『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 新潟県 > 新潟県新潟市 医療法人潤生会 県庁前神経内科クリニック
医療機関を探す

街の専門医として“人と人”が向き合う認知症診療を
<新潟県新潟市 医療法人潤生会 県庁前神経内科クリニック>

県庁前神経内科クリニック 院長 小林央先生 県庁前神経内科クリニック
院長 小林央先生

神経内科を専門とする小林央(ひさし)先生は、大学病院、総合病院で経験を重ねたのち、2011年に県庁前神経内科クリニックを開業。“街の専門医”として認知症の的確な鑑別、診療に注力する一方、一般市民への啓蒙や地域連携にも積極的に取り組んでいます。

一人の人間として患者さんに向き合う

その名称の通り新潟県庁のすぐ前、幹線道路である国道116号に面した一角にある県庁前神経内科クリニック。院長の小林央先生は、学生時代の恩師との出会いをきっかけに神経内科の道を選んだと振り返ります。

「新潟大学神経内科の初代の教授として東大から来られた椿忠雄先生が、私が所属していたクラブの顧問に就かれたのです。とても気さくに、ざっくばらんに話していただける方で、そのご縁から私も神経内科を自らの専門としました」(小林先生)。

小林先生は大学病院の神経内科病棟長、総合病院の神経内科部長などの経験を重ねたのち、2011年に開業。「患者さんから求められることが病院時代とは違うことを日々実感しています」と語ります。

県庁前神経内科クリニックの皆さん 県庁前神経内科クリニックの皆さん

「街のクリニックでは、病院の勤務医のように特定の病気のみに専念するわけにはいきません。特に高齢者の場合、疾病がひとつだけということはむしろ少なく、何らかの合併症を抱えておられる場合が大半です。ですから神経内科を専門としながらも、患者さんの全身を診るという姿勢で常に診療に臨んでいますし、医師と患者としてだけではなく“人と人”として患者さんに向き合うよう努めています」(小林先生)。

 

あやしいと感じたらすぐに検査を

小林先生は勤務医時代から認知症の診療にあたってきましたが、当時は決して診療の中心ではなく、開業してからの方が診療機会が増えたといいます。

「患者さんの大半が、当クリニックの近隣にお住まいの方です。ご本人がもの忘れを自覚して受診されることは少なく、ご家族が気付いて相談に来られる場合が多いですね。また、地域の内科の先生のご紹介やケアマネジャーさんの勧めで来院される方も増えています。現在、認知症で通院しておられるのは100名ほどです」

そう語る小林先生は「別の病気の治療の途中で、患者さんのもの忘れに気付くこともある」と指摘します。

「例えば、高血圧の治療で通院されていた高齢者の方を診ていて『もの忘れでは?』と感じたら、処方したお薬を持ってきてもらって飲み忘れがないか確認し、必要と思えばすぐに検査します。早期に発見することが認知症の治療においてはいちばん重要ですし、それが専門医としての役割だと思っています」(小林先生)。

 

的確な鑑別こそが治療の要

クリニックに設置されている全身用マルチスライスCT装置 クリニックに設置されている
全身用マルチスライスCT装置

県庁前神経内科クリニック 看護師 大島留美子さん 県庁前神経内科クリニック
看護師 大島留美子さん

小林先生が診察において重視しているのは、緊急性の高い病気を除外すること、そしてどのようなタイプの認知症なのかをしっかり鑑別することです。

「もの忘れを訴えて来院された患者さんを検査すると、慢性硬膜下血腫など緊急の処置を要する疾患が見つかる場合がありますので、院内のCTで脳の状態を必ず確認します」 

「また、認知症の7割はアルツハイマー型だとされ、当院の患者さんもほぼ同様の割合ですが、レビー小体型、脳血管性、パーキンソン病に伴うもの、さらに進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症など、アルツハイマー型以外も約3割ありますから、これらの鑑別が治療を行う上で非常に大切です」(小林先生)。

検査はまず病歴の確認などからスタート。「用いる問診票は当クリニックのオリジナルです。開業当初はなかったのですが、聞きたい内容を網羅したものを、試行錯誤を重ねながら作りあげました」

そう語る看護師の大島留美子さんは、同クリニックの開業当初からのスタッフ。小林先生とは同じ病院の神経内科で勤務した経験もあり、「BPSD(周辺症状)を含め認知症の患者さんの対応に長けている」と小林先生は全幅の信頼を寄せています。

 

病院での勤務経験があるから他院との連携はスムーズ

大島さんが留意しているのは、問診票を元に診察の次のステップにつながるようなエピソードを確かめることです。

「病歴や家族構成などの情報はもちろん重要ですが、日常生活のどこに支障があるのか、何に困っているのかをできるだけ具体的に聞き出すことが大切です。もちろん内容によってはご家族だけからお話を聞くなど、ケースバイケースで対応しています」(大島さん)。

小林先生の診察まで含めて約1時間。鑑別の結果、患者さんに通院してもらう場合と、必要に応じて専門の病院を紹介する場合があります。

「私は病院で長く勤務しましたから、病院の先生方がどのような検査治療をするのかをよく知っています。その意味では病院との連携は非常にスムーズですね。より詳細な検査や治療が必要な患者さんは、相互連携する地域中核病院に紹介しています」(小林先生)。

 

治療だけでなく生活面でのアドバイスも

同クリニックでは投薬での治療や専門病院の紹介だけではなく、介護保険制度の紹介など生活面でのアドバイスにも心を配っています。

「患者さんのBPSDが発現してから当クリニックに連れてこられるご家族も少なくありません。その場合、毎日の生活の中でBPSDにどう対応していいか分からず、また介護保険制度の存在を知らない方がほとんどです。ですから認知症の症状についてご説明するとともに、BPSDの対処法や介護保険サービスの利用方法までをお話しします」(小林先生)。

一方で大島さんは「患者さんやご家族との人間関係づくりが大事」だと指摘します。

「私の看護のベースになっているのは、もちろん病院時代の経験ですが、患者さんが置かれている環境は病院とクリニックでは異なります。病棟の患者さんの毎日は病気を治すためにありますが、クリニックの患者さんにはそれぞれの生活や仕事があり、治療だけが生活の中心ではありません。2週間に1度、月に1度しか来院されない患者さんとどう関係をつくっていくのか、考えるべきことは多いと思います」(大島さん)。

 

高齢化が進む新潟市で、地域連携のいっそうの強化を

これからの認知症ケアを展望するとき、小林先生と大島さんは共に「啓蒙」を課題に挙げます。

「先に述べたように、認知症の症状や介護保険制度の仕組みなどについて、情報が広く行きわたっているとはいえません。『年なのだから、もの忘れがあっても仕方がない』とあきらめている方がまだまだ多いのが現状です」(小林先生)。

「受診に来られる方には手を差し伸べることができますが、その意思がない方にどうやって来院してもらうかを考えないといけません」(大島さん)。

小林先生は、新潟市の社会福祉協議会との連携による講演を通じて啓蒙に努める一方、医療・介護関係者の連携も重要な課題としてとらえ、地域連携パスの作成にも積極的に参加しています。

「残念ながら新潟市における地域連携は決して進んでいるとはいえず、パスの作成も最近になってようやくスタートしたところです。80万の人口を抱える新潟市で今後高齢化が進めば、専門医だけで認知症を診ることはできません。専門医とかかりつけ医、そして介護関係者がお互いに顔の見える関係をつくり、連携して患者さんとご家族を支えることが必要です。当クリニックはその連携の中にあって認知症相談医としての役割をしっかり果たしていきたいと思います」(小林先生)。

 

 

取材日:2013年12月5日

県庁前神経内科クリニックの外観

医療法人潤生会 県庁前神経内科クリニック

〒950-0962
新潟県新潟市中央区出来島1-5-52
TEL:025-282-2266

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ