『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【近畿】 > 兵庫県 > 兵庫県丹波市 医療法人敬愛会 大塚病院
医療機関を探す

地域連携で早期発見、社会とのつながりを重視した認知症治療
<兵庫県丹波市 医療法人敬愛会 大塚病院>

大塚病院 精神科医療部長 兵庫県丹波認知症疾患医療センター長 福井辰彦先生 大塚病院 精神科医療部長
兵庫県丹波認知症疾患医療センター長
福井辰彦先生

兵庫県から丹波・篠山地域の認知症疾患医療センターに指定されている大塚病院は、その前身である老人性痴呆疾患センター(のちに老人性認知症センターに改称)の時代から、自治体と協力して認知症の早期発見・早期治療に尽力してきました。厚生労働省が旧センター事業を廃止したあとも自治体が独自に補助金を出し存続させるなど、地域との深い絆を土台に、患者さんとご家族の側に立った認知症治療を続けています。

地域に出て行くことで築いた絆

大塚病院では、1995年に兵庫県の指定を受けて老人性痴呆疾患センター(のちに老人性認知症センターに改称)を開設し、丹波市と篠山市で相談事業などを行っています。2006年度をもって厚生労働省が老人性認知症センター事業を廃止した際も、センターの重要性を認識していた両市が独自の事業として補助金を出し、継続させました。

精神科の医師であり、センター長を務める福井辰彦先生は「老人性認知症センター事業が廃止されたあとも、自治体の支援で継続した例は珍しかったと思います。早期発見のための相談事業などが途切れては、市にとっても損失だと考えたのでしょう。地域との連携は、当時すでに完成されていたといえます」と語ります。

2009年、認知症疾患医療センターに組織が再編成されると、地域との絆はさらに深くなり、市役所での相談事業、行政との連絡会や家族の会の開催などが、きめ細かな連携のもとに行われています。福井先生が「病院での診察だけでなく、ご家族や介護従事者から相談を受けるために私が庁舎に出向くことが多いですね」と話すように、積極的に地域に出て行くことで現在の連携の形を築いてきました。

 

認知症の正しい理解とコミュニケーションを大切に

現在、同院では、患者さんやご家族からの相談を受け付けているほか、認知症の鑑別やBPSD(周辺症状)への対応を行っています。福井先生は診断や薬物療法などは認知症治療の一部でしかないと考え、介護者であるご家族への説明に重きを置いています。

「認知症への正しい理解が治療の第一だと考えて、認知症の中核症状やBPSDについてご家族に時間をかけてお話をするようにしています。また、今後の進行や薬物療法に対して誤ったイメージを抱いておられれば訂正し、患者さんやご家族の不安を和らげることも大切だと伝えます」(福井先生)。

介護サービスについても紹介し、デイサービスなどを導入して日常生活の中で人と触れ合い、脳を活性化させることを提案します。サービスを活用することは、介護者の負担が軽減されるだけでなく、患者さんが自分らしい生活を送るためのサポートになると福井先生は確信しています。

「定期的に受診していただき、診察室でわれわれ医療スタッフと会話をして、コミュニケーションをとることも治療の一環だと考えています」(福井先生)。

 

患者さんの力を見つけ出してサービスを提案

大塚病院 兵庫県丹波認知症疾患医療センター 精神保健福祉士 寺本秀代さん 大塚病院
兵庫県丹波認知症疾患医療センター
精神保健福祉士 寺本秀代さん

精神保健福祉士の寺本秀代さんは、受診の相談を受けてから診察までの間にご家族やケアマネジャーと話をし、日常でどのようなことに困っているかなど、生活状況や患者さんが置かれている背景を知ることを大切にしています。

「認知症と診断された後は、患者さんができることや嗜好を探っていきます。カラオケや手芸などの趣味や特技があれば、それができるデイサービスを紹介しています」(寺本さん)。

しかし寺本さんは、ご家族がサービスの利用に対して後ろめたい気持ちがあるため、利用が進まない場合もあると指摘します。

「なかには、自分たちが休むために患者さんをデイサービスに行かせるととらえているご家族もいらっしゃいます。抵抗感なくご利用いただけるよう、デイサービスは患者さんが社会とつながり、自分らしい生活を継続するために行くもの、という福井先生の考えをしっかり伝えます」(寺本さん)。

大塚病院 兵庫県丹波認知症疾患医療センター 保健師 峯奈央美さん 大塚病院
兵庫県丹波認知症疾患医療センター
保健師 峯奈央美さん

保健師の峯奈央美さんも、「ご家族がデイサービスの役割や内容を誤解されており、『本人が行きたがらないから』と家に閉じこもらせている場合もあります」と現状をとらえ、福井先生が診察で話す“患者さんが社会に出て行く重要性”をより具体的にご家族にアドバイスしています。

また、介護事業者との連携も患者さんとご家族のサポートのカギとなるため、場合によってはケアマネジャーも診察室に同席してもらっています。

「地域のケアマネジャーとは顔なじみの関係なので、同席できない場合も診察で得た情報を伝えて、患者さんに合わせたサービスを考えてもらっています」(峯さん)。

 

患者さんが漏らす本音や不安に耳を傾ける

大塚病院 薬剤師 上地和幸先生 大塚病院
薬剤師 上地和幸先生

コミュニケーションを大切にする姿勢は、どのスタッフにおいても一貫しています。薬剤師の上地和幸先生は、服薬指導を丁寧に行うだけでなく、患者さんやご家族が漏らす言葉に耳を傾けることを心がけています。薬剤部の窓口は病院の中で最後に訪れる場所であるだけに、診察室で言えなかったことや先生に尋ね忘れたことなどをふと口にする患者さんやご家族が少なくないためです。

上地先生は「認知症と診断されて納得できなかったり、不安に思っていたり、介護の苦労など皆さんそれぞれ何かしらの思いを抱えておられるのだろうと思います」と配慮をのぞかせます。

「多くの方が、私たちに話したことで満足して帰られます。内容によっては先生などにフィードバックし、その後の治療に生かしていきます」(上地先生)。

院内全ての診療科に関わる薬剤師という立場だからこそ、患者さんやご家族が相談しやすいのではないかと推測する上地先生。認知症の患者さんに限らず、内科や外科の患者さんからも「こういう症状があるが、認知症外来を受診したほうがいいか」と相談されることもある、頼もしい存在です。

上地先生は、患者さんやご家族の言葉に耳を傾ける中で、認知症の認知度が高まり、かつてのようにご家族が認知症であることを隠そうとする傾向は少なくなってきたと感じています。患者さんやご家族が病気を受け入れることで服薬指導もスムーズになり、「患者さんやご家族からこぼれ落ちる言葉に気持ちを寄せる時間を、大切にできるようになりました」と話します。

 

自治体との連携を土台に、今後は医師同士の連携を

自治体との連携が順調に進んだ背景には、同院に精神科病棟がないことが逆に功を奏したのではないかと、福井先生は分析します。

「入院を回避するには、何よりも早期発見・早期治療が重要となります。在宅で介護を行ってもらうためには地域包括支援センターや行政、ケアマネジャーなどの介護事業者と積極的に関わっていく必要があり、それが連携を深めることにつながったのでしょう」(福井先生)。

今後の課題について福井先生は、医師間の診診連携を挙げます。

「認知症の患者さんをたくさん診ているのは地域のかかりつけ医です。BPSDがある患者さんに関しては、認知症サポート医がかかりつけ医の相談に乗る仕組みができつつありますが、医師同士の連携はまだこれからですね」(福井先生)。

大塚病院の皆さん 大塚病院の皆さん

地域に求められ、それに応えて積極的に住民のもとに足を運ぶ福井先生の姿勢によって、同院は地域にとってなくてはならない存在となりました。介護・福祉スタッフを対象とした研修会、ご家族の交流会の開催など、治療以外でも多面的に患者さんをサポートしており、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりへの、さらなる貢献を目指しています。

 

 

取材日:2014年3月10日

大塚病院の外観

医療法人敬愛会 大塚病院

〒669-3641
兵庫県丹波市氷上町絹山513
TEL:0795-82-7534(代表)
TEL:0795-82-4874(認知症疾患医療センター)

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ