『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 神奈川県 > 神奈川県川崎市 日本医科大学武蔵小杉病院
医療機関を探す

街ぐるみ認知症相談センターによる気軽な無料相談で、
認知症の早期発見に貢献
<神奈川県川崎市 日本医科大学武蔵小杉病院>

日本医科大学武蔵小杉病院 内科 教授 / 認知症街ぐるみ支援ネットワーク 代表 北村伸先生 日本医科大学武蔵小杉病院 内科 教授
認知症街ぐるみ支援ネットワーク 代表
北村伸先生

日本医科大学武蔵小杉病院は、神奈川県川崎市南部の基幹病院として地域の認知症医療をけん引し、行政をまき込んで、地域の医師、介護職との連携を推進し、認知症患者さんを地域全体でサポートする仕組みづくりに取り組んでいます。その一環として全国で唯一、一般市民がもの忘れを気軽に相談できる街ぐるみ認知症相談センターを設置。早期発見・早期治療につなげ、認知症になっても安心して暮らせる街づくりを目指しています。

認知症疾患医療センターと街ぐるみ認知症相談センターを設置し、
地域の認知症医療をけん引

日本医科大学武蔵小杉病院は、認知症診療が十分でなかった頃より治療に取り組み、地域連携のための診療体制を構築してきました。川崎市内の認知症医療をけん引してきた同院の認知症センターは、2012年に川崎市の認知症疾患医療センターとなり、名実ともに地域の中心的存在となっています。このような取り組みの中で、地域で認知症の人とその家族を支えるためのネットワークづくりと、早期発見・早期治療を広めるために市民が気軽にもの忘れを相談できる窓口を設置する必要性が生まれ、2007年に「街ぐるみ認知症相談センター」が設置されました。

地域に根付いた認知症早期発見への取り組みをはじめ、最新の知見に基づいた診療の提供と、医療と福祉を結ぶ地域連携の促進により、同院は全国に先んじて地域ぐるみで認知症患者さんを支えるネットワークを築いています。

 

患者さんとご家族の目線での診療

「認知症は薬物治療も大切ですが、患者さんの生活背景を含めた全体を診て、生活への障害を改善することが大事だと考えています」と、同院の神経内科医で認知症疾患医療センターと街ぐるみ認知症相談センターの代表を務める北村伸先生は語ります。北村先生は、まだ同院で認知症診療が行われていなかった14年前に赴任後、地域で患者さんを診る必要性を認識し、認知症診療を中心となって行ってきました。

同院の外来では認知症患者さんに内科を受診してもらい、神経内科を中心に精神科、脳神経外科で診療を行っています。現在、同院の神経内科では5名の医師で診療を行い、北村先生は週2回外来を担当し、月100名程度、のべ200~300名程度の患者さんを受けもっています。

初診時は、詳細な問診、神経学的・精神医学的診察、認知機能検査を行い、必要に応じて画像診断を実施しています。患者さんへの問診は北村先生自身が行い、病歴や普段の生活の様子、BPSD(周辺症状)があるかどうかなど、患者さんの状態を詳しく聞き取っています。

「問診票もありますが、直接、話を聞くことで得られる情報が大切だと考えています。患者さんの話の内容だけでなく、話し方や表情なども診断には重要なポイントとなります。また、ご家族からも話を聞くことで、ご家族と患者さんの関係性も察することができ、その後の診療方針を決める上で欠かすことができません」(北村先生)。

治療薬の選択においても、薬のメリット・デメリットを説明し、一番継続しやすいものを選択してもらうなど、患者さんやご家族と同じ目線で治療を進めるよう心がけています。

 

早期発見・早期治療のための地域連携の取り組み

「私が認知症診療に取り組みはじめた頃は認知症治療薬がまだなく、診断をしても内科では十分な治療ができず精神科に引き継ぐことがほとんどでした。しかし、認知症治療薬の登場により進行を予防する治療が可能になり、患者さんを早く見つけ、早く診る診療ができるようになったのです」(北村先生)。

同院では、積極的に早期発見・早期治療を進めるために、地域の開業医の先生方とともに認知症診療について勉強するカンファレンスセミナーの会を発足。川崎市と共催で市民公開講座を開催することで、地域の医師や住民に認知症の早期発見・早期治療の重要性を伝える活動を行ってきました。その積み重ねによって同院での認知症診療への取り組みが広まり、患者さんが増えてきたのです。

認知症の診断がついた患者さんは、通いやすいかかりつけ医に戻すのが同院の方針です。薬物治療や経過観察はかかりつけ医に任せ、患者さんの症状が安定しないなど専門的判断が必要なときは同院を受診してもらうなど、かかりつけ医が安心して認知症患者さんをみ続けられるよう、医療連携には力を入れています。

 

ケアが必要な患者さんとご家族には、医療者と介護職との連携会議を実施

日本医科大学武蔵小杉病院 医療連携室 医療福祉相談室 医療ソーシャルワーカー 小泉嘉子さん 日本医科大学武蔵小杉病院 医療連携室
医療福祉相談室 医療ソーシャルワーカー
小泉嘉子さん

同院の医療福祉相談室では、医療ソーシャルワーカーの小泉嘉子さんらが、認知症患者さんとご家族をサポートし、地域連携に取り組んでいます。

医療福祉相談室には、中等症から重症の患者さんやご家族からの相談が多く寄せられます。最近では、近隣住民に迷惑がかかっているなど、ご家族では抱えきれない緊急の対応を迫られる事案も増えてきたと、小泉さんは感じています。

「私たちソーシャルワーカーは、医師や看護師よりも時間が取りやすいので、ゆっくりじっくり、ご家族のお話を聞くことができます。ご家族はたくさんの不安と困窮を抱えて相談に来られますが、まずは傾聴して、気持ちを少しでも和らげられるよう心がけています」(小泉さん)。

また、小泉さんは、ご家族の負担が大きい場合や緊急性のある場合は、担当のケアマネジャーや介護職の方に病院に来てもらい、医師や看護師など医療者と顔を合わせて、今後の方針について話し合うカンファレンスを開催するなど、医療者と介護職の連携の中心的な存在として活躍しています。「カンファレンスに参加したケアマネジャーさんからは、『患者さんの病状を初めて知った』『こういう薬を飲んでいたんですね』という声が聞かれます。医師や看護師から直接話を聞き、情報を共有することで、患者さんの状況をより理解できます。患者さんが適切なケアを受けるために、今後は医療者と介護職の連携が欠かせないと考えています」と小泉さんは前を見据えて話します。

 

患者さんだけでなく、ご家族の気持ちにも寄り添う治験コーディネーター

日本医科大学武蔵小杉病院 看護師・治験コーディネーター 望月瑠美さん 日本医科大学武蔵小杉病院
看護師・治験コーディネーター
望月瑠美さん

日本医科大学武蔵小杉病院 看護師・治験コーディネーター 吉田房江さん 日本医科大学武蔵小杉病院
看護師・治験コーディネーター
吉田房江さん

大学病院である同院では、アルツハイマー型認知症の新しい治療薬開発のための治験を行っています。治験に参加する患者さんをサポートするのは、外来看護師で治験コーディネーターを兼任する望月瑠美さんと吉田房江さんです。

「患者さんとご家族は、最新の治療を受けたいという想いと、治験薬は不安という想いが入り交じっています。一方で治験に参加すると定期的に全身チェックが受けられるというメリットがあります。合併症がなく参加条件に適した患者さんが受診された際は、選択肢のひとつとして参加を提案しています」と望月さんは話します。

治験に参加する患者さんには、診察や検査、臨床心理士との面接など、来院ごとにコーディネーターが付き添ってサポートします。「一緒にいる時間が長いので、外来で接するよりも患者さんとのかかわりは濃くなりますね。外来だと診察が終わったあとに、『これを相談したいけどできなかった』という患者さんやご家族が結構多いんです。でも治験に参加されている方には、コーディネーターが診察前にまずお話を伺いますので、困ったことを相談しやすいと思います」と吉田さん。

さらに心理検査などで患者さんが席を外している間に、ご家族から何に一番困っているか、ご自宅での状況を聞き出すなど、治験コーディネーターの立場をいかしたサポートを行っていきます。

「治験コーディネーターとして患者さんやご家族に付き添っている時間を有効に使おうと心がけています。患者さんだけでなく、ご家族の気持ちにも寄り添っていければいいですね」という望月さん。介護疲れでストレスがたまっているご家族には、デイサービスなど社会的なサービスを利用して少しでも休んでもらうよう、アドバイスすることもあるそうです。

 

認知症早期発見を目的に、街ぐるみ認知症相談センターを設立

街ぐるみ認知症相談センターの相談室の様子 街ぐるみ認知症相談センターの
相談室の様子

同院で認知症の早期発見を促すためのさまざまな取り組みを行ってきた北村先生ですが、「認知症への関心は高まっているが、一般市民が気軽に相談できる場が少ない」と感じていました。

「認知症を早く発見し診断できれば、患者さん自身で将来のことを決める時間が持てますし、ご家族も介護の準備ができる。それに早く治療を開始すれば、それだけ長く自宅での生活を続けられます。早期発見・早期治療の実現のためには、誰もが気軽に相談できる場所が必要です」(北村先生)。

認知症医療の大命題を掲げる北村先生は、日本医科大学の付属機関である老人病研究所と協力し、2007年、文部科学省の研究事業の助成を受けて、街ぐるみ認知症相談センターを設立しました。

文部科学省の研究事業としての役割は5年間で終了し、現在は日本医科大学にその基盤を移して、同院の認知症センターの相談部門として活動を継続しています。

日本医科大学街ぐるみ認知症相談センター 運営スタッフ 並木香奈子さん 日本医科大学街ぐるみ 認知症相談センター
運営スタッフ 並木香奈子さん

相談センターで相談者さんやご家族の対応にあたっているのは、臨床心理士や数名の相談員。立ち上げから運営にかかわっているスタッフの並木香奈子さんは、「認知症に特化し市民が気軽に相談を受けることができるセンターは、全国でもほかに例をみない」と胸を張ります。

「『気になることがあればどなたでもどうぞ』というのが相談センターの趣旨。相談は無料で、年齢やお住まいの地域にかかわらず、誰でも利用可能です。予約も不要ですので、もの忘れが心配だけど病院に行くのは抵抗があるという方にも、気軽に足を運んでいただけます」(並木さん)。

 

臨床心理士による情報提供書で、地域のかかりつけ医との連携を強化

相談センターには、川崎市内を中心に1日平均4~5名の方が来所し、2013年8月末までで、のべ約4,600名の方が来所しました。

相談者さんやご家族が来所すると、相談内容を確認し、もの忘れが心配で来所された方にはタッチパネル式の「もの忘れチェックテスト」を実施します。ここで認知症によるもの忘れが疑われた場合、生活の状況等を詳細に聞き、MMSE(認知機能検査)を用いた神経心理検査を行います。

日本医科大学街ぐるみ認知症相談センター 臨床心理士 根本留美さん 日本医科大学街ぐるみ 認知症相談センター
臨床心理士 根本留美さん

神経心理検査を担当する臨床心理士の根本留美さんは、「テストを受けた方の約3割が、なんらかの対応が必要な状況です。その場合はご本人やご家族の同意を得て、相談の内容や検査の結果をもとに、かかりつけ医あての情報提供書を作成し、相談者さんにはそれを持ってかかりつけ医を受診するよう伝えています」と語ります。

情報提供書にはFAX返信用紙を同封し、患者さんを自分で診るか、専門医に送るか等を記入して、かかりつけ医から相談センターに返信してもらえるようにしています。「FAX用紙でのやりとりによって、受診後も相談者さんをフォローし、かかりつけ医との連携をスムーズに行えるようになった」と根本さんは言います。この取り組みは、心理士さんの詳細な情報が診療に役立ったと、かかりつけ医の先生からも好評を得ています。

「相談に来てよかったと思っていただけるよう、医療や介護サービスにつなげるなど、その日のうちに方向性を定め、相談がよりよい着地点に到達することを目指しています」(根本さん)。

検査の結果、特に問題がなかった場合でも、半年ごとに来所のご案内を送るなど、個々の相談者さんに対してきめ細かく対応しています。「もの忘れは経過を見ていくことが大切。早期発見につなげるためにも、定期的な検査を呼びかけて、地域住民にとっていつでも頼りになる存在でいたいと思っています」と、並木さんは笑顔で語ります。

 

病院と相談センターで共に目指す認知症患者さんが住みやすい街づくり

日本医科大学武蔵小杉病院のみなさん 日本医科大学武蔵小杉病院のみなさん

「相談センターのことを常に気にかけている」という北村先生は、外来診療や研究で忙しい合間をぬって、毎日相談センターに立ち寄ります。また、病院と相談センターにかかわる、ボランティアも含めたスタッフ全員と、月1回の運営会議を開催し、同院が目指す「認知症になっても安心して暮らせる街づくり」という目標を統一できる場を持っています。

病院で認知症診療にあたっているスタッフも、相談センターの役割の大きさを感じています。外来看護師の望月さんは、「相談センターから患者さんが紹介されることはよくありますね」と言います。逆に、ご家族からもの忘れを指摘されたので北村先生の診察を受けたいという問い合わせがあると、「まずは無料相談を受けてみては」と、相談センターを案内することもあるそうです。

吉田さんも「『病院を受診する前に相談センターでゆっくり話を聞いてもらえてよかった』という声をよく聞きます」と話します。

 

より円滑な認知症ネットワークの推進を目指して

「患者さんが住み慣れた地域で、継続した治療とケアを受けるためには、医療機関だけでなく、介護者や地域住民、介護施設、行政とのネットワークづくりが不可欠だ」と北村先生は訴えます。

「都市部では近隣との付き合いも少なく、独居や夫婦二人で生活する高齢者世帯が増えています。先日もご主人が入院してみたら認知症であることがわかり、奥さんも認知症があってお見舞いに来る途中で道に迷ってしまった、という例がありました。地域のネットワークがうまく機能すれば、このような高齢者世帯も多方面から見守ることができるはずです」(北村先生)。

同院では、地域の認知症医療をけん引するとともに、認知症にかかわる医療・介護・行政・看護職の方々を集めた連携会議を開催しています。北村先生も「お互いの顔を知るだけでも連携のきっかけになりますから、一歩前進ですね」と、手ごたえを感じています。

また、相談センターでも、川崎市との共催で年1回の市民公開講座や地域の老人会での講演、お祭りでもの忘れ検査体験等を実施し、早期発見・早期受診を目的としてさまざまな啓発活動を行っています。さらに地域包括支援センターや社会福祉協議会等の会議の場で認知症の人とその家族を支えるためのネットワークづくりに力を入れています。

「認知症患者さんの半分ぐらいしか医療機関を受診できていないのが現状だと考えています。必要な人にサポートが届くように、ネットワークがもっと円滑に機能するようにしていきたいのですが、『これがベスト』という方法はありませんから。やはり少しずつでも続けていくしかないですね」と語る北村先生。穏やかながらも力強い語り口からは、認知症医療におけるネットワークづくりへかける思いが伝わってきました。

 

 

取材日:2013年8月26日

日本医科大学武蔵小杉病院の外観

日本医科大学武蔵小杉病院

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
TEL:044-733-5181(代表)

施設のホームページへ

 

日本医科大学 街ぐるみ認知症相談センターの外観

日本医科大学 街ぐるみ認知症相談センター

〒211-8533
神奈川県川崎市中原区小杉町1-396
日本医科大学武蔵小杉キャンパス 南館1階
TEL:044-733-2007

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ