『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 千葉県 > 千葉県我孫子市 ほしの脳神経クリニック
医療機関を探す

さまざまな療法の導入で、治療の選択肢の拡大を目指す
<千葉県我孫子市 ほしの脳神経クリニック>

院長 星野茂先生 院長 星野茂先生

街のクリニックとしての一般的な診療に加え、デイケアでのパワーリハビリテーションやオルゴール療法などをクリニック内で展開。ほしの脳神経クリニックは、投薬だけではない幅広い治療法の提供によって、患者さんとご家族のニーズに応えています。

自身の祖母の徘徊に苦慮した星野院長

ほしの脳神経クリニックの院長・星野茂先生が、頭部外傷の研究やアルツハイマー型認知症、パーキンソン病などの豊富な治療経験を経て同クリニックを開業したのは2006年のことです。 

「私の祖母も約20年前に認知症を発症し、徘徊の対応などに苦労しました。そうした経験も踏まえ、認知症の診療にあたるときは患者さんとご家族の尊厳を損なわないこと、懇切丁寧にご説明することに留意しています」という星野先生は、現在一日平均約10名の認知症の患者さんを診ています。

診察ではまずご家族にアンケートを書いてもらい、ご家族も一緒に患者さんを診察。その後、看護師が2~3種類の記憶力テストを行います。またMRIで海馬の萎縮の有無などを確認するとともに、VSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断システム)も用いて診断の参考として、治療の方向性を判断します。

「ご本人の前では言いにくいケースもありますので、ご家族だけに説明することもあります」(星野先生)と、診療でのやりとりには細やかな配慮を欠かしません。

 

ご家族とのコミュニケーションにもウエイトをおく

看護師 清水嶋麻裕美さん 看護師 清水嶋麻裕美さん
言語聴覚士 菅井敬子さん 言語聴覚士 菅井敬子さん

患者さんのご家族との綿密なコミュニケーションは、同クリニックのスタッフが常に大切にしているテーマの一つ。

看護師でオルゴール療法士の清水嶋麻裕美さんは「ご自身で意思表示できない患者さんもおられますし、治療についてご本人とご家族の意見が合わない場合もあります。ご家族との積極的なコミュニケーションを欠かすことはできません」といいます。

言語聴覚士の菅井敬子さんも「患者さんと同じウエイトでご家族との会話にも時間を割いており、日常生活での悩みごとなどグチのようなことまでお聞きします」と、その大切さを示します。それは菅井さんが言語聴覚士の立場から、生活におけるコミュニケーションの重要性を痛感しているからでもあります。

「話すことに問題がある患者さんと接していると、生活の面でも精神の安定の面でもコミュニケーションがどれほど重要かを思い知らされます。治療やリハビリテーションにおいて留意すべきことは多々ありますが、第一にコミュニケーションだと思います」と、菅井さんは自分に言い聞かせるように語ります。

 

スタッフ同士の、そして院外との連携を重視

看護助手 由井真由子さん 看護助手 由井真由子さん
看護師 田村博子さん 看護師 田村博子さん

星野先生を中心とするスタッフの柔軟な連携も、それぞれが常に心に留め置いていることの一つ。当然のことながら、適切な診療にはスタッフ間の情報共有や協働が不可欠だからです。

看護助手の由井真由子さんは「患者さんやご家族が、診療が終わっても何か話したそうにされているときは、私からお声掛けしてお聞きして、必要があれば看護師や先生につなぐようにしています」といいます。

「当クリニックは往診も行っており、原則として看護師2名と先生で訪問します。患者さんの状態について互いに意見を交換するなど、チームとしての連携に努めています」というのは、看護師の田村博子さん。強い連携の姿勢はスタッフに深く広く浸透しています。

また主に往診のために、地域のケアマネジャーや訪問介護ステーションとも連携体制を敷いており、「私自身はなかなか連携会議に出席できませんが、ファクスでの意見交換は行っています」という星野先生の言葉には、地域連携への意欲が表れています。

 

クリニック内でオルゴール療法をスタート

診療における同クリニックの大きな特長は、パワーリハビリテーションやオルゴール療法など、クリニック内でさまざまな医療サービスを提供していることです。

クリニックの一角には各種のトレーニングマシンが備えられており、パワーリハビリテーションができる環境が整っています。

「普段はメタボ対策などに使われていますが、認知症にも効果があるとされていますので、週3回のデイケアの際、認知症の患者さんにも、その患者さんのことをよく知っている理学療法士がついてご利用いただくようにしています」(星野先生)。

また、オルゴール療法を採り入れていることも同クリニックならではの取り組み。星野先生が統合医療展でこの療法を知り、2011年からスタートさせました。クリニック内にオルゴール用の部屋があり、オルゴールもベッドも一般のものではなく療法専用に作られたものです。

オルゴールセラピーベッド オルゴールセラピーベッド

この療法の基本は、オルゴールの音で脳幹を刺激して心身の恒常性を取り戻すことにあります。

「療法用のオルゴールの音には一般のCDには入っていないような低周波・高周波が含まれています。この低周波・高周波は、通常の音が届かない脳幹を刺激しますので、その刺激によって血流を良くし自律神経を正していきます」

そう説明する清水嶋さんと由井さんの2人がオルゴール療法士の認定を受けており、利用者の対応にあたっています。

 

治療の選択の幅をさらに広げるために

オルゴール療法を利用しているのは、耳鳴やめまいなどの症状がある患者さんや、精神的なリラックスを求める方が中心。

曲によっても効果が異なり、ゆったりした「カノン」は副交感神経を刺激して気分を落ち着かせるので、ほとんどの人が寝てしまうとのこと。また、高い音が続く「カンパネラ」は交感神経を刺激するので、「日中はカンパネラ、夜はカノンを聞くとメリハリがついていいと思います」(清水嶋さん)。

同クリニックは近隣にある120名収容のホールでオルゴールを利用したセラピーコンサートを共催するなど、この療法の啓発にも取り組んでいます。

現在は部屋の関係で1名ずつしか利用できませんが、星野先生は「ゆくゆくは10人くらいが同時にできるようなスペースができれば」と構想中。また、「現在、当院でオルゴール療法を受けている認知症の患者さんはいらっしゃいませんが、関西での実績では効果は高いようです。認知症の患者さんの場合、おひとりでオルゴール療法室に入ると不安感をおぼえるケースが考えられますが、ご家族などに付き添っていただくなどすれば不安を解消することも可能でしょう。ぜひ今後デイケアに採り入れていきたいと思います」と意気込みを語ります。

順調に軌道に乗ってきたオルゴール療法に加え、同クリニックでは刺絡療法や鍼治療も導入しております。

「患者さんとご家族に、投薬以外の治療の選択肢をさらに広げたい」という星野先生のリーダーシップのもと、ほしの脳神経クリニックは常に進化を続けています。

 

 

取材日:2012年1月25日
ほしの脳神経クリニックの外観

ほしの脳神経クリニック

〒270-1166
千葉県我孫子市我孫子4-43-17
TEL:04-7182-7171

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ