関係がおかしくなるのは、よく聞くこと。大げさですが、私どもができる限りのことをすることで、より多くのご家族を守ってあげたいのです」(諸橋さん)。

日々、患者さんやご家族から相談を受けている精神保健福祉士の矢部弘樹さんも、そういった受け入れ手の少ない患者さんを歓迎しています。

「今まで外に行けなかったのに、ここに来られるようになって嬉しい、皆さんと交流ができるようになったという患者さんの声に、喜びとやりがいを感じます」(矢部さん)。

しかし、矢部さんは「まだまだ地域に取り残されている患者さんは多いはず。一人でも多くの方が、その人らしい生活が送れるようなお手伝いがしたい。ご家族にも元気で生活してほしい。取り残されている人を何らかの形で発掘してあげたいと思います」と今後の抱負を語ります。

 

充実のプログラムは生活リズムを整える役割も

介護福祉士 青柳あや子さん
介護福祉士 青柳あや子さん

同クリニックのデイケアでは、通所者がゆっくり休む時間も場所も、あえて多く設けないようにしています。

「朝の会から始まって午前の活動、リハビリ、午後の活動、入浴などのほか、月曜はダンス、火曜は書道と音楽というように、曜日ごとに違うプログラムを楽しんでもらっています。毎日来ていただく利用者さまも毎回違う目的で参加していただき、一人一人が充実した時間を過ごすことができる施設だと思います」と介護福祉士の青柳あや子さんは話します。つまり、要介護度などによるものの、いったんデイケアに来るとのんびり、ゆったりではなく、活動的なスケジュールが待っているのです。というのも、同クリニックでは生活全体をリハビリテーションと考えており、「生活リズムを整えることを目標にしたい」(野中先生)というのが、空き時間の少ない、充実したスケジュールの最大の理由だからです。

活動の時間が少なく、昼寝などの時間を多くとれば、深夜に寝つけなくなり、ご家族に負担がかかることもあります。

「認知症といっても体は元気な方が多いので、ここに来ると常に何となく体が動いているので、心地よく疲れ、夜はきちんと寝られる、つまり生活が整うのです」(諸橋さん)。

 

自らの意思で「選択」を行うことの意義

書道や絵画、手芸などのプログラムを指導するのは、すべてボランティアによる講師スタッフで、総勢20余人。クラブ活動として何を行うか、選択肢が多いほどいいと考えたからです。

さらに、患者さんと接する際に全ボランティアスタッフ、介護スタッフが心がけているのは、「これをやりましょう」という一方的な指導ではなく、例えば塗り絵なら「どの絵にしますか?」「どの部分を、どの色で塗りますか?」と、一つひとつを選択してもらうこと。

「認知症が進めば進むほど欲がなくなり、食べる・寝るといった本能しか残らなくなるケースが多い。そうならないよう、進行を止められるよう、リハビリの意味でもなるべく患者さんの気持ちを引き出すような接し方をするということです。考え、選ぶのはその人らしく生きていくうえで、大事なこと」と野中先生は語ります。

さらに全スタッフが心がけているのが、褒めること。「褒められるのは、どんな人でも、もちろん認知症の患者さんであっても、気分がいいもの。褒めるという接し方を通して気持ちを刺激できるようにしています」(諸橋さん)。

 

理想は「家族や友人にしてあげたい医療・介護をする」

ケアマネジャー 小川道代さん
ケアマネジャー 小川道代さん

ケアマネジャーでご家族からの信頼も厚い小川道代さんは、月に一度のモニタリングで、きちんとサービスが提供できているかどうか、入念に話を聞くようにしていると言います。「困りごとなどを早く解決してあげたい。認知症というと、ついついご家族からの話ばかり聞いてしまいがち。でもご本人様も尊重してあげたい。そのために、積極的なお声掛けをし、心を許していただけるように努めています」(小川さん)。

心を許していただくために大切なのは、「笑顔を忘れないこと」。小川さんに限らず笑顔の絶えない同クリニックでは、「わたし(スタッフ)の笑顔はみんな(利用者様)の笑顔」という介護理念があります。

野中先生が常に考え、理想としているのは、「その患者さんが自分の家族や大切な友だちだったら、どんな医療・介護を提供するか」ということ。「理想は理想ですが、それを目指していきたい。多くの方を無理なくケアしていくためにも、5年先、10年先は受け入れ人数を増やせるよう、施設・設備も拡充していきたいですね」(野中先生)。

「職員の質はどこにも負けない、自分たちのサービスに対して誇りをもつ」という気持ちを持って全スタッフが仕事をしていると諸橋さんは言います。同クリニックには、患者さんから「院長先生の柔和な応対と親切なスタッフさんばかりで救われる」という喜びの声もしばしば寄せられます。野中先生の「家族や友人にしてあげたい医療・介護」という精神がクリニックの隅々にまで行き渡っています。

 

 

取材日:2011年9月6日
大宮すずのきクリニックの外観

大宮すずのきクリニック


〒331-0814
埼玉県さいたま市北区東大成町2-251
TEL:048-661-7885

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ