『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【四国】 > 香川県 > 香川県高松市 医療法人社団以和貴会 いわき病院
医療機関を探す

地域に根ざした多機能病院として総合的なケアを提供
<香川県高松市 医療法人社団以和貴会 いわき病院 >

医師 渡邊朋之院長 医師 渡邊朋之院長

鑑別診断から、外来、入院、在宅、デイケアと機能を専門的に分化させながら総合的な認知症ケアを提供する、いわき病院。開業以来、常に施設と対応体制の拡充に取り組み、地域の患者様とご家族にとって頼れる存在であり続けています。

開業以来、四国の認知症医療をリード

いわき病院が、精神科と内科を標榜して開業した1974年。老年期の精神障害として捉えられていた時代に、同院は老人専門病棟を設け本格的な治療に取り組み始めました。以来、約40年間、四国の認知症のケアにおいて先導的な役割を果たしてきました。

「今で言う周辺症状(BPSD)が出ている患者様を中心に診ていたのですが、もちろん薬はありませんし、周りにお手本になる病院や施設もなかったので、開業してからしばらくは試行錯誤の連続だったと聞いています。」

そう語る渡邊朋之先生が、同院の創立者である父の志を継いで院長に就いたのは1994年。その後も着実に施設とスタッフを拡充し、対応できる治療法やケアの領域を広げてきました。認知症の治療病棟を設けたのも、重度認知症専門のデイケアを始めたのも香川県初の試みで、四国でも1、2番目と、常に地域をリードしています。

「年々認知症の患者様は増えていますし、単なる治療ではなく総合的な生活の支援が求められています。治療や介護の機能を分化させながら、それぞれの専門職が連携して患者様とご家族を支えなければなりません。当院には、日本認知症学会の認定専門医が4名勤務しています。県庁所在地にある専門病院として、やるべきことを進んでやるべきと思っています。」

それが認知症に対する渡邊院長の基本姿勢です。

 

認知症の診断時から、患者様とご家族を支える

保健師・精神看護専門看護師 土岐弘美さん
保健師・精神看護専門看護師
土岐弘美さん

精神保健福祉士 若宮由紀子さん
精神保健福祉士
若宮由紀子さん

患者様やご家族からの受診や在宅介護の相談窓口となっているのが認知症疾患医療センターです。同室で勤務する保健師で精神看護専門看護師の土岐弘美さんは、「認知症の場合、ここに相談される時点で、周辺症状などでかなりお困りのことが多いので、ご家族の精神的なサポートまで含めて力になれるよう心掛けています。」と話します。

2011年10月に、香川県の指定を受けて認知症疾患医療センターを院内に開設し、医療相談・鑑別診断、治療や処遇に関する選定などの対応体制がいっそう充実しました。

精神保健福祉士の若宮由紀子さんは、「相談や問い合わせは、患者様やご家族はもちろん、地域包括支援センター、かかりつけ医、保健師さんや民生委員さんなど本当に様々です。認知症の疑いがある方に鑑別診断を受けていただき、その結果を受けてどう治療し、どう生活するかを一緒に考えることが、私たちの重要な役割です。」と話します。

もちろん鑑別診断の結果、同院では症状や希望に合わせて重度認知症デイケアの利用から入院まで受け入れ態勢が整っており、それらを利用する患者様は少なくありません。

「当院では軽度から重度の患者様までお引き受けしますが、うちで言う“軽度”はかかりつけの先生にとっては“中等度”でしょう。多くの入院患者様は、周辺症状が強く出て他の医療機関では対応が難しくなった方々です。」

そう語る渡邊院長の言葉には、専門医としての強い責任感が伺えます。

また、同院では、ご家族の支援体制として家族教室にも力を注いでいます。家族教室は、専門職の講話とご家族同士、スタッフを交えての茶話会の2部構成になっています。

「10年余り、この教室を続けていますが、ご家族にとっては、介護相談の場や悩みを共有することが精神的ストレスの軽減の場となっていると感じています。私たちも参加することで様々な状況におかれたご家族のニーズを理解し、支援方法を改めて考える機会となる大変意味のある教室です。」(土岐さん)と家族教室の意義を実感しています。

 

合併症の検査・診療や退院後のフォローも手厚く

認知症療養病棟(2012年11月より認知症治療病棟に移行)に入院中の患者様の9割の方が重度認知症で、検査自体ができない患者様も珍しくありません。

同院の特長の1つは、そうした認知症の患者様に、認知症の治療だけではなく、身体疾患の定期検診も行っていることです。精神科としては珍しく、早くからCT・MRI検査など検査機器も取り入れ充実させています。

「認知症の患者様は自分で症状を伝えることができませんから、こちらが気づかなければなりません。身体疾患の診断や治療ができることも当院の強みです。」と渡邊院長は話します。

看護師・認知症ケア専門士 岡田マリ子さん
看護師・認知症ケア専門士
岡田マリ子さん

「大きな手術が必要な場合は高松市内の総合病院などを紹介しますが、肺炎など一般内科疾患なら十分対応できます。」(渡邊院長)

認知症療養病棟の看護師、岡田マリ子さんも「認知症療養病棟に身体合併症を持つ周辺症状が激しい患者様が入院した場合でも、重症化が見られれば当院の治療病棟に移ることができるので、ご家族は転院をしないで治療を続けられると安心されますね。」とそのメリットを語ります。

入院中の患者様へのケアとして、看護師、介護福祉士は、排泄や嚥下機能維持のために排泄機能訓練や嚥下体操を行っています。穏やかな気持ちで過ごすことができるように生活環境にも配慮し、肌と肌とのふれあいを大切にしたハンドマッサージなども取り入れています。また理学療法士、作業療法士は拘縮予防として身体機能維持を目的としたリハビリを行っています。臨床心理士は、情緒的な安定を目的とした回想法を小グループで行っています。院内には歯科が設置されているため、口腔ケアにも力を入れています。

さらに同院では退院時のフォローも丁寧できめ細やかです。

「退院前に何回か試験外泊して、最初は病棟看護師とご家庭を訪問し、もっとも不安と思われがちな夜間対応や排泄方法などについて、ご家族と一緒に家庭での生活を工夫します。ご家族が自信をもって対応できるまで試験外泊を繰り返します。」(岡田さん)

精神保健福祉士 大西敬子さん
精神保健福祉士
大西敬子さん

また、「院内からは、担当医師、看護師、精神保健福祉士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士、薬剤師、管理栄養士、在宅サービスの担当者として院外からケアマネジャー、訪問看護師、ヘルパーなどの専門職がケース検討会に参加し、食事や入浴などご家族の負担と不安が少ない方法をチームで検討します。ご家庭での対応が不十分なまま退院をしていただいても良い結果は得られませんので、万全を期して退院をしてもらうようにしています。」と地域連携室 、精神保健福祉士の大西敬子さんは話します。

 

在宅での医療・介護も積極的に支援

ケアマネジャー 今川晴惠さん
ケアマネジャー
今川晴惠さん

在宅医療は、国がこれを促進する方向を打ち出しており、いわき病院でも、指定居宅介護支援事業所シルバーロード、重度認知症デイケアきらくを併設し、積極的に利用者を支援しています。

シルバーロードでは、専門知識を持ったケアマネジャーが患者様とご家族の状況やご希望に合ったサービスを計画します。

同所のケアマネジャー、今川晴惠さんは「利用者様は、中等度から重度の方が多く、ご家族もどうしたらよいかわからなくなってしまいます。私たちが支援をすることで、少しでも住み慣れた環境で長く生活が送れるように、ご家族を含めた援助をしていきたいですね。また、介護保険サービスや重度認知症デイケアを利用しながらご家族の介護負担を減らすことがポイントですね。」と語ります。

また重度認知症デイケアきらくでは、身体を使った運動や脳を活性化させるための頭の体操、回想法、音楽療法、嗜好や趣味を生かした調理、木工、絵手紙など様々な活動メニューを利用者様と考えています。基本はグループ単位ですが、“重度”認知症デイケアの名の通り、周辺症状が重度の利用者様にはスタッフがマン・ツー・マンで対応し、それぞれの症状に応じてすべての利用者様が満足して活動できるよう取り組んでいます。

看護師 真鍋淳子さん
看護師
真鍋淳子さん

「それぞれのメニュー自体も進行予防などに効果が見込まれますが、デイケアに通うことで生活のリズムが整い、症状を落ち着かせる面もあるようです。」と、デイケアきらくの看護師、真鍋淳子さんは指摘します。

「それと、実はここではタバコが吸えるのです。」と渡邊院長が微笑みながら話します。「健康上は問題があります。医療機関としては勧めるわけにはいきませんが、認知症患者様がご自宅で喫煙するのは火の用心を考えると禁止せざるを得ません。しかし、ここなら安全です。様々に自由を奪われておられる患者様らが、この喫煙所で本当に満足そうに吸っておられる姿はほほえましく、私はそんな姿を見ているのが好きなのです。」

 

地域の専門病院として一歩先のケアを目指す

2012年10月には認知症療養病棟から転換した介護老人保健施設「やわらぎ」が開設されます。医療と介護、そして在宅への懸け橋としての機能を目指しています。運営方針として生活機能の維持、認知症の進んだ方にも対処、在宅で過ごせるための援助、入居者と家族の絆の保持を掲げています。

また認知症に関する地域啓蒙活動も、いわき病院の重要な役割です。その中心になっているのは認知症疾患医療センターで、認知症の方を取り巻く地域の方々が認知症の理解を深めることを目的に取り組んでいます。

一方で渡邊院長は「地域として患者様を支えることの重要性」を指摘します。「介護するご家族がいればいいのですが、独居や老々介護が年々増えています。その対応の難しさを近年痛切に感じます。私どもも、認知症疾患医療センターとかかりつけ医の連携を強化するなど、いろいろ取り組んでいるものの、なかなか一足飛びにはできません。国はかかりつけ医の役割を重視する方向を打ち出していますが、例えばかかりつけ医が専門分化している都市部と、1人の医師が複数の科を診ている地方では条件が違います。基準やルールを設けるにしても、地域ごとに柔軟に対応できるようにすべきではないでしょうか。」

そう課題を指摘しながらも、渡邊院長の認知症医療に対する意思は明確です。

 

 

取材日:2012年9月5日
医療法人社団以和貴会いわき病院とデイケアきらくの外観

医療法人社団以和貴会 いわき病院


〒761-1402
香川県高松市香南町由佐113-1
TEL:087-879-3533

施設のホームページへ


 【認知症疾患医療センター】
 TEL:087-879-0275

 【指定居宅介護支援事業所 シルバーロード】
 TEL:087-879-0478 

 【重度認知症デイケア きらく】
 TEL:087-879-0063

 

介護老人保健施設やわらぎの外観

介護老人保健施設 やわらぎ


〒761-1402
香川県高松市香南町由佐102-1
TEL:087-813-7301 

 

特別養護老人ホーム扇寿の外観

特別養護老人ホーム 扇寿


〒761-1404
香川県高松市香南町横井492-1
TEL:087-815-8231 

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ