『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【東北】 > 岩手県 > 岩手県盛岡市 医療法人 あべ神経内科クリニック
医療機関を探す

地域で数少ない“街の専門医”として早期発見、早期治療に取り組む
<岩手県盛岡市 医療法人 あべ神経内科クリニック>

医師 阿部隆志先生 医師 阿部隆志先生

あべ神経内科クリニックの院長である阿部隆志先生は、認知症診療で実績のある岩手医科大学で研鑚を重ねたのち、2003年に同クリニックを開業。岩手県にはわずかしかいない“街の専門医”として患者さんとご家族のサポートに力を注いでいます。

患者さんの主な来院のきっかけは学会のホームページ

「脳梗塞と認知症とパーキンソン病。私が学び、勤務した岩手医科大学の神経内科には、この3大神経疾患が診られないとダメだという強い認識がありました。ですから、私も医大勤務時代から認知症を診ていましたし、自身のクリニックで診療するのも当然のことなんです」。

そう振り返る阿部隆志先生が、あべ神経内科クリニックを開業したのは2003年のこと。以来、認知症の患者さんは年々増えているといい、日本認知症学会、日本老年精神医学会のホームページに掲げられた専門医一覧で阿部先生を知って来院されるケースが多いようです。ちなみに、専門医として両学会で名前が挙がっているのは、岩手県には阿部先生を含め3名しかいません。

「ご家族が患者さんのもの忘れを心配して診察に連れて来られるのですが、すべてが認知症とは限りません。早期診断が非常に大切です」と阿部先生は診療の基本姿勢を語ります。

 

神経内科医としての専門性を認知症診療に生かす

診断に際して阿部先生は、ご家族への問診を重視しています。

「軽度の患者さんならご自身に病気だという意識があり、これまでの経緯なども話せますが、もの忘れが進んでいるとそうはいきません。ご家族から聞くお話が非常に重要ですね。ただ、認知症が進んでも患者さんのプライドは残っていますから、尊厳をもって接しなければなりません」。

問診のほか、MRIによる脳の萎縮の測定や、採血による甲状腺機能などのチェックも行いますが、「神経内科医が認知症を診るときの特長は、身体の状態をしっかり確認できること」だと阿部先生は言います。

「私はパーキンソン病の専門家でもありますが、その知見と経験があるからこそレビー小体型認知症との鑑別ができるわけです。認知症があり、かつパーキンソン病の症状も出ているような判断の難しい症例にも対応できるのが、神経内科医の強みだと思います」。

そう語る阿部先生の口調からは、専門医としての自信と責任感が伝わってきます。

 

投薬に加え、リハビリテーションも積極的に導入

治療の基本は薬とリハビリテーション。「どこの病院でも基本はこの2つでしょうが」と断りながらも、阿部先生は改めてこの“両輪”の重要性を指摘します。

「まず、投薬については条件が許せば早期治療から行った方がよいと考えていますが、最終的にはご家族のご希望なども聞いて決めます。認知症の薬にはいくつかの種類がありますので、例えば飲み薬で効果がみられないときは貼り薬に切り替えたりしますが、患者さんの症状や生活状況などに応じて使い分けが適切にできるようになるのは、知見が蓄積されてからになると思います」。

クリニックには広いリハビリ室も備えている
クリニックには広いリハビリ室も備えている

また、同クリニックには広々としたリハビリテーション室を備えており、そこでは理学療法士と作業療法士らのスタッフが対応にあたっています。

「例えば、トランプは認知機能の刺激になるので採り入れていますが、基本は患者さんが楽しみながらやれること。ですから、音楽療法などにも時間を割いています」という阿部先生は、「他の病院ではアロマを採り入れているそうなんですが、うちでもできないかと・・・・・・」と新たな手法の導入にも余念がありません。

 

ご家族の負担軽減のため、介護にも目を配る

介護に対する細やかで温かい気配りも阿部先生が常に留意していることの1つ。介護保険意見書の作成数は、介護への配慮を示す目安になります。ある全国紙は、岩手県を代表する専門医として阿部先生を採り上げたとき、先生の意見書の月平均作成数が県内で非常に多いことに注目しました。

「介護保険制度が始まった当初は、認定に関して身体機能ばかりが注視されていましたが、近年では認知症の状態も反映されるようになってきました。意見書に詳細な情報までを書き尽くすことはできませんが、いまはどういう症状なのか、今後どう進行する可能性があるのかを留意しながら記しています」。

阿部先生がこのように介護に心を配るのも、ご家族の介護負担の重さを目の当たりにしているからです。

 

増え続ける患者さんに向かい続ける決意

「岩手県は全国平均よりも所得が低いため、介護に関する経済的な負担が重くのしかかるケースが多いのです。また、患者さんの運動機能が低下すると、介護者の社会参加が制限されるなど、介護を継続することに困難が伴います」。

さらに、阿部先生はこう続けます。

「子ども夫婦などのご家族がそばにいればまだしも、いわゆる老々介護が増え、夫婦ともに認知症で、症状が軽い方が介護するというケースも珍しくありません。できる限り施設を活用するなど、介護者の負担を少しでも軽くすることが地域の大きな課題だと思います」。

「認知症、特にアルツハイマー型認知症の患者さんは私たち専門医が驚くほどの勢いで増えています。当クリニックでは、パーキンソン病の患者さんの方がまだ多いですが、近い将来、間違いなく逆転するでしょう。今以上にしっかりと認知症に向かい合わなければなりません」。

阿部先生は決意を込めた言葉で、話を締めくくりました。

 

 

取材日:2012年9月15日
医療法人あべ神経内科クリニックの外観

医療法人 あべ神経内科クリニック

〒020-0878
岩手県盛岡市肴町6-6
TEL:019-606-3711

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ