『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【東海北陸】 > 岐阜県 > 岐阜県高山市 須田病院
医療機関を探す

全職種が飛騨地域を牽引する意気を持って
<岐阜県高山市 須田病院>

院長 加藤秀明先生 院長 加藤秀明先生

地域唯一の精神科専門病院として開院当初からずっと認知症に取り組んで来た須田病院。医師の行動を促すほど勉強熱心なスタッフによって常に進化し、地域の認知症医療を牽引する役割を果たし続けています。

飛騨地域の認知症医療の中心的存在

川や緑に囲まれた須田病院 川や緑に囲まれた須田病院

「須田病院は昭和31年の開院からずっと、飛騨地域唯一の精神科専門病院として、地域のニーズに応えてきました。認知症が『痴呆』と呼ばれていた時代から、BPSD(周辺症状)が強く出ている患者さんの治療とケアを当院の使命と考えて取り組んできましたが、ここ数年、認知症患者さんが目に見えて増えています。昨年度はついに、初回入院の患者さんで、認知症が統合失調症を超えて最多原因疾患になりました」と院長である加藤秀明先生は語ります。

同院は岐阜県飛騨地域の認知症疾患医療センターに指定されており、この地域で認知症患者さんが入院できる唯一の病院でもあります。

精神保健福祉士 山下真奈美さん 精神保健福祉士 山下真奈美さん

一般開業医やケアマネジャーからの紹介で、入院を必要とする患者さんが多く訪れていますが、家族からの相談も寄せられます。精神保健福祉士の山下真奈美さんは「高齢の患者さんの中には精神科病院への偏見が残っている方もおられ、受診を嫌がりご家族が困っておられることもあります。しかし、最近は啓発が進み早い段階での相談も増えてきました。当院の施設が新しくなったこともハードルを下げる効果がありました」と語ります。

 

精神科と神経内科、それぞれの強みを生かして

神経内科医 垣内無一先生 神経内科医 垣内無一先生

週に2回の認知症外来を担当しているのは、この病院で唯一の神経内科医である垣内無一先生です。「大学では認知症も含めた脳の変性疾患の治療と研究に取り組んでいました。祖父が開業したこの病院に戻ってきたのは4年前です」(垣内先生)。

院内唯一の神経内科医として、専門性を生かして取り組むのが鑑別診断です。「画像や検査データを参考に原因疾患に迫るのが、神経内科医の得意分野です。一方で、精神科医の症状への考察の深さには、学ぶべきものが多く大変勉強になります」と垣内先生は語ります。

加藤先生は、「私は精神科医なので、脳の障害だけで認知症の症状が決まるとは思いません。同様の検査結果であっても患者さんの現役時代の生活、家族などとの関係、性格などで症状は変わってくると考えます。環境や性格を含む患者さん全体を診なければなりません。しかし、鑑別診断における神経内科医の手腕はやはり素晴らしいですね」と語ります。

精神科医と神経内科医がそれぞれの専門性を発揮して役割分担をしつつ、お互いから学んでいる関係が、同院の強みになっているのです。

 

薬の重複がないか薬剤師がしっかりチェック

薬局長 定岡邦夫先生 薬局長 定岡邦夫先生

須田病院では多くのパラメディカルスタッフが専門性を発揮して活躍しています。特に薬剤師が、医師の出した処方箋をすべて厳しくチェックしているのは、同院の特徴のひとつと言えるでしょう。「高齢の患者さんは合併症を持つことが多いので、飲み合わせや重複をチェックし、できるだけ少ない用量で済むように、薬剤師から疑義照会や処方提案をすることも珍しくありません」と薬局長を務める薬剤師の定岡邦夫先生は語ります。

加藤先生も「我々も精神科の薬については多剤処方にならないように注意していますが、身体疾患の薬はチェックしきれないので、薬局がきちんと管理してくれて大いに助かっています」と薬剤師たちの働きを高く評価します。

地域の調剤薬局との連携を深め、他の病院で処方された薬との重複も是正できる仕組みをつくるため、薬薬連携の取り組みにも力を入れています。

 

作業療法では「できた!」を体験することが大切

作業療法士 小林れい子さん 作業療法士 小林れい子さん

病棟では治療と並行して、作業療法が行われています。「私は認知症病棟と精神科病棟の両方で作業療法を担当しているので、特に感じるのですが、認知症患者さんは、高齢ということも加わり、認知機能だけでなく体力的にも低下してみえる方が多いので、以前はできていたことができなくなるのは珍しくありません」と語るのは作業療法士の小林れい子さんです。訓練をしてもできるようにはならないことも多いので、事前に一人ひとりの生活歴や現在の能力を把握して、必ず「できる」課題に取り組むようにしています。

「得意なことや、好きなことを取り入れた作業療法もよく行いますが、『できたはずなのにできない』という落胆は、得意分野であればより大きくなることにも注意して、できるだけ『できた喜び』を感じてもらえるよう心がけています」(小林さん)。

 

関連老健施設では理学療法を日常的に

須田病院は関連施設をいくつか運営しており、介護老人保健施設(以下、老健)アルカディアでは、認知症を持つ高齢者の介護と看護、在宅復帰に向けたリハビリなどに取り組んでいます。

理学療法士 山越博正さん 理学療法士 山越博正さん

理学療法士の山越博正さんは、「当施設の良いところは、決まった訓練時間以外も私たち理学療法士が現場にいるので、生活の中で訓練ができることです」と語ります。

骨折や脳疾患など身体的なリハビリが必要な利用者さんが認知症を持っていると、一般の病院ではリハビリができず寝たきりになってしまうことが珍しくありません。しかしアルカディアでは、利用者さん一人ひとりの生活リズムを観察し、調子の良いときにフロアでちょっと身体を動かす、といったアプローチが可能なのです。

「徘徊もウォーキングだと思えば寝たきりよりも良いですよ。ベッドから出て動けば、人に会い、見たり聴いたりという五感への刺激があり、それが重要なのです。また、薬が効いているときに集中して訓練するとぐっと良くなることもあります」と山越さんは語ります。

 

家族の苦労を思いやり、自宅復帰をめざす

看護師 玉腰多津子さん 看護師 玉腰多津子さん

アルカディアの看護師、玉腰多津子さんは、「老健は特別養護老人ホーム(以下、特養)とは違って家に帰ることをめざす施設だと、入所前にご家族に理解していただくことは欠かせません。その上で、ご自宅やグループホーム、特養などで暮らせるところまで利用者さんの状態を改善するべく、各関係機関と連携を図っています」と語ります。

アルカディアを利用する前、限界ギリギリまで家族だけで頑張ってきた方も多いので、その負担を軽減することも重要だと玉腰さんは言います。「当施設のショートステイやデイサービスをうまく活用して、無理しすぎないようにして欲しいですね」(玉腰さん)。

また、一般向けの勉強会「すこやかケアネット」を年に2回のペースで開催し、認知症に関する基礎知識、介護の技術、健康づくりなどを伝える活動も平成19年から地道に続けています。「中でも理学療法士の山越さんが指導する健康体操が一番の人気です。予防も治療も含めてより多くの方に継続して参加してもらうことが目的です。楽しめる内容を企画するよう心掛けています」(玉腰さん)。

 

センター方式の導入に向けた準備が着々と

現在、アルカディアでは、認知症介護研究・研修センターが提唱する「センター方式」のケアマネジメントを導入する準備を進めています。センター方式とは、利用者さんの全人的な情報を関係者で共有し、一貫して「利用者さん本位」のケアを行う仕組みです。

介護福祉士 清水昌美さん 介護福祉士 清水昌美さん

介護福祉士の清水昌美さんは、「組織としてきちんと取り組みたいので、リーダーは公式の外部研修を受け、スタッフも月1回の学習会を重ねています。利用者さんの不安が増す『混乱期』にこそ効果があるのではと期待しています。スタッフはみんな決して諦めず、勉強を厭わない人ばかりなので、きっと成果を上げられると思います」と語ります。

垣内先生は、「アルカディアには医師が毎日、回診に行っていますが、スタッフの勉強熱心さには感心します」と評価します。「この熱意を組織全体、そして地域に波及させたいので、私も内外に向けた勉強会に積極的に取り組んでいきたいと思います」(垣内先生)。

「当院はずっと地域の精神医療、認知症医療の中心的存在であると自負して取り組んで来ました。今後も、勉強熱心なスタッフたちが、認知症疾患医療センターとしての取り組みはもちろん、さらに新しい取り組みに挑戦してくれると信じています」(加藤先生)。

 

 

取材日:2013年5月15日

須田病院の外観

医療法人生仁会 須田病院

〒509-4124
岐阜県高山市国府町村山235番地5
TEL:0577-72-2100

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ