『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【北海道】 > 北海道 > 北海道函館市 医療法人鴻仁会 深瀬医院
医療機関を探す

長年の実績に福祉と介護を融合、高齢者のニーズに応えた医療を
<北海道函館市 医療法人鴻仁会 深瀬医院>

医療法人鴻仁会 深瀬医院 院長 深瀬晃一先生 医療法人鴻仁会 深瀬医院
院長 深瀬晃一先生

1891年の開業以来、北海道函館市内で地域医療に貢献してきた深瀬医院。高齢化が進むなか、高齢者医療と介護サービスに重きを置いてきました。有料老人ホームなどの住環境も整え、安心して住み続けられる地域づくりを行うほか、グループホームや認知症対応型デイサービスなどで医療と介護を融合させ、地域の認知症患者さんを支えています。

医療だけでなく住居や介護サービスも提供

開業以来100年以上にわたって歴史を重ねてきた深瀬医院は、少子高齢化という時代の変遷に合わせて、高齢者医療に力を入れています。訪問診療を行うなど地域の医療ニーズに応える一方で、院長の深瀬晃一先生は、医療と介護の両面から患者さんを支援することが重要と考え、住居や介護サービスも提供できる体制を整えてきました。

「認知症患者さんが食事を取らなくなり、脱水症状で入院した場合、回復して退院しても元の生活に戻れば同じように体調を崩す危険性があります。この問題は医療だけでは解決できません。だから介護と一体化したサービスの提供が必要なのです」(深瀬先生)。

有料老人ホームから小規模多機能型居宅介護施設まで、運営する関連施設は多岐にわたり、グループホームやデイサービスでは認知症の患者さんも積極的に受け入れています。

「特に、政府としても対策に力を入れている小規模多機能型居宅介護施設については、 新たに小規模多機能を中心とした地域交流スペースを提供し、地域で支える認知症治療システムの 構築を目指すなど、当院としても力を入れております」(深瀬先生)。

 

介護認定の調査結果で客観的な評価を

深瀬先生が認知症治療に注力するきっかけは、普段の診察では症状が見られなかった患者さんが実は進行した認知症であることを、デイケアのスタッフに指摘され驚いた経験だったといいます。以来、深瀬先生は認知症の予兆を見逃さないように注意を払ってきました。

「ご家族からお話を伺ったり、生活環境を見て日常生活の維持が困難になっていると感じられたら、一つの予兆と考えています。ただこれは主観的なものであり、ご家族が患者さんの変化に気がついておられないことも考えられますので、これだけで診断はできません」(深瀬先生)。

客観的な評価として深瀬先生が注目しているのは、「介護認定審査会資料」です。この審査会資料には、認定調査員が患者さんやご家族に対して行った認定調査結果が掲載されており、認知機能だけでなく日常生活の自立度のレベルなどもわかるので、この結果をもとに数値化し評価を行っています。

「評価にあたっては、普遍性のあるスケールが大切です。要介護認定を申請すれば誰もが認定調査を受けることになっており、審査会資料は全国共通のスケールだといえます。審査会資料は開示申請をすれば入手できますから、活用するとよいでしょう」(深瀬先生)。

 

症状の原因を探るとともに適切な介護環境を整える

治療では、認知症も生理現象としての老化とある程度同様にとらえ、「血圧が高ければまずは塩分制限をするように、症状があればその原因を見つけて排除する」のが深瀬先生の方針です。

「認知症が進行してBPSD(周辺症状)が出てきたら、なぜそういう行動を取るのかをまず考えます。症状が進行し、ご家族の対応が難しくなれば薬物療法も行いますが、認知症患者さんにはまだたくさんの能力がありますから、薬の服用が機能低下につながらないよう気をつけなければなりません」(深瀬先生)。

もう一つ大切にしているのは、適切な介護環境です。深瀬先生は、現実には介護施設にとって都合のいいケアプランを作成してしまい、患者さんに不利益が生じる場合があると警鐘を鳴らします。

「独居で認知症が進行して在宅生活が難しい患者さんに対し、施設に入居させずに訪問介護の回数を増やしてしまう場合があります。しかし、訪問介護はご家族などによる日常の基本的な介護があったうえで組み込むものです。認知症患者さんの中には、不便な環境を訴えられない方もおられますから、医療や介護に携わる人は患者さんからのシグナルを感じて、正しい環境で暮らせるように手引きしなければなりません」(深瀬先生)。

 

ご本人の尊厳を大切にし、ご家族の介護負担にも配慮

グループホームふかせ管理者 池田慎二さん グループホームふかせ
管理者 池田慎二さん

認知症対応型共同生活介護グループホームまつかわ管理者 武藤結香里さん 認知症対応型共同生活介護
グループホームまつかわ管理者
武藤結香里さん

認知症対応型共同生活介護グループホーム光風園管理者 浜屋里衣さん 認知症対応型共同生活介護
グループホーム光風園管理者
浜屋里衣さん

医療ソーシャルワーカー 松本明日香さん 認知症対応型デイサービスふかせ
管理者・生活相談員 神紘史さん

高齢者が暮らす環境を重視する同院では、認知症患者さんが少人数で共同生活を送るグループホームや小規模多機能型居宅介護施設などを整備するほか、認知症対応型デイサービスも提供しています。

介護にあたる職員に共通しているのは、高齢者の尊厳を大切にする姿勢です。グループホームふかせで管理者を務める池田慎二さんは、適切なサポートをすることで、機能の維持・回復と入居者主体の生活を目指しています。

「全てを私たちがやってしまうと、入居者さんが本来できることもできなくなってしまいます。サポートすることと、ご本人に任せて見守ることを見極め、バランスを取って支援しています」(池田さん)。

認知症対応型共同生活介護グループホームまつかわの管理者を務める武藤結香里さんは「入居者さんは人生の先輩であることを常に念頭に置いて接しています」と強調し、気さくに、あるいは丁寧に、入居者さんの好みに合わせた声かけで対応しています。

職員のきめ細やかな対応が入居者さんの心を開き、ほかの入居者さんと関わる機会が増え、入居時より表情が明るくなる方もおられるといいます。認知症対応型共同生活介護グループホーム光風園管理者の浜屋里衣さんは「毎日接していくうちに、職員の名前を覚えて呼びかけてくださる入居者さんもいます。そのような関係性になれることは本当にうれしいです」と笑顔を見せます。

生活相談員の神紘史さんは、認知症対応型デイサービスふかせの管理者として利用者の方の思いや言葉を傾聴する姿勢を重視する一方、ご家族にも配慮しています。

「献身的に介護されているご家族が多いですから、少しでもその負担を軽減し、ご家族の喜びや苦悩を分かち合いながらお手伝いしていきたいと思っています」(神さん)。

 

住民と同じ立ち位置で安心して暮らせる地域づくりを

高齢者の尊厳に重きを置く職員の姿勢は、日頃の深瀬先生の取り組みが浸透したものです。深瀬先生は、高齢化率が高まるなかで、「『長く生かそう、長く生きればいい』という価値観を見直す時期ではないか」と指摘します。

「例えば『経管栄養をどうしますか』とご家族に尋ねると、ほとんどの方が『ぜひお願いします』とお答えになります。しかし、もしご自分が同じ立場になったとき、経管栄養を希望される方は少ないのではないでしょうか。ご家族には患者さんの尊厳を重んじ、自然の経過を尊重することの大切さをお話しすることもあります」(深瀬先生)。

また、深瀬先生は、町会長を務めるなど、地域での役割も担うことで住民と距離を縮め、誰もが住み慣れた町で暮らし続けられる環境づくりに取り組んでいます。

「医療従事者が上から語るのではなく、同じ立場で一緒に地域のために汗をかくなかで、ようやく住民の皆さんと腹を割って話ができる関係になれます。まず自分から外に出て周囲に溶け込まなければ、地域への貢献はできません」(深瀬先生)。

真の地域貢献を目指す深瀬先生の熱意によって、医療・介護が一体化して患者さんを支える仕組みが構築されています。

 

 

取材日:2014年2月27日

深瀬医院の外観

医療法人鴻仁会 深瀬医院

〒040-0074
北海道函館市松川町30-12
TEL:0138-41-1221

施設のホームページへ


 【 グループホームふかせ 】

施設のホームページへ


 【認知症対応型デイサービスふかせ】

施設のホームページへ

 

認知症対応型共同生活介護
グループホーム光風園

〒040-0073
北海道函館市宮前町11-8
TEL:0138-83-7512

施設のホームページへ

 

認知症対応型共同生活介護
グループホームまつかわ

〒040-0074
北海道函館市松川町41-17
TEL:0138-41-1300

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ