『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 千葉県 > 千葉県千葉市 千葉大学医学部附属病院
医療機関を探す

多様な症例が集まる大学病院が地域連携の要に
<千葉県千葉市 千葉大学医学部附属病院>

千葉大学大学院医学研究院 神経内科学 教授 千葉大学医学部附属病院 神経内科 科長 桑原聡先生 千葉大学大学院医学研究院 神経内科学
教授 千葉大学医学部附属病院 神経内科
科長 桑原聡先生

千葉大学医学部附属病院は隣接する放射線医学総合研究所と連携し、アルツハイマー病の検査・診断技術などで成果をあげています。そんな大学病院に地域連携の要である認知症疾患医療センターが誕生しました。

大学病院に認知症疾患医療センターを設立

2012年4月、千葉市の指定・委託による認知症疾患医療センターが、千葉大学医学部附属病院の地域医療連携部内に設置されました。

同院の神経内科と精神科の医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士など多職種の連携により運営され、市内の病院・診療所・高齢者福祉施設や一般市民からの相談を受けて診断や治療につないだり、地域の医療・福祉関係者のネットワークづくり、教育や情報発信に取り組んでいます。

「千葉市の認知症患者は2~3万人だと推定されますが、治療を受けているのは半分以下だと思います。認知症は早期に介入すれば進行を抑えられますから、早めに医療機関を受診して欲しいのですが、実際に受診者が大幅に増えたときに対応できる医療体制が整っているかというと、残念ながら不安があります」と、市の認知症医療の課題を語るのは、認知症疾患医療センター副センター長を務める同院神経内科長(千葉大学大学院医学研究院神経内科学教授)の桑原聡先生です。

対応できる医師を増やすだけではダメ

千葉市医師会が10年にわたって取り組みを重ねてきた結果、現在、14名の認知症サポート医と、100名を超える「かかりつけ医認知症対応力向上研修」修了者がいますが、それだけでは足りないと桑原先生は言います。

重症化したときに受け入れてくれる精神科病院、身体疾患を合併している場合に診てくれる総合病院、さらに患者さんの生活を支える介護・福祉サービスとの連携体制がなければ、かかりつけ医は安心して認知症医療に踏み込むことができません。「センター開設後、市内の総合病院や精神科単科病院などを訪問して、協力を依頼することから始めました。また、地域包括支援センターや、行政が設けたコールセンターなど、相談窓口がたくさんあるのは良いのですが、どこから入っても適切な診断・治療が受けられるよう、ネットワークを整理することも重要です」(桑原先生)。

 

診療科、職種の壁を越えた連携が鍵

千葉大学大学院医学研究院 神経内科学 助教 平野成樹先生千葉大学大学院医学研究院
神経内科学 助教 平野成樹先生

開設1年前からセンターの立ち上げに取り組んだ同院神経内科の平野成樹先生も、院内外で、ほかの診療科の医師や多職種の医療関係者の連携構築に力を入れてきました。

地域で行われる勉強会や会合、行政の担当者との会議などに参加して見えてきたのは、開業医が孤軍奮闘していたり、医療関係者だけが固まって議論している状況。これを修正しなければならないと平野先生は言います。

「最重要課題は、開業医の先生たちをバックアップすること。大学病院には最新の知見やノウハウが蓄積するので、この情報を積極的に発信してこうと思います。同時に『大学病院でも対応に苦労した症例』の存在とその具体的な症状・対応法などの情報を共有していくことも大切です」(平野先生)。

千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部 認知症疾患医療センター看護師 村山紀子さん千葉大学医学部附属病院 地域医療
連携部 認知症疾患医療センター
看護師 村山紀子さん

一般市民向けの啓発活動や、介護・福祉関係者との連携体制の構築もセンターの重要な業務です。同センターの専任看護師である村山紀子さんは、「日本認知症ケア学会が認定する認知症ケア専門士という資格があるのですが、この学会の参加者の職種は看護師、介護福祉士、ケアマネジャーなどと多彩なので、学会や地方会などは情報交換、人脈作りにとても役立ちます。家族会との連携も強めていきたいと思っています」と語ります。

平日午前中の電話相談には受診予約を含めて月に20~30件の電話があり、内容によって外来受診やセンターでの面談へと進めたり、地域包括支援センターにつなぐこともあります。

 

ものわすれ外来は1996年から開設

認知症疾患医療センターが設置されたのは2012年ですが、「ものわすれ外来」の設置はずっと古く1996年でした。外来は、週1回(月曜日)、3人の医師が並行して診察を担当し、月に初診患者さんが10~20人、再診が20~30人訪れています。2013年4月からは前述の平野先生も加わって4診体制となります。

千葉大学医学部附属病院 ものわすれ外来 国立病院機構千葉東病院 神経内科 医長 吉山容正先生千葉大学医学部附属病院 ものわすれ
外来 国立病院機構千葉東病院 神経
内科 医長 吉山容正先生

開設当初からものわすれ外来を担当している吉山容正先生(国立病院機構千葉東病院神経内科医長)は、「大学病院では、一般病院と比べて問診にたっぷり時間をかけられるので、やり甲斐があります」と語ります。

かつては家族からの情報収集もすべて医師が行っていましたが、患者さんが増えてきたため、臨床心理士が患者さんの心理テストを、看護師が家族からの聞き取りを担当し、情報を整理して医師に伝えることで、より多くの患者さんを診ることができるようになりました。

看護師の村山さんは、「分担すると時間短縮だけでなく、心理テストと並行して別室でご家族と話すことができ、患者さん本人の前では言いづらい本音を聞き出しやすいという利点もあります」と語ります。

千葉大学医学部附属病院 ソーシャルワーカー 木村厚子さん千葉大学医学部附属病院
ソーシャルワーカー 木村厚子さん

さらに、吉山先生も「診断の材料として医師が知りたい情報とご家族が話したいことは必ずしも一致しないので、診察前に丁寧な聞き取りをして必要な情報を抜き出してもらえるのは本当に助かります」と、看護師・臨床心理士の働きを評価します。「ただし、信頼しているスタッフとは言え、他人が整理した情報なので、それが先入観にならないよう心掛けています」(吉山先生)。

「多くの患者さんが確定診断の後、かかりつけの先生のところに戻られますが、定期検診などは当院で行うため継続して通う患者さんもいます。長期にわたってサポートしていく仕事に、認知症ならではのやり甲斐を感じます」(ソーシャルワーカー、木村厚子さん)。

 

精神神経科、そして「放医研」との連携

千葉大学大学院医学研究院 精神医学 助教・医局長 千葉大学医学部附属病院 精神神経科 白石哲也先生千葉大学大学院医学研究院
精神医学 助教・医局長
千葉大学医学部附属病院 精神神経科
白石哲也先生

認知症疾患医療センターを神経内科と共に支える精神神経科にも、認知症の患者さんが来院します。以前は中等度から重症になって初めて医療機関を受診する患者さんが珍しくありませんでしたが、最近はかなり早い段階で検査を望む方もずいぶん増えました。「自ら『もの忘れ』に不安を感じて受診されたMCI(軽度認知障害)や軽症の方には、病識のない患者さんとは違う配慮が必要です」と語るのは、精神神経科の白石哲也先生です。心理テストの『簡単さ』に気を悪くする場合もあるので、「簡単な内容で不愉快に思われるかもしれませんが、正確な診断のために真剣に取り組んでください、と予め言うことも多いです」(白石先生)。

MCIでまだ若い患者さんの場合、本人も家族も治療に意欲的で、新しい治療法への興味も強いので、薬物療法・非薬物療法の使い分けや組み合わせなど、実践的な研究も進めていきたいと白石先生は語ります。白石先生、平野先生ほか、同院で認知症に取り組む医師の多くは、大学に隣接する放射線医学総合研究所(放医研)での研究経験があります。放医研では、PETによるアセチルコリンエステラーゼ活性の定量測定ができるので、効果を数字で確かめながら、治療を進めていくことが可能なのです。

 

大学を軸とした地域連携の構築へ

「難しい症例は大学病院や専門医が診ることもありますが、一般のクリニックの協力がなければ認知症医療は成り立ちません。認知症はもう珍しい病気ではないのです」と神経内科の平野先生は言います。

医療・福祉の関係者だけでなく、すべての人が認知症について知り、単に怖がるのではなく、向き合っていかなくてはなりません。「専門家から一般の方まで、みんなで患者さんを支える社会をつくるために、大学病院の先端技術と優秀な人材を活かして取り組んでいきたいと思います」(平野先生)。

 

 

取材日:2013年2月4、5日、3月5日
千葉大学医学部附属病院の外観

千葉大学医学部附属病院


〒260-8677  
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
TEL:043-222-7171(代)

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ