『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 神奈川県 > 神奈川県相模原市 医療法人社団徳寿会 相模原中央病院
医療機関を探す

急性期疾患を患う認知症患者さんの受け入れと、
進行抑制のためのトータルケア、地域で求められる認知症医療を実践
<神奈川県相模原市 医療法人社団徳寿会 相模原中央病院>

医療法人社団徳寿会 相模原中央病院 理事長 中野重徳先生 医療法人社団徳寿会 相模原中央病院
理事長 中野重徳先生

相模原市の中心部で、外科・脳神経外科を中心とした急性期病院として、地域医療に貢献してきた相模原中央病院。急性期疾患で入院が必要になった認知症患者さんを受け入れる体制を整え、入院治療下で認知症を悪化・進行させないための取り組みを実践しています。また、外来では、理事長の中野重徳先生が中心となって認知症患者さんの診療を行い、栄養管理も含めたトータルケアを行っています。このように同院では、認知症患者さんの外科系疾患の急性期対応から、地域医療機関との連携、外来での管理、訪問看護などさまざまなかたちで認知症のケアに注力。今後の患者数の増加を視野に、積極的に取り組んでいます。

急性疾患で入院が必要になった認知症患者さんの受け入れ

「外科・脳神経外科をメインに掲げていますので、緊急手術入院など急性期の患者さんの受け入れにも対応していますが、これらの患者さんは高齢で、認知症を基礎疾患にもつ方が多くみられます。当院では、認知症の患者さんの急性期入院についても、できるかぎり受け入れています」。そう語る理事長の中野重徳先生が、相模原中央病院を開業したのは1970年のこと。「現在では高齢者の増加により、なんらかの疾患を合併した認知症患者さんが非常に増えており、このような患者さんの合併疾患の急性期対応がますます重要になってくると考えています」(中野先生)と語ります。

 

入院患者さんの安全面への配慮

脳外科病棟 看護師長 栗田律子さん 脳外科病棟 看護師長
栗田律子さん

認知症患者さんの入院に対し、同院では認知症専門病棟を設置しているわけではありません。それでも、現場のすべてのスタッフが患者さんの背景を理解し、認知症の方が入院されたときは特別な配慮で取り組んでいます。

脳外科病棟看護師長の栗田律子さんは「急に入院することが決まり不安に思う認知症の患者さんは、検査や治療の状況を理解できず、点滴を外したり病院内を徘徊する場合がありますが、このような患者さんの看護で最も心配りが必要なことは“転倒”を防ぐことです。患者さんがベッドから離れたらブザーがなるようにして、できるだけスタッフが目を離さないようにしています」と語ります。

 

入院がきっかけとなった発症や進行を防ぐために

安全面を考えるあまりベッドから動かさないようにしてしまうと、入院前の日常に比べ静かで刺激の少ない環境だけに、入院中に認知症の発症が確認されたり、症状が進んだりする場合があります。そのため、患者さんを放っておかないことは、病棟で大切にしていることのひとつ。

栗田さんは「ただベッドに寝て白い天井を見ているだけだと、わずか半日で明らかな認知症の症状が出てくる場合があります。ベッドの角度を少し変えるだけで、患者さんの景色は変わります。入院が認知症の発症や進行のトリガーにならないように、患者さんの負担は何か、いつも考えて行動するように意識しています」と気を配り、患者さんには早期のリハビリテーションを促しています。

中野先生も「高齢者は長期間の運動不足や精神的刺激が少ないことによって廃用症候群になり、認知症発症のきっかけにもなります。当院は平均在院日数15.6日と、できるだけ短期間に退院できるようにスタッフ全員で取り組んでいます」と語ります。

 

退院後の支援について、入院前から相談することでご家族との関係を構築

医療相談室室長 医療ソーシャルワーカー 斉藤正和さん 医療相談室室長 医療ソーシャルワーカー
斉藤正和さん

同院では、できるだけ速やかに急性期の入院治療を終え、自宅に帰ってもらえることを大切にしていますが、多くの患者さんは退院後にリハビリが必要であり、介護施設の利用や入所が必要になります。そうした退院後の連携の橋渡し役を務めているのが、医療相談室室長で医療ソーシャルワーカーの斉藤正和さんです。

地域連携には患者さんを受け入れる“前方連携”と、退院後の受け入れ先を調整する“後方連携”があるといい、斉藤さんが主に担当しているのは後方の連携。その実務にあたって常に心がけているのは、患者さんやご家族、連携先と早め早めにコミュニケーションをとり、患者さんに必要なケアを探ることです。

「明後日が退院という段階になってから退院先を探していたのではその方にとってベストな選択にならないこともありますし、“追い出された”という印象を与えかねません。だからできるだけ早い段階、入院直後や場合によっては入院前から退院後の話し合いをして、その方にあった介護の方向性が見いだせるように信頼関係をつくっていきます」(斉藤さん)。

中野先生も「患者さんの置かれている環境、家族構成、社会的地位、基礎疾患を配慮して、どちらを向いてケアを行っていくかを決めることが大切」とうなずきます。

栗田さんは「入院によって、一時的に認知症が進んでしまうことがありますが、多くのご家族は状況を受け入れられず混乱されます。その後のケアによって回復する可能性があることなど、実例を交えて心を込めてお話しするようにしています」と退院時のご家族への説明に配慮をみせます。

 

外来では、栄養面も配慮した認知症のトータルケアを担う

同院では、脳神経外科の外来で認知症患者さんの外来診療を行っています。患者さんはカルテベースで1,700人以上受診されており、そのほとんどを受け持つのが、理事長の中野先生。「ちょっとしたもの忘れのご相談や、他院の治療で改善しないという方、また、急性期の脳梗塞や心疾患と併せて認知症をお持ちの場合など、患者さんの症状は本当にさまざまですね」(中野先生)。

中野先生のもともとの専門は脳神経外科ですが、約10年前に見つかった自身の前立腺がんを手術や抗がん剤ではなく、体内に正常な分子バランスを作りだす分子整合栄養医学と、体内にたまった有害金属を排出するキレーションで克服。

患者さんの治療にもこれらを積極的に採り入れ、特定の症状だけではなく全身を診ること、バランスのとれた健康状態を維持もしくは回復することに重きを置いています。

「認知症も例外ではありません。脳の画像診断などももちろん行いますが、栄養状態もつぶさにチェックしています」(中野先生)。

 

「どういうもの忘れなのか」を確認することが重要

高次脳機能検査を実施している様子 高次脳機能検査を実施している様子

初診時は患者さんとご家族の問診の結果、認知症の疑いがある場合、血液検査、脳波、MRI装置を利用するVSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)を行い、鑑別診断や重症度を確認した上で、高次脳機能検査で詳細に症状を確認。高次脳機能検査には、長谷川式簡易評価スケール、MMSE(認知機能検査)、レーベンマトリックス、仮名ひろいテストなどを採り入れています。

「脳血管性など画像で診断できるものもありますが、認知症の鑑別は総じて難しい。慎重な判断が必要です」と、中野先生は厳しい表情で指摘します。

「例えばあるときの記憶が欠如しているのは、てんかんの欠神発作による意識消失によることがあります。これは画像検査ではわからず脳波で確認できますが、まず問診の時点でどういうもの忘れなのか、記憶がないのか、話の食い違いなのかを確認することが大事です」(中野先生)。

 

栄養状態の改善と、日常できるリハビリが進行抑制のカギ

診断がついた患者さんには薬を処方しますが、同時に「栄養状態を良くすることが認知症の進行抑制や他疾患の予防において重要である」と中野先生は持論を述べます。

「みなさん甘いものや炭水化物はよく食べるのに、ビタミンやミネラル、特に亜鉛、鉄などの摂取が足りません。例えば、ビタミンB6、ビタミンB3(ナイアシン)はエネルギー代謝での重要な役割を担っています。不足すると脳内の神経伝達物質が十分に作られず、うつや神経症などが起こりやすくなるため、栄養状態が改善されない場合は補う必要があります。 神経伝達物質のアセチルコリンの減少がアルツハイマー型認知症の発症に何らかの影響を及ぼしているので食事で、アセチルコリンの前駆体であるレシチン(ホスファチジルコリン)を多く含んでいる卵黄、レバー、大豆を食べるよう指導をしています。また、栄養素の吸収を妨げる薬を服用していないか、服用薬にも注意します」(中野先生)。

中野先生はさらに「認知症の進行を防ぐには、適度に刺激がある毎日を過ごすことが大事」だと指摘します。刺激、脳トレ、運動などによってシナプスが増えると、新たな情報伝達のネットワークが作られます。

「私はよく患者さんに『楽しいことはありますか?』と聞くんです。楽しいことを見つけられているかどうかが疾患の進行予防には重要です。何もしないでいると症状が進んでしまいかねませんので、少し歩くだけでいいからと散歩などの適度な運動を勧めています。日記を書くこともいいですね。その日に見た風景などを思い出しながら文章を書いているうちに、昔の記憶がよみがえることもありますよ。これは予防にもいいと思います」と、中野先生は患者さん自身が抵抗なく取り組める日常の小さな試みが、リハビリとなることを説きます。

 

地域の医療機関からの検査要請にも対応し、医療連携を実践

地域医療連携室室長 看護師 柴崎敦さん 地域医療連携室室長 看護師
柴崎敦さん

病院内の検査設備 MRI 病院内の検査設備 MRI

同院では、地域のクリニック等から認知症の鑑別診断や重症度診断の検査依頼を受けることもよくあります。検査の受付など医療連携に対応しているのは、地域医療連携室室長で看護師の柴崎敦さんです。

「MRI検査の依頼を受けた場合、頭痛などの精査が目的なのか、認知症疑いでの精査なのかをクリニックの医師に確認することを心掛けています。認知症の評価目的である場合は、同じMRI検査でも、VSRADによる検査を勧めると共に、高次脳機能検査を併せて受けていただくことを提案しています。双方を望まれた場合は1日で検査がすむように、日程や時間調整を行うなど配慮しています。地域の先生方の医療ニーズにできるだけ添った形で応えられるようにしています」と依頼を受ける段階から心配りを欠かしません。柴崎さんは、このほかにご家族からの医療相談を受けるなどの退院支援をはじめ、受診相談も行っています。地域で困っている患者さんをひとりでも減らすことができるように、日々奮闘しています。

 

訪問看護ステーションを通じた認知症患者さんのケア

同院では、訪問看護ステーションを関連施設として有し、外来に来られない患者さんの自宅でのリハビリのサポートを主な業務としています。認知症の患者さんへの訪問看護業務を行っている訪問看護師の野田和子さんは「訪問看護師は、患者さんの生活に密着し、身近な医療者としての支援を行う立場です。患者さんの服薬管理はもちろん、副作用のチェック、ご本人やご家族が抱えている食事、排泄、睡眠などの問題を少しでも減らせるように、看護の面からサポートを行っています」と、ご自身の役割を話します。さらに、認知症があっても専門医を受診していないためにBPSD(周辺症状)等に悩まされている場合には、適切な医療機関や社会資源等の利用につながるように多職種と連携し、療養環境の改善にも取り組んでいます。

 

病院全体で患者さんとご家族を支える

中野先生と相模原中央病院のみなさん 中野先生と相模原中央病院のみなさん

「当院は急性期病院だから、個々のスタッフが病棟で患者さんと向き合っている期間がそれほど長くない。期間の長さにかかわらず、患者さんへの向き合う姿勢、おもてなしの心を大事にするように日々スタッフに言っているんです」(中野先生)。

同院ではスタッフは全員、患者さんやご家族に限らず、来院した方に笑顔で挨拶し、明るく清潔感のある院内の雰囲気を大事にしています。このように積極的な姿勢を持って取り組むことが、患者さんやご家族の信頼を得て、求められる医療の提供につながっています。

検査から退院後まで充実したサポート体制を整えている相模原中央病院。それでもスタッフはみな「地域の医療・介護体制は十分とは言えない」と口をそろえます。

「相模原市の老年人口割合は増加の一途をたどっています。現在の約16万人(65歳以上)から、2025年には20万人に達すると推測されるデータがあります。このうち、15%の人が認知症予備軍になるとも言われています。認知症を持ちながらも他の疾患を併せ持つ人が増えてくることを考えれば、当然ながら医療・介護・在宅医療機関の連携がさらに重要になってきます」(柴崎さん)。

「医療・介護の方向は1つだけではありません。今後ますますニーズが多様化してくることが考えられますが、私たちは求められる医療体制をつくり、ひとりでも多くの患者さんのサポートを行っていくことが求められています」(中野先生)。

 

 

取材日:2013年10月7日

相模原中央病院の外観

医療法人社団徳寿会 相模原中央病院

〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見6-4-20
TEL:042-754-2211

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ