『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 山梨県 > 山梨県山梨市 社会医療法人加納岩 日下部記念病院
医療機関を探す

チーム医療と地域連携で温かみのある認知症診療を目指す
<山梨県山梨市 社会医療法人加納岩 日下部記念病院>

院長 久保田正春先生 院長 久保田正春先生

日下部記念病院は、山梨県から認知症疾患医療センターの指定を受けている精神科病院です。院内には精神科認知症デイケアやデイ・ナイトケアの施設を併設し、認知症診療に関して地域の医療機関や行政との連携に取り組んでいます。

患者さんやご家族の気持ちを重視した診療

日下部記念病院は、地域密着型病院として、通常の精神科医療だけでなく救急対応(輪番制)、認知症・合併症への対応など現代のニーズに沿う活動をしています。同病院は認知症疾患医療センターの機能を備えており、最近は来院者の半分近くが認知症の患者さんだと言います。また、2006年に認知症治療病棟を、その後、認知症のデイケアを行う「さくらデイケア」、認知症の進行予防を目的とした「つくしデイケア」を院内につくり、山梨市の地域包括支援センターと連携を図りながら認知症診療に取り組んできました。

「認知症診療で一番重視するのは、患者さんとご家族のお話と気持ち。これは診断にも関わります。必要な検査や画像診断は当然やりますが、やはりしっかりとお話を聞くことを重視しています」と語るのは院長の久保田正春先生です。先生は、「患者さんやご家族が受け入れやすいように」という配慮から、また、「より的確な診断をするために」診察初日に診断結果を告げるのではなく、互いの人間関係ができるまで少し時間をかけて様子を見ると言います。また、BPSD(行動・心理症状)に対して薬物治療を行う場合にも、患者さんとご家族の人間関係や心の動き、環境の影響を検討し、まずはこれらに働きかけることで症状を診て、薬の使用はその次にと考えています。

重度の認知症の患者さんが肺炎などを起こした場合、対応に困ることもありますが、同院には精神科合併症治療病棟があり、慢性的な疾患や軽度の合併症への対応が可能です。重症の場合は隣接している総合病院で診てもらうなど、医療機関同士の連携を取っています。

久保田先生は地域連携について、「医師会との連携のなかで、かかりつけ医の先生方と、当院のようなBPSDを診る病院、鑑別診断を行う病院など、ある程度の住み分けができてきています」と認知症に対する意識の高まりを実感していると言います。

 

認知症疾患医療センターとしての役割

精神保健福祉士 中村ひとみさん 精神保健福祉士 中村ひとみさん

診察時にはこの診察室で患者さんとご家族からじっくりと話を聞く 診察時にはこの診察室で患者さんとご家族から
じっくりと話を聞く

山梨県で認知症疾患医療センターの指定を受けているのは同院以外では1ヵ所のみとなっています。同院で行っている認知症疾患医療センターとしての基本的な取り組みは、精神保健福祉士による専門医療相談、鑑別診断、合併症・周辺症状への対応、かかりつけ医への研修会の実施、地域包括支援センターとの医療連携会議などです。1つ目に挙げた専門医療相談については、7名の精神保健福祉士が相談を受けています。「相談に来られるのはご家族が一番多いですが、最近では地域包括支援センターの担当者やかかりつけ医の先生からの相談も増えてきました」と話すのは、精神保健福祉士として9年の経験を持つ中村ひとみさんです。

外部から受診に来た患者さんから最初に話を聞くインテークが中村さんの仕事です。患者さんの状態やご家族が困っていることなどを聞き取り、それによって、受診が必要なのか、介護が必要なのか、あるいは受診なら物忘れ外来なのか一般外来なのか、といったところを選定します。判断がつかない場合は必ず先生に相談した上で一緒に振り分けていきます。

インテークの際に一番気をつけているのは、ご家族が何を感じ、何に悩んでいるのかをしっかり聞き入れること。「相談するだけでもかなり勇気がいると思いますので、できるかぎり丁寧に話を聞くよう心がけています」と中村さんは語ります。認知症疾患医療センターの連携担当でもある中村さんは、自身が紹介したサービスを利用するなどして患者さんが元気になり、ご家族の負担が減ったとき、「関わらせていただいて良かった」と喜びを実感するそうです。

同院の精神保健福祉士について、久保田先生はこう評価しています。

「病気のことをひと通り知らないと務まらない仕事ですが、当院の精神保健福祉士は病気のことを理解した上での対応ができています。例えば、急に認知症の症状が悪化した場合は脳内に深刻な疾患があることが疑われます。そのようなときはすぐに脳外科に行くようにすすめるなどの配慮ができますので、頼もしいですね。もちろん報告も的確です」。

 

多彩なプログラムで患者さんの笑顔を引き出す

作業療法士 相川ちひろさん 作業療法士 相川ちひろさん

学校の教室さながらのデイケアルーム(つくしデイケア) 学校の教室さながらのデイケアルーム
(つくしデイケア)


精神保健福祉士 前田啓介さん 精神保健福祉士 前田啓介さん

同院には2つの認知症デイケアがあります。「さくらデイケア」は、在宅で生活している中等度の認知症患者さんのリハビリのための施設です。お花見やクリスマス会、初詣、月1回のお誕生日会など、スタッフ全員で試行錯誤しながら様々なプログラムを企画しています。また、折りに触れて患者さんの写真を撮り、笑顔の写真をご家族に渡すと大変喜ばれるそうです。

さくらデイケアで作業療法士をしている相川ちひろさんは、患者さんと接する際に「その人らしさ」を尊重するよう心がけています。

「認知症患者さんと関わる際、スタッフの接し方や自分の工夫次第で返ってくる反応が変わってきます」(相川さん)。

相川さんはとても自然に患者さんと接し、何事にも一緒に取り組むからこそ患者さんも心を開き、喜んで来所してくれるのだと久保田先生は感じています。

「つくしデイケア」は、認知症の進行を抑える取り組みをしている精神科デイケアで、利用者は軽度の認知症患者さんや、認知症に移行する可能性のある患者さんです。外部のエビデンスを積極的に取り入れ、運動療法や回想法のほか、口腔ケアにも力を入れています。ふだんは音楽や国語、図工など、小学校3~4年生ぐらいの内容の時間割を組み、患者さんに取り組んでもらっています。以前、図工の時間にみんなでつくったちぎり絵を障害者文化展に出したところ、奨励賞を受賞しました。患者さんの希望で次は知事賞を狙うべく、今、作品づくりに取りかかっているそうです。

つくしデイケアで精神保健福祉士を務める前田啓介さんは、患者さんの「いい表情」を見られたときに喜びを感じると言います。つくしデイケアに求められているのは、エビデンスに基づいて認知症が進まないようにすることと同時に、「楽しい時間を過ごせる場所」であること。前田さんは、明るい性格と豊かなアイデアでつくしデイケアを引っ張っています。

 

チーム医療で個々の患者さんと向き合う

同院の特色について久保田先生は、「チーム医療を目指していることでしょうか。医師だけでできることには限りがありますので、各部署のスタッフに力を発揮してもらって運営していくというのが当院のスタイルです」と語ります。

看護師 新田恵美子さん 看護師 新田恵美子さん

看護師の新田恵美子さんは、日常の仕事を通してチーム医療を実感しています。新田さんが勤務している認知症の治療病棟には、認知症にともなう幻覚や妄想などのBPSDがある患者さんが入院しています。患者さんに対し、医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士などが医療チームを組み、それぞれの専門性を生かした治療を行っています。

その一環として、専従の作業療法士による「日常生活機能回復訓練」があります。これは、回想法やレクリエーション、歯科と連携した口腔ケアなどを、一人あたり1日4時間受けることができるものです。

同院では、患者さんの1日も早い回復を願いながら、チーム医療で短期集中的に治療やケアを行っています。

重度の認知症患者さんをメインに対応しているため、ときには乱暴な行動や言葉に接する機会もあると言います。そういう場合には、対応の仕方を変えてみたり、2名体制で対応したりするなどチームで対応しています。

「患者さんのご家族も同じような経験をされているケースが多いため、面会がつらそうなときにはそばについていたり、声をかけたりするよう気をつけています」(新田さん)。

同病棟では、症状が進んでもできるだけ薬は使わず、個別の対応の仕方を考えます。「一人ひとりの患者さんのことをしっかり考えてくれている」というのが新田さんに対する久保田先生の評価です。

 

円滑なコミュニケーションからすべてがはじまる

院内のコミュニケーションを円滑にするために久保田先生がスタッフに話しているのは、「おせっかいになってね」ということ。自分の職種だけにとらわれずに、看護師だったら、作業療法士は何をやっているのか、作業療法士だったら、看護師や医師は何をやっているのか、ということに興味を持って一緒に取り組めば、さらに良い仕事ができると久保田先生はいつも話しているそうです。

久保田先生が同院に来てから、「院内がいろいろな意味で明るくなった」とスタッフは感じています。チーム医療を大事にしてくれるため、スタッフも一緒に治療に取り組めるようになったと言います。また、どんなに忙しくても、スタッフの悩みや相談に親身に耳を傾け、「やりたいことには協力してくれる」とのこと。院長である久保田先生自ら、コミュニケーションが生まれる環境をつくっているとスタッフは実感しています。

久保田先生が目指すのは、より強固なチームワークのもと、的確な医療で信頼される病院です。認知症疾患医療センターの機能を持ち、地域の精神科医療の要となっている日下部記念病院。各部署で真摯に治療やケアに取り組むスタッフの活躍と、信頼関係のもとに築かれたチームワークが同院の原動力となっています。

 

 

取材日:2011年11月4日
日下部記念病院の外観

社会医療法人加納岩
日下部記念病院


〒405-0018
山梨県山梨市上神内川1363
TEL:0553-22-0536

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ