『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【東北】 > 岩手県 > 岩手県盛岡市 くろだ脳神経・頭痛クリニック
医療機関を探す

高齢化が進む町で、高い専門性と親しみやすさを両立
<岩手県盛岡市 くろだ脳神経・頭痛クリニック>

院長 黒田清司先生 院長 黒田清司先生

「直接自分で患者さんを診たい」――その強い思いから、黒田清司先生が大学の教授職から転じてくろだ脳神経・頭痛クリニックを開業したのは2005年のこと。地域の高齢化が進むなか、脳神経外科医としての専門性、そして患者さんとご家族への細やかな配慮により、多くの信頼が寄せられています。

 

増え続ける患者さんに脳神経外科医として取り組む

「脳神経外科医院としてこじんまりスタートした当初、今のようにたくさんの認知症の患者さんを診ることになるとは想像していませんでしたね」――温和な表情でそう語る黒田清司院長は、自身が卒業した岩手医科大学附属病院での診療や同大での教授職を経て、2005年にくろだ脳神経・頭痛クリニックを開業しました。

「大学での教育ももちろん大事な仕事ですが、やはり自分で直接患者さんを診たいという思いのほうが強かったのです」(黒田先生)と開業の動機を語ります。

当初、認知症の患者さんの来院はほとんどなく頭痛などの診療が中心でしたが、地域の高齢化が進んだこと、行政や医師会などによる啓発が積極的に行われたことなどから、近年急速に認知症の患者さんが増加。アルツハイマー型のほか、何らかの脳卒中を持っている混合型の患者さんが比較的多いといいます。

「脳神経外科医は、不穏や意識障害の患者さんの対応に慣れていますし、他の症状との鑑別にも長けています。啓発や報道などの影響で、高齢の方にもの忘れなどがあると『認知症ではないか?』と疑って来院される場合もありますが、病的な範囲の症状なのかどうかをまずきちんと鑑別することが重要です」(黒田先生)。

脳神経外科としての専門性の高い診療と共に、同クリニックが重視しているのが患者さんとご家族への配慮。繊細な気配りと丁寧なコミュニケーションは、すべてのスタッフに深く共有されています。

 

スタッフがそれぞれの立場で細やかな気配り

受付事務 小笠原順子さん 受付事務 小笠原順子さん



臨床検査技師 勝田明希さん 臨床検査技師 勝田明希さん

受付事務の小笠原順子さんは開業当初からの勤務。「これほど認知症の患者さんが多くなるとは思いませんでした」と黒田先生と同じく少し驚きながらも、玄関に車椅子の方がいれば介助に走り、徘徊する方がいれば付いて回りと、受付だけにとどまらず患者さんの対応に努めています。

「お会計のとき、付き添いのご家族の方が『疲れた・・・』とこぼされたときは、少しでも支えになれるよう、お話を聞くようにしています」(小笠原さん)とご家族への心配りも欠かしません。なかでも気を遣うのは初診の患者さん。「初めての来院で緊張されていますから、できる限り物腰を柔らかくしています」(小笠原さん)と受付としての心掛けを語ります。

臨床検査技師として長谷川式などの検査を担当する勝田明希さんも、患者さんの緊張をほぐすことを忘れません。「特に事前に何も知らされないまま検査に来られた方には、いきなり検査をせず、お天気の話などをしてリラックスしてもらってから、ご自身の状況を少しずつ理解していただくようにしています」と言う勝田さんはまた、「検査のとき患者さんが言われたことを否定したり、訂正したりしないことも大事」と検査のさまざまな場面で患者さんの気持ちに配慮しています。

 

患者さんと、ご家族と、それぞれじっくりと向き合う

看護師 伊藤良子さん 看護師 伊藤良子さん

症状についてお話を聞くとき、患者さんとご家族は一緒がいいのか別々がいいのか――看護師の伊藤良子さんは「別々にゆっくりとお話をお聞きするのが基本」と明言します。一緒だと話しにくい内容も多く、聞けば互いに気まずくなることがあるからで、伊藤さん自身、何度かそういう場面に遭遇しました。

「たまたま事前に情報がとれていなくて、女性の患者さんとそのご家族に一緒に診察室に入っていただいたときのこと。患者さんのお話を聞くうちにご家族が『おばあちゃんは外ではいい顔をするけれど、家の中ではいくら私が苦労して面倒見ても認めてくれない!』と非常に興奮してしまい、患者さんも傷ついてしまいました。その後、ご家族だけからゆっくりお話を聞いて励まし、何度か来院されるうちに、患者さんもご家族も穏やかになりました」(伊藤さん)。

伊藤さんはこのエピソードに続けて、「お互いのお話を聞いた上で一番良い治療を考えること。そして継続して治療できる環境を私たちがつくることが必要です」と、患者さん、ご家族とのコミュニケーションの大切さを語ります。

黒田先生も「看護師も大変だと思うが、患者さんやご家族をせかすわけにはいきません。手間暇はかかりますけれど、認知症をしっかり診るためには必要です」と表情を引き締めます。

 

治療では投薬とともに“周囲からの刺激”を重視

黒田先生は診断をつけると、もの忘れなどの程度が病的な範囲か、加齢と共に出てくるものかを、患者さんとご家族に分かりやすく説明し、対処の仕方も併せて理解してもらいます。通院しながらの投薬が治療の大きな柱ですが、デイサービスや通所リハビリテーションなど、患者さんが積極的に家の外に出ることを勧めており、「その理由は大きく二つある」と黒田先生は言います。

「周りから患者さんへの働きかけを多くすることで、症状がぐっと良くなるケースが見受けられます。認知症で鬱状態になる人も結構多いので、そこが改善されるのだと考えています。もう一つの理由は、ご家族の負担を軽減すること。患者さんに付きっきりだと、どうしても疲れてしまいますから」(黒田先生)。

デイサービスに限らず地域の医療機関などとの連携にも取り組んでおり、原疾患の治療が必要であれば大学病院を紹介することもあります。

「患者さんが気軽に来られることが、開業当初からの目標。まずうちで診て、適切な医療機関や施設をご紹介して喜んでいただければそれでいい」という黒田先生は続けて、「認知症の治療は、その地域に合ったやり方で地域ぐるみで取り組むべき」と持論を語ります。

 

地域連携で認知症対応のレベルアップに取り組む

「盛岡市はかなり頑張っているのではないか」と、黒田先生は認知症に対する地元の取り組みを評価しています。

「岩手医科大学に熱心な先生がおられて、患者さん本人用と家族用の2種のスクリーニングシートをつくって啓発活動をしておられます。また、医師会も年に2回ケアマネジャーと合同で講習会を開催しています。こうしたさまざまな取り組みが功を奏して地域全体のレベルは上がってきていると思いますね」という黒田先生は一方で、「私も講演などを行っていますが、在宅医療への対応など、今後当クリニックが地域の中で取り組まなければならないこともあります」と課題を掲げます。

また、東日本大震災で被災された地域の高齢者への対応も先生が強く気に留めていることの一つ。被害の大きかった沿岸部から、盛岡市域に住む子どもを頼って引っ越して来る高齢者が少なくないからです。

くろだ脳神経・頭痛クリニックのスタッフのみなさん くろだ脳神経・頭痛クリニックのスタッフのみなさん

「最初はお元気なようですが、2、3カ月すると環境の変化のせいか鬱状態と認知症が同時に進む場合があります。デイサービスや少しの薬でぐっと良くなることもありますので、そんなときは医師としてやりがいを感じますね」(黒田先生)。

「どんな症状をお持ちであれ、患者さんが来院されたら一度はニコッと笑顔になる、そんなクリニックでありたい」。黒田先生は柔らかな笑顔をたたえながら、そう話を締めくくりました。

 

 

取材日:2012年3月28日
くろだ脳神経・頭痛クリニッの外観

くろだ脳神経・頭痛クリニック

〒020-0884
岩手県盛岡市神明町10-38
TEL:019-653-3522

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ