『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 群馬県 > 群馬県伊勢崎市 財団法人脳血管研究所 美原記念病院
医療機関を探す

専門病院としてかかりつけ医や福祉施設との懸け橋に
<群馬県伊勢崎市 財団法人脳血管研究所 美原記念病院>

院長 美原盤先生 院長 美原盤先生

群馬県伊勢崎市の美原記念病院は、脳血管障害を中心とした脳・神経疾患の治療とリハビリテーションを目的として開設された、神経疾患の専門病院です。近年はもの忘れ外来を開設し、院長の美原盤先生率いる多職種のスタッフが、認知症の診断・治療方針の決定を行い、地域の医療機関や福祉施設などにつなげる懸け橋となっています。

認知症は多職種協働のチーム医療で対応

美原記念病院は、神経内科、脳神経外科を中心として治療にあたるほか、リハビリテーションにも注力して罹患後の機能回復も目指しています。敷地内には介護老人保健施設も併設し、急性期治療から退院後まで視野に入れて、患者さんの生活を支えてきました。

美原盤先生は、同院の認知症治療の特徴について、多職種の協働を挙げます。その理由を「認知症治療において、それぞれの医療スタッフの果たすべき役割は全然違うからです」と語ります。例えば、もの忘れ外来では、医師が診察する際、看護師のほか、医療ソーシャルワーカー(MSW)が必ず立ち合います。診断と治療を行うのは医師ですが、認知症治療に欠かせない、地域のなかで患者さんを支える社会福祉サービスなどの情報を持っているのは医師ではなくMSWだからです。

「ナースはご家族の状況や気持ちを聞くなどの仕事をしています。やはり医師が患者さんを診るのに長時間かけるのは現実的に無理で、それぞれの専門職が入ることが重要です」(美原先生)。

地域医療連携室長 相澤勝健さん 地域医療連携室長 相澤勝健さん

MSWで地域医療連携室長の相澤勝健さんは、「必要があれば診療後に相談室でお話ししますが、診察に立ち会うことで、先生がご家族に話したことやご家族が先生に対して訴えた生の声を聞くことができ、相談がスムーズになります」と言います。診察時の先生の説明をより詳しく解説したり、ご家族の話を詳しく聞いて、福祉のメニューを提案。その結果、受診された半数近く41%もの受診者にMSWが介入し、介護保険の申請や施設・サービスの紹介などに関わって、投薬以外の治療を支えています。

 

地域の認知症治療の担い手はかかりつけ医

もの忘れ外来を受診したすべての患者さんを同院で治療するわけではなく、美原先生は「われわれ専門医が原因疾患を検査し、治療方針をある程度立てたら、あとは患者さんのかかりつけ医に診てもらうほうがベター」と言います。

「かかりつけ医の先生は、患者さんのご家庭の経済状況を含め、さまざまな事情をよくわかっています。認知症は患者さんだけが病むのではなく、介護をしているご家族も大変で、病むことがあります。その状況を把握して、よい対応策を提示できるのは、かかりつけの先生方です。例えば高血圧の患者さんは、必ずしも高血圧の専門家ではない先生でも治療することがよくあります。認知症も同じように、特殊な疾患に伴う場合は対応が難しいでしょうが、中等度くらいまでは開業医で診ていくことになると思います」(美原先生)。

地域における認知症治療の担い手は専門病院ではなくかかりつけ医である、というのが美原先生の考えです。そして「最初から最後まで診てくださいとは言いません。最初の診断をつける、治療方針を立てるという専門的なところは、専門病院の役割です」と美原先生は語ります。

専門病院のもう一つの役割は「懸け橋」となることです。

「すべてのかかりつけ医に、専門病院のようなチーム医療ができるわけではありません。開業医の先生方は、介護サービス保険や福祉施設について詳しく知らないかもしれません。それを伝えるのがMSWです。当院のMSWはかかりつけ医の先生方からの問い合わせにも対応しています」(美原先生)。

相澤さんは「外部の機関も含めて一つのチーム」と表現します。必要があればかかりつけ医としかるべき医療機関や福祉サービスとの懸け橋となる、つまり地域連携の要の役割をMSWが担っています。「そんなMSWだからこそ、現実的に外来にいないとできないんです」と美原先生は言います。

 

チーム医療では専門家がそれぞれの専門性を発揮

看護部長 髙橋陽子さん 看護部長 髙橋陽子さん


薬剤部主任 中根丈晴先生 薬剤部主任 中根丈晴先生

チーム医療の一端を担うスタッフはそれぞれの場で専門性を発揮しています。看護部長の髙橋陽子さんは、ご家族の関係が悪化するのを防ぐため、患者さんへの関わり方のコツをご家族に話します。

「一つひとつ、具体的なトラブルを聞いて、その対処方法をアドバイスしています。例えば、お財布を誰かに盗られたと患者さんが訴えるときには、それを否定せず、はじめからお財布をもう一つ用意しておき、『ああ、ここにあったね』と一緒に見つければいいと具体的に説明します」(髙橋さん)。

薬剤部主任の中根丈晴先生は、薬の管理はご家族がすることが多いため、患者さんが飲みやすい剤型の薬を選択してご家族の負担を軽減し、飲み忘れを防いでいます。

「入院患者さんの退院時には、複数の医療機関を受診して薬が重複するトラブルを防ぐため、退院指導として、かかりつけ薬局を持つようご家族に話します。薬局で薬の相互作用をチェックしてくれると説明すると、『だから医薬分業なのね』と理解していただけます」(中根先生)。

 

リハビリでは退院後を見据えた生活動作練習も

言語聴覚科長 土屋麻希子さん 言語聴覚科長 土屋麻希子さん


作業療法科長 丸山巧さん 作業療法科長 丸山巧さん

同院のリハビリテーション科では、医師のほか、入院患者さんに対しては理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が連携して対応しています。言語聴覚科長の土屋麻希子さんは、「認知症だから仕方ないという考え方はしません」と言います。

「リハビリでは3職種で患者さんの残存機能や障害のある部分をしっかり把握します。その内容を、入院であれば多職種のスタッフ、退院する場合はご家族にも伝えて、皆が同じ手段で患者さんに関わる環境をつくっていくべき」と連携の大切さを指摘します。

退院後を見据えた働きかけとして、作業療法科長の丸山巧さんは、自宅に近い環境で患者さんが日常生活動作練習をできるように気を配ります。そのため、退院する患者さんのご自宅を理学療法士、作業療法士、ケアマネジャーが訪問し、家屋状況の調査や動作確認をすることもあります。

「介護するご家族も退院後の生活に不安を抱えていることがあるので、ご家族にもリハビリに来てもらいます。入浴の動作練習などで実際に介助をしながら、その方法を学んでもらい、安心して自宅に戻れるようにしています」(丸山さん)。

 

老健では音楽療法が効果を発揮

介護老人保健施設アルボース 看護・介護師長 加藤綾子さん 介護老人保健施設アルボース
看護・介護師長 加藤綾子さん



介護老人保健施設アルボース リハビリテーション科科長 本木綾さん 介護老人保健施設アルボース
リハビリテーション科科長 本木綾さん

併設された介護老人保健施設アルボースには、認知症専門棟が設置され、チームケアを実践しています。開設した1996年の翌年から音楽療法を取り入れ、音楽療法士を中心に、看護師、介護士、リハビリスタッフ、医師などがチームとなって行っています。患者さんが幼い頃に聞いた童謡や季節の歌にふれることで認知症に効果があると、看護・介護師長の加藤綾子さんは感じています。

「ある患者さんはナースコールを1日40回も押すことがあり、スタッフはその対応に悩んでいました。ご本人はもっと悩んでいたでしょう。しかし、音楽療法を始めたところ、次第に穏やかになり、ナースコールの頻度も減りました」(加藤さん)。

リハビリテーション科科長の本木綾さんは、「ひとくくりに認知症といっても、感情のコントロールができない、言葉がうまく操れないなど、患者さんの抱えている問題は異なります」と言います。

「患者さんの問題を理解し、言葉が操れない患者さんにはジェスチャーを増やすといった、それぞれの患者さんに合った関わり方を見つけます。また、症状が落ちついて過ごせる環境は異なります。そして、集めた情報を患者さんと過ごす時間が長い介護スタッフに伝えることを心がけています」と語り、スタッフ間で連携して患者さんを支えています。

 

ケアには優しさが大切、それを保つために仲間がいる

介護老人保健施設アルボース 相談室主任 瀬間良礎さん 介護老人保健施設アルボース
相談室主任 瀬間良礎さん

認知症はご家族にもケアが必要です。同施設では入居者やサービス利用者のご家族を対象に2カ月に1回、家族会を開催しています。相談室主任の瀬間良礎さんは、「認知症患者さんのご家族は毎回参加率が高い」と言います。認知症患者のご家族は悩みを誰にも話せず、抱え込みがちですが、家族会には同じ境遇の人がいます。話しながらこれまでの病気の経過や介護に思いが込み上げ涙を流す方や、聞いてもらい泣きする方もいるなど、お互いに心を開いて、体験談や気持ちを共有できる場となっています。

「話を聞くことで励まされ、もっと優しく接しよう、ほかのご家族が実践している工夫をやってみようと思う気持ちに自然となり、家族会はピアカウンセリングのような力があります。ご家族から家族会の継続を要望されることもあり、私たちが思っている以上に家族会の必要性をご家族が感じてくださっていると実感しています」(瀬間さん)。

加藤さんは、利用者さまに対して「優しく接することが大切」と断言します。

「知識や技術がいくらあっても、結局ケアをする人は根本に優しさがないとできません。利用者さまの症状が重症で、スタッフが優しさを失うときもあります。そのときは仲間とケアを交代して優しさを取り戻すのです」(加藤さん)。

ご家族も同じだと加藤さんは言います。優しさを失ったときはレスパイトケアを利用して介護を交代してもらい、優しさを保てるようにする、そのために施設があり、仲間がいるという考えです。当施設では、よりケアの質を高め、また外部機関との連携を図るために、地域のケアマネジャーを招いて勉強をする在宅ケア研究会も開催しています。

 

満足いただける医療を提供し、病気克服への研究も

同院では、さらなる医療の向上に貢献するため、脳血管障害や神経難病、認知症の研究にも取り組んでいます。病因の究明や治療法の研究を目的とし、ご承諾の得られた患者さんの画像データや組織などを研究機関に対して提供し、多角的な共同研究を行っていくものです。

「われわれ神経内科の医師は、医学者として認知症の克服を願っています。それには患者さんの治療を通した臨床的な研究が必要です。そのために神経難病や認知症について、発症初期から亡くなられたあとまでをフォローし、患者さんのデータや組織をお借りして研究につなげています」(美原先生)。

こうした研究にご協力いただける患者さんやご家族の方は少なくないといいます。その理由として「いかに患者さんやご家族の方がこれまでに受けた医療に満足され、われわれと信頼関係を結んでいただいているかということを表していると思います。将来の患者さんのためにも、医療を発展させていくのは医師の使命です」と美原先生は話します。

多職種連携でそれぞれの専門性を発揮しながら治療にあたるとともに、開業医では難しい部分をフォローし、さらに病気の克服に向けて研究を重ねる。そんな同院の取り組みが超高齢化社会を迎えている現状にふさわしい認知症治療の形をあらわしています。

 

 

取材日:2012年1月12日
財団法人脳血管研究所 美原記念病院の外観

財団法人脳血管研究所
美原記念病院

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町366
TEL:0270-24-3355

施設のホームページへ

 

財団法人脳血管研究所 介護老人保健施設アルボースの外観

財団法人脳血管研究所
介護老人保健施設アルボース

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町427-3
TEL:0270-21-2700

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ