『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市 そら内科クリニック
医療機関を探す

在宅医療の経験を生かし、住み慣れた街で暮らすための安心の拠点に
<埼玉県さいたま市 そら内科クリニック>

そら内科クリニック 院長 遠藤光洋先生 そら内科クリニック
院長 遠藤光洋先生

住宅街として成熟した地域にあるそら内科クリニックは、2013年冬に開院したばかりの新しいクリニックです。院長の遠藤光洋先生は、高齢者が増加する地域のニーズに応え、在宅医療の経験を生かした医療の提供を目指しています。

高齢化率の高まる地域に開院

そら内科クリニックは、2013年12月に、埼玉の県庁所在地・さいたま市の南東部に位置する緑区の閑静な住宅街の一角に開院されました。

同クリニックで院長を務める遠藤光洋先生は、京都大学理学部を卒業後、大手新聞社に就職して新聞記者として勤めたのちに医師を目指して東京医科歯科大学に入学したという異色の経歴の持ち主です。

「高校時代から医師になりたいと思っていましたが、研究職や文科系の職業にも関心がありました。実際に理学部で学び、記者にもなりましたが、結局は医師の道を選びました。医師は、これまでの職業経験や人生経験が還元できる仕事だと思っています」。

遠藤先生は、研修医時代にお世話になった千葉県松戸市の診療所にそのまま就職して研鑚を積み、院長も務めたのちに縁あってこの地にクリニックを開院することとなりました。CTや超音波診断機器など充実した検査機器を備え、健診をはじめ、高齢化が進む地域でニーズの高まる生活習慣病や認知症など、多岐にわたる領域の診療に取り組んでいます。

 

在宅診療の経験を生かし「開かれたクリニック」を目指す

社会人を経て医師を志したとき、これまでの経験を生かせる分野を求めていた遠藤先生が出合ったのが、在宅医療でした。東京医科歯科大学卒業後にいくつかの診療科で研修を重ねていたところ、学生時代の先輩医師に招かれ、在宅訪問診療中心に活動する診療所で研修を受けることになります。

みさと健和病院内科では外来診療は週に1度だけ実施され、それ以外の時間帯では、通院困難な患者さんのご自宅へ医師が足を運んで診察や健康管理を行っていました。この活動を通じて遠藤先生は、疾患そのものだけでなく、一人ひとりの患者さんとしっかりコミュニケーションをとり、生活や人生観、ご家族との関係までを含めて寄り添う在宅医療の世界に心を動かされ、その世界に没頭することになったのです。

「認知症の患者さんのほか、足腰が不自由な患者さん、末期のがん患者さんなど通院が困難な患者さんのご自宅に伺って診察を行っていました。高齢の患者さんはもちろんですが、赤ちゃんのときから人工呼吸器をつけているような、高度な治療やケアを必要とする患者さんにも対応していました」。

在宅医療では、定期的に患者さんのご自宅を訪問し、急な症状悪化などがあった場合には夜間や休日でも患者さんのもとに駆けつけます。遠藤先生は、在宅医療を通して幅広い医療知識を身につけるとともに、在宅医療を必要としている患者さんがどのくらい存在し、地域でどのような生活を送っているかを肌で感じてきました。その経験を生かし、同クリニックでは外来診療で地域住民を支える医療を実践しています。

 

地域の医療機関と連携し正確に診断

患者さんのご自宅で診療する在宅医療では、診察室では分からなかった患者さんの姿や暮らしが見えます。

「2週間分ずつお薬を処方している患者さんのお宅に伺うと、3ヵ月分もたまっていたことがありました。ご自分で服薬管理ができなくなっていて、全く飲んでおられなかったのです」。

このように、在宅医療だからこそ得られる情報が認知症の発見につながることがありました。そこで、同クリニックで認知症診断を行う際は、MMSE(認知機能検査)とCTによる脳の画像撮影のほか、在宅医療での経験をもとにご家族から伺うお話も貴重な情報源となっています。

また、専門的な鑑別やMRI撮影などが必要なときは、地域の神経内科医や脳神経外科クリニック、すぐそばにある市立病院などと連携し、正確な診断に努めています。

「理論に則ってお薬を処方するだけでなく、生活習慣病予防も大切にしています。もちろん、ほかの病気を見逃さないための検査も重視しています」。

 

認知症患者さんが増えるなか、介護保険制度に関する助言も

現在、同クリニックの認知症患者さんは、来院数全体の3~4割を占めるといいます。医師になって約10年、遠藤先生は、認知症の患者さんがじわじわと増えつつあるのを実感しています。

「以前は元気でつえをついて歩いていたおばあちゃんが年を重ね、もの忘れがひどくなったとか、イライラしていることが多くなったという相談をご家族から受ける機会がとても増えています」。

クリニックのある三室地区は東京のベッドタウンとして発展しましたが、持ち家を求め移り住んだ世代が高齢期を迎え、高齢化率は今後急激に高まっていくことが見込まれています。

遠藤先生は、認知症患者さんのご家族の中に介護保険サービスの存在を知らない方がいることを危惧しています。どこに相談したらよいか分からなかったり、サービスが利用できると知らずに悩みを抱え込んだりしているご家族が少なからず存在しているとのことです。

「これまでの在宅医療の経験から介護に関する知識もありますので、当クリニックでは介護保険に関してお知らせしたり、介護に焦点を当てたアドバイスも行っています」。

 

休診日を利用した訪問診療や啓発活動も視野に

以前勤務していた診療所では訪問診療を精力的に行っていましたが、同クリニックでは遠藤先生が1人で診療にあたっているため同じような体制での在宅医療はまだ難しいのが現状ですが、「地域に対して医療貢献するにはどのような形がいいのかを模索しています」と遠藤先生は話します。   

「当クリニックの患者さんの中にも通院が難しい方は数多くいらっしゃいますから、そのような患者さんのご自宅に伺うことをまずは実現したいですね。休診日である木曜日を訪問診療の日とすることは、近い将来できるのではないかと考えています」。

また、遠藤先生は地域住民への啓発活動も視野に入れています。

「以前は、独居や老老介護の高齢者を含め、何百人という方々に集まっていただいて講演会などを開催していました。この地でも同様のことをやっていきたいと思っています」。

病気のために生活に困難を抱えている方や、相談先が分からず悩みを抱え込んでいる方たちが気軽に相談できる、敷居の低いクリニックでありたいと語る遠藤先生。医療ニーズがますます高まるこの地域に、住民の心強い味方となってくれる頼もしいクリニックが誕生しました。

 

 

取材日:2014年3月11日

そら内科クリニックの外観

そら内科クリニック

〒336-0911
埼玉県さいたま市緑区三室950-1
TEL:048-876-0360

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ