『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【九州沖縄】 > 福岡県 > 福岡県筑紫郡那珂川町 医療法人光竹会 ごう脳神経外科クリニック
医療機関を探す

家族のように真心で向き合い、最良の治療と笑顔の介護を提供
<福岡県筑紫郡那珂川町 医療法人光竹会 ごう脳神経外科クリニック>

ごう脳神経外科クリニック 院長 呉義憲先生 ごう脳神経外科クリニック
院長 呉義憲先生

那珂川の豊かな自然に囲まれた、ごう脳神経外科クリニック。福岡市の中心市街地からのアクセスもよく、恵まれた環境にある同クリニックでは、急性期からリハビリまで周辺地域の脳神経疾患治療を一貫して担っています。近年は認知症で受診する患者さんが増え、グループ内の医療・介護施設において予防や早期発見から治療、リハビリ、最終的には看取りへとつながる支援に精力的に取り組み、地域からも頼りにされる存在です。

脳神経疾患の包括的な治療と、認知症対策に真摯(しんし)に向き合う

ごう脳神経外科クリニックは、福岡県筑紫地区および福岡市南区の広域にわたって、脳神経疾患の患者さんの救急受診から退院後のリハビリまでを担い、一貫した治療を提供しています。院長で、福岡大学筑紫病院脳神経外科の臨床教授も務める呉義憲先生は、2004年のクリニック開設をきっかけに認知症治療に深く関わるようになりました。

「大学病院では外科手術に携わることが多く、認知症患者さんと向き合う機会は多くありませんでした。クリニック開設とともに、認知症の患者さんのご家族が困窮されている姿を目の当たりにし、認知症の方もご家族も笑顔になれるようなケアを提供したいと、医療と介護両面から取り組んできました」(呉先生)。

このような呉先生の考えは職員の共通認識となり、“自分の親に望むような治療、介護を提供する”という気持ちで、患者さんやご家族と向き合っています。

同クリニックでの認知症診療に加え、福岡市南区にある関連医療施設でのもの忘れ外来の実施、住宅型有料老人ホームやデイサービスなど介護事業にも積極的に取り組んでいます。その実績とともに、地域包括支援センターや民生委員などから認知症関連の相談を持ちかけられることも増えており、地域行政との連携にも大きな役割を果たしています。

 

正確な鑑別、適切な治療が患者さんとご家族を前向きにする

同クリニックの初診時には、MMSE(認知機能検査)、長谷川式簡易評価スケールなどの認知症のスクリーニングを行い、MRI画像検査では、脳の萎縮の程度を数値化する解析ソフト、VSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)を活用し、アルツハイマー型認知症の早期発見に力を入れています。

脳神経外科医が認知症患者さんを診るメリットについて、呉先生は「脳のどの分野に障害があるかをより正確に見極め、アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、前頭側頭型など認知症のタイプを鑑別し、進行状態を予測することが可能です」と語ります。

「怒りっぽくなる方はアルツハイマー型と前頭側頭型を合併していることが多く、もの忘れよりも感情のコントロールを優先します。また、レビー小体型の場合は幻視を抑える治療をポイントにするなど、正確な鑑別診断が適切な治療選択につながり、ご家族の介護負担の軽減につながる治療の提供に努めています」(呉先生)。

また、呉先生は「ご家族は病気の進行の見通しをしっかり持ちたいと望んでいます」と語り、患者さんの現在の状況と今後の治療方針について、ご家族の希望を聞きながら、具体的に説明しています。その一方で、患者さんには「よくなるよ」「変わってきたよ」など、前向きな言葉を選んで声をかけ、常に希望を持ってもらえるように心がけています。

 

医療ソーシャルワーカーが連携のネットワークを紡ぐ

ごう脳神経外科クリニック 医療ソーシャルワーカー 松本明日香さん ごう脳神経外科クリニック
医療ソーシャルワーカー 松本明日香さん

「地域と病院、患者さん、ご家族の仲介役」として、呉先生が信頼を置いているのが、医療ソーシャルワーカーの松本明日香さんです。松本さんは、患者さんやご家族からお話を聞く際に「共感する姿勢」を大切にしているといいます。

「もし自分の家族なら何を望むかと、常に自分のことに置き換えながら患者さんやご家族のお話を聞くようにしています」(松本さん)。

診察室では言い出しにくいこともうまく聞き出す松本さんの手腕に、呉先生は「認知症の症状の全容を把握するのは難しいことですが、松本さんは本当に困っている症状を取りこぼすことなく聞き出してくれるので、検査や診療にスムーズにつなぐことができます」と、太鼓判を押します。

地域包括支援センターから独居の方の受診相談を受けた場合には松本さんが受診に付き添い、患者さんの服薬について悩むご家族には診察後のフォローを行っています。

「先生の指示をすぐ忘れてしまわれる方や病気の自覚がなくお薬を飲まれない方には、服薬方法などを書いた呉先生直筆の手紙をお渡しして、家の中に貼っておくようご家族に助言します。先生は達筆ですし、効果はてきめんですよ」(松本さん)。

 

病棟のきめ細かいケアが認知症の進行を抑える

ごう脳神経外科クリニック 病棟看護主任 横内菜々さん ごう脳神経外科クリニック
病棟看護主任 横内菜々さん

高齢の患者さんでは、入院中の転倒は活動性の低下や認知症の進行を招くなど重大なリスクとなりますが、クリニックの病棟看護主任の横内菜々さんは「特に認知症の入院患者さんの場合はご本人が体の麻痺を自覚しておらず、お一人でトイレに立とうとして転倒してしまうこともあるため、特に注意しています」と話します。

病棟では、認知症患者さんの病室を看護師の詰所の近くにすることで注意が行き届くように配慮するなど、患者さんがベットから離れるとナースコールで知らせるセンサーマットを配置するなど、患者さんの転倒・転落を防ぐためにさまざまな対策を行っています。

横内さんは「やはり大切なのは多くの人の目で見守ることですね」と強調し、次のように続けます。

「患者さんの小さな変化も見逃さないようにして、カンファレンスや日々の申し送りなどを通してスタッフ全員で情報を共有し、早期退院に結びつけられるように、努力しています」(横内さん)。

呉先生も、早期退院および早期のリハビリ開始が認知症の進行抑制において重要であることを訴えます。「病室でじっとしている期間が長くなると、認知症は急速に進行します。手術後も寝たきりの状態で放っておかず、看護師をはじめスタッフが声をかけて刺激し、快復後はなるべく早く人の輪の中に入って会話をしたり、体を動かしたりしてもらうようにしています」(呉先生)。

 

介護サービスで認知症予防、進行抑制に貢献

退院後の機能回復や認知症の進行抑制には、グループが運営する3つの介護施設、デイサービスセンターを併設した住宅型有料老人ホーム「グランド G-1」、デイサービスセンター「和(なごみ)」、デイケアセンター「錬(れん)」がその役割を果たしています。

呉先生は「自分や自分の親が認知症になったとしたら、こんな治療・介護を受けたいと思える理想の施設をつくりたかったんです」と、介護事業を立ち上げた動機を語ります。

各施設はそれぞれ異なる役割を担っており、「グランド G-1」は身体機能が低下し、長時間の看護と介護が必要な方、「和」は比較的軽度で体が動かせる方、「錬」は身体的リハビリに重点を置く方をそれぞれ受け入れて、ニーズに応じたさまざまなプランを作成し、活動しています。

「認知症の進行抑制のためには、専門スタッフによる工夫を凝らしたリハビリが必要不可欠です」と話す呉先生は、デイサービスで多くの人に会うことで生まれる緊張感や、人や活動に対する好き嫌いなどの感情の動きも、日々の刺激として必要だと考えています。

 

真の「ついのすみか」となれる理想郷へ情熱を注ぐ

住宅型有料老人ホーム グランド G-1 施設長 日高茂樹さん 住宅型有料老人ホーム グランド G-1
施設長 日高茂樹さん

呉先生は「グランドG-1」を療養型病院に代わる施設として位置づけ、「介護・看護・医療の垣根なく、入居者さんに最後まで尊厳を持って大切に向き合い、病気になっても暮らし続けられる施設」という方針を掲げています。

24時間体制で看護師が勤務するとともに、施設内にデイサービスを併設し、看護と介護の両方を充実させています。「7、8割の入居者さんがデイサービスを利用されていますね」と語る施設長の日高茂樹さんは、認知症の進行予防の観点から、さまざまな人との交流を促し、刺激のある生活を送っていただくことを大切にしています。

グランドG-1の広い個室 グランドG-1の広い個室
グランドG-1のコミュニティスペースにある茶室 グランドG-1のコミュニティスペースにある
茶室

住宅型の介護施設は症状が重くなると他施設に移る所もありますが、日高さんは「当施設は文字通り“ついのすみか”でありたいと考えています」と話し、ご家族の希望があれば看取りも行っています。

「信頼関係を大切にし、ご家族の気持ちに寄り添いながら、クリニックのスタッフが連携して介護や看取りの形を一緒に考えています」(日高さん)。

せん妄が強く、精神病院への入院も考えていた患者さんが、「グランドG-1」に入所後、症状が落ち着き、スタッフと笑顔で手をつなぐ姿も見られることもあり、呉先生は「『グランドG-1』でしかできないケアのたまものだと思います」と話します。

 

楽しく通いながら、さまざまな刺激で認知症予防を目指す、デイサービス

デイサービスセンター和 管理者 河津裕一郎さん デイサービスセンター和
管理者 河津裕一郎さん

デイサービスセンター和 生活相談員 藤朋子さん デイサービスセンター和
生活相談員 藤朋子さん

呉先生が「利用者さん全員から『楽しい』という声を聞いています」と賞賛するデイサービス「和」は、すべての施設の見本となる存在です。2012年には「ふくおか介護グランプリ」で優秀賞を受賞し、管理者の河津裕一郎さんは「スタッフのチームワークは抜群です」と自信をのぞかせます。

同施設では利用者さんの8~9割を軽度認知症患者さんが占めており、認知症の進行予防を目的に多彩なレクリエーション活動に取り組んでいます。かつては40~50人で同じ活動をしていましたが、「順番を待つ時間が長すぎるし、単調で面白くない」と考え、現在は毎日グループに分かれ、3種類のレクリエーション活動をしています。

「利用者さんの価値観にできるだけ対応した結果、今のスタイルに落ち着きました。3つの中からご自分で好きなものを選んでいただく“個別対応性”を重視しています」(河津さん)。

利用者さんの身体機能や趣味趣向に対応し、さまざまな企画を用意するのは大変ですが、生活相談員の藤朋子さんは「難しさの中にも、いろいろな工夫や発想を見つける楽しさがあります。利用者さんやご家族とお話しする中で趣味や興味を把握し、その方に合ったレクリエーションを考えます」とやりがいを持って取り組んでいます。

また「和」では、「あなたを気にかけています」というメッセージが伝わるよう、来所時にお一人おひとりに笑顔での声かけを実践しています。最初は嫌がっていた利用者さんも、スタッフが心を込めて声をかけ続けることで少しずつ心を開き、今では積極的に参加してくれるようになったといいます。

呉先生も「認知症の初期にデイサービスに通うリズムをつくり、社会的な交流を日常化することは、進行抑制にとても大事なことです」と、介護サービスの活用をくり返し呼びかけます。

デイサービスセンター和のレクリエーションスペース デイサービスセンター和のレクリエーション
スペース
デイサービスセンター和の活動の掲示と季節の飾り付け デイサービスセンター和の活動の掲示と
季節の飾り付け

 

情報の共有とオープンな意見交換がマンパワーとなる

ごう脳神経外科クリニックと同グループ介護施設スタッフの皆さん ごう脳神経外科クリニックと同グループ介護施設
スタッフの皆さん

今後の患者数増加に備え、「認知症を早期に発見し、対応することが重要な課題です」と気を引き締める呉先生の後ろには、力強いスタッフが控えています。

「看護師や介護職をはじめとするスタッフは、患者さんの変化を把握し必要な情報を的確に伝えてくれるだけでなく、納得できないときには遠慮なく疑問をぶつけてくる、頼もしい存在です」(呉先生)。

「高いレベルの理論を持つスタッフがそろっていることに誇りを感じ、安心して任せられます」と胸を張る呉先生。信頼できるスタッフと共に、脳神経外科の専門性を生かした医療と、自分の家族のように思う真心の介護で、今日も地域の認知症患者さんとご家族に向き合っています。

 

 

取材日:2014年3月13日

ごう脳神経外科クリニックの外観

医療法人光竹会
ごう脳神経外科クリニック

〒811-1244
福岡県筑紫郡那珂川町山田1150-1
TEL:092-951-5219

施設のホームページへ

 

住宅型有料老人ホーム グランド G-1の外観

医療法人光竹会
住宅型有料老人ホーム グランド G-1

〒811-1244
福岡県筑紫郡那珂川町道善1-121
TEL:092-951-1165

施設のホームページへ

 

デイサービスセンター和の外観

医療法人光竹会 デイサービスセンター和

〒811-1242
福岡県筑紫郡那珂川町西隈1-19-10
TEL:092-951-0753

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ