『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【九州沖縄】 > 長崎県 > 長崎県島原市 ストレスクリニック ウイング
医療機関を探す

「絆」や「縁」を大切に、人が人を支える医療を
<長崎県島原市 ストレスクリニック ウイング>

ストレスクリニック ウイング 所長 片山二郎先生 ストレスクリニック ウイング
院長 片山二郎先生

ストレスクリニック ウイングは、2002年より開院しており、初診でいきなり精神科の専門病院には行きにくいという患者さんにとって身近に相談できる存在であることをモットーに診療しています。また、高齢者疾患に対しても、同法人の高城病院と連携し、必要であれば入院治療などで支えています。

島原半島で数少ない精神科クリニックとして

医療法人ウイングが、精神科の外来診療所としてストレスクリニック ウイングを開設したのは、2002年9月のこと。その目的は主に、長崎県県南地域に精神疾患の治療の場を提供することにありました。特に島原市とその周辺は長崎市などの都市部と比べて高齢者が多く、同クリニックの患者さんのうち約3割が認知症で、年々増える傾向にあります。認知症の人のご家族が連れて来られるほか、地域の保健所、福祉事務所、地域包括支援センターなどからの紹介も少なくありません。

「島原半島には4つの病院がありますが、精神科のクリニックは数少なく、町の診療所ですから、初診で大きな病院へ行くよりも敷居が低いのでしょうね」と院長の片山二郎先生は柔和な表情で語ります。

同クリニックにはMRIやCTはなく、必要があれば他の病院に検査を依頼しています。検査のデータだけではなく、ご家族から詳しくお話を聞いて何が問題なのかをじっくり確認するのが、片山先生の基本的な姿勢。「正しい診断をつけるのが目的ではなく、ご家族が困っていることを医療の力で解決するのが当クリニックの役割」と先生の考えは明解です。

 

認知症はこの地の医師にとって避けて通れない問題

妄想や徘徊などBPSD(行為・心理の障害)が出て入院が必要になった場合は、同じ医療法人が経営する高城病院がバックアップするのが、同クリニックの大きな特徴です。

片山先生は、認知症で入院する患者さんの治療の難しさを、自らの経験を踏まえて指摘します。

「高齢の患者さんが多いので、誤嚥性肺炎や筋力低下による転倒、骨折に注意しなければなりません。また、内科的疾患がある患者さんの場合、他科との連携が重要ですが、BPSDが出ている患者さんは連携が困難なケースが多いのが実情です」。

さらに「退院後の治療や介護の受け皿にも課題は多い」と片山先生は言います。幸い投薬が奏功してBPSDが改善したとしても、在宅で治療を続けるとすると、ご家族の負担は小さくありません。施設に入所されていた方が入院し、改善して退院しても同じ施設に戻れないケースもあるといいます。

「このように課題は多いですし、認知症は完治することのない疾患ですから、医師として無力感をおぼえることもあります。しかし、高齢者が多いこの地域で精神科の医師を務める以上、避けて通ることはできません」と片山先生は決意を込めた表情で語ります。

 

在宅患者さんとご家族を「絆」と「縁」で支える

片山先生が認知症の治療にあたって心に強く留め置いているのが、認知症の人やご家族との“絆”。

 訪問看護士の植木輝美さん(指定訪問看護ステーションウイング大手門に所属)らコメディカルのスタッフも、「まさに縁があって」(片山先生)苦楽をともにしつつ、絆を支えています。

認知症をはじめとする精神疾患では、患者さんの日常生活での言動や行動が診療の重要な手がかりとなります。また、ご家族が初めて電話で相談された事柄の中に、重要な情報が含まれていることも少なくありません。

片山先生は、自分に代わって認知症の人の様子をしっかりと把握し、ご家族との信頼の絆を結びながら、診療に必要な情報を伝えてくれるスタッフに全幅の信頼を寄せています。

そしてスタッフもまた、そんな片山先生の信頼に応えながら、日々の経験を先生の指導で知識に変え、仕事を通じて学び続けられる毎日にやりがいを感じています。

 

コメディカルスタッフが感じる手ごたえとやりがい

ステーションウイング大手門 看護師 植木輝美さん ステーションウイング大手門
看護師 植木輝美さん

「精神科の治療には、終わりがないからこそやりがいがある」と語るのは、訪問看護ステーションの管理者であり、自らも相談担当者として訪問看護をしている植木さん。

「以前、外科を担当していたころは手術が終われば達成感がありました。認知症など精神科の仕事にはそうした明確な達成感はありませんが、だからこそ奥が深く学ぶことが多い」という植木さんの主な仕事は、単身など生活の維持が難しい患者さんを訪問して服薬などを指導するとともに、患者さんの健康状態や生活の様子をつぶさに片山先生に伝えること。「先生にも患者さんにも鍛えられますね」という表情には仕事に確かな手ごたえを感じている様子がうかがえます。

 

取材日:2011年11月30日
ストレスクリニック ウイングの外観

ストレスクリニック ウイング


〒855-0042
長崎県島原市片町643番地2
TEL:0957-62-0030

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ