『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【近畿】 > 兵庫県 > 兵庫県神戸市 はなふさメンタルクリニック
医療機関を探す

患者さん1人ひとりの文化を、医療と介護の両面で支える
<兵庫県神戸市 はなふさメンタルクリニック>

院長 花房廣先生 院長 花房廣先生

「症状」ではなく「人間」を診ることを基本姿勢とし、外来、往診、そしてデイケアによって認知症に取り組むはなふさメンタルクリニック。院長・花房廣先生の専門性の高い診療と、スタッフの緻密なチームワークにより、患者さんとご家族を心身両面からサポートしています。

自らのライフワークとして認知症に向かう

「認知症に向き合った当初は、患者さんの症状ばかり診ていて、患者さん自身を十分に診ることができていなかったように思います。世間では認知症に関する啓蒙が足りないと叫ばれていましたが、実は我々精神科医も理解が乏しかったのです」

そう振り返る花房廣先生が認知症の診療に携わるようになったのは、はなふさメンタルクリニックを開業する前、民間の特別養護老人ホームや老人保健施設に往診していたころのこと。数多くの患者さんに接し「認知症診療を自分のライフワークのように感じた」と当時を思い起こします。

「患者さんとどうかかわっていくかを考えたとき、まず人間として診なければならないと気づきました。これは認知症に限らず他の精神疾患でも同様ですが、いちばん大切なのはその人にとっての本来的な生活、いわば患者さんの文化を維持すること――それが私の基本的な姿勢です」と持論を述べる花房先生は、クリニックの理念に「ひとりひとりの文化を大切にする医療を目指しています」と掲げ、外来、往診、そしてデイケアにおいて、スタッフとともにこれを実践しています。

患者さんという「人間」を診るために

認知症の外来初診ではまず、ご本人の問診、ご家族や介護者など周囲の人からの聞き取りを行います。そして必要に応じて、長谷川式簡易評価スケールや時計描画テスト(CDT)などの検査、外部の医療機関での画像診断を加えます。

「検査するのは初診の約半数くらいですね。問診の際の質問への答え方で、自ずと記憶の障害や取り繕いが見えてきます。患者さんに質問されていることを意識させないよう、普通の会話の中で確かめていくのがポイントです」

「往診では患者さんの生活実態を見ることができますが、外来の場合は家族やまわりの人の確認や部分的な観察になりますので、そのぶん難しい。 “患者さんという人間を診る”ための手だてが必要だと思いました」(花房先生)。

患者さんの作品や行事予定が掲示され、明るい雰囲気のデイケアセンター患者さんの作品や行事予定が掲示され、
明るい雰囲気のデイケアセンター

そうした考えに立って2008年11月に開業したのが、認知症専門のデイケアセンターです。

同センターは医療保険適用の認知症疾患専門施設であり、一般的なデイケアサービスのほか身体疾患の症状変化にもすばやく対応できるのが大きな特長です。

花房先生は「デイケアの利用者には糖尿病や心臓病などの合併症を抱え、血糖値や血圧、心拍が安定していない人が多い。そういう方たちに適切な生活を維持してもらうためにどうすればいいかを常に思案しています」と難しさを指摘しながらも、「多くの患者さんに継続して利用してもらっています」とすっかり地域に根差しています。

 

常にチームとして患者さんとご家族に対応

デイケアセンターを含めクリニックの日常業務を支えているのは、花房先生の専門性の高い診療と、スタッフの柔軟で緻密なチームワーク。花房先生は「私が外来で多忙なこともありますが、デイケアの大半はスタッフに任せています」と大きな信頼を寄せています。

片山さんらスタッフは利用者の状態の変化などを毎日、先生に報告。問題行動が見られた場合などは、会議で対応を協議します。また、ご家族から得られた情報などを共有する姿勢も徹底しています。

デイケアセンター 介護助手 片岡美紀さんデイケアセンター
介護助手 片岡美紀さん

介護助手の片岡美紀さんは、「デイケアに来ているときとご自宅にいるときでは、患者さんの様子が違うこともあります。ご家族とはノートで連絡し合っているのですが、忙しくて書いていただけないこともあり、私が送迎に行った際にお話しされるケースが多いですね。私は医療の資格者ではないので、かえって気軽に言えるのかもしれません」と送迎を情報入手のタイミングとして役立てています。

 

「人間を診る治療」を地域に浸透させたい

外部との連携も重要なテーマの1つ。デイケアの利用者の中には、循環器等の疾患で他の病院の診療を受けている方もあり「必要に応じてその先生と相談し、認知症の治療薬の処方を変えることもあります」(花房先生)と、密な連携を欠かしません。

また花房先生は週の約半分を往診に充て、地域の老人保健施設などを訪問しています。「外来は不安障害、ストレス障害やうつの患者さんが多いですが、往診は全て認知症の方です。施設の場合は職員さんから適宜連絡がありますけれど、単身の高齢者の対応は非常に難しい。ヘルパーさんとの連携が大切です」と課題を指摘します。

「認知症専門デイケアというスタイルをとったのは、医療と介護両方にかかわって人間そのものを診るためです。これからは、この施設を土台にして患者さん一人ひとりに寄り添う姿勢を地域医療に浸透させていきたいと思っています」(花房先生)。

花房先生は、大きな将来像を示して話を締めくくりました。

 

 

取材日:2013年4月5日
はなふさメンタルクリニックの外観

はなふさメンタルクリニック

〒651-2128 
兵庫県神戸市西区玉津町今津366-8
TEL:078-911-2140

 【 デイケアセンター 】  TEL:078-911-2141

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ