『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 長野県 > 長野県千曲市 とぐらクリニック
医療機関を探す

世間話から認知症兆候を見つけ、正確な診断と徹底した服薬管理指導
<長野県千曲市 とぐらクリニック >

院長 高澤尚能先生 院長 高澤尚能先生

長野県北信地域の南東部に位置する千曲市。市のほぼ中央を流れる千曲川の豊かな水に育まれたこの地に、とぐらクリニックはあります。2006年の開業以来、「薬を処方しただけでは治療にならない」をモットーとし、正確な鑑別診断と服薬管理指導に力を入れ、ご家族へのアドバイスにも重きを置いた認知症診療を行っています。

脳疾患専門医の枠を超え、地域のかかりつけ医として

明るい待合 明るい待合
受付 受付

とぐらクリニックは、美肌の湯として名高い戸倉上山田温泉のほど近くにあります。院長の髙澤尚能先生は、大学病院で急性期医療の現場に身を置き、総合病院では脳神経外科部長を務めるなど、脳神経疾患の専門医として活躍後、2006年に同クリニックを開業しました。脳神経外科・外科・内科を標榜していますが、現在では皮膚疾患やけがなどの患者さんも駆け込むなど、幅広い疾患に対応する“地域のかかりつけ医”としての役割も担っています。

同クリニックを訪れる認知症の人は、月平均100人以上。髙澤先生は「地域のケアマネジャーさんや地域包括支援センターなどからの紹介受診も多いのですが、この地域では認知症を診療している医療機関が少ないので、自分が率先して診なくてはならないと思いました」と、認知症診療に携わるようになったいきさつを語ります。

この地域でも県内の他地域同様、高齢化が急速に進んでおり、患者さんの3割以上が75歳以上の後期高齢者です。そのため、他の病気で受診された場合でも、認知症の気配がないかどうかを念頭に置いて、全般的に診療するのが髙澤先生の診察スタイルです。

 

世間話の中から病状を的確にキャッチ

認知症の疑いがある、なしにかかわらず、高齢患者さんの病状をキャッチし、病気の兆候を把握するために髙澤先生が一番重要視しているのが“世間話をすること”です。

「もちろん血液検査や画像検査、長谷川式簡易評価スケールも行いますが、具体的にどんな症状が出ているかが最も大きな決め手となります。その判断材料は、ごく普通の世間話や診察室での様子を観察することでキャッチできます」。

診察室では一見病気とは関係のない世間話が延々と続くこともありますが、形式通りのマニュアル的な質問よりも、認知症の兆候に気づけたり進行具合を把握できたりすることが多いと、髙澤先生は考えています。認知症がかなり進行していると世間話もままならないことがありますが、少しでも認知症が疑われるときには必ずご家族に同行してもらい、日頃の患者さんの様子をじっくりと聞くようにしています。

患者さんやご家族の話を聴取するにはある程度時間がかかりますが、院内スタッフとの連携により、スムーズな診療を心がけています。

「診察室に来られる前の段階で、あらかじめ看護師たちが問診などを通して十分な聞き取りをしてくれています。私自身は患者さんが話したいままにお任せしたり、補足的なコミュニケーションを取るだけのこともあります」。

 

正確な鑑別のため最新MRIを駆使

同クリニックでは認知症診断の材料として患者さん、ご家族双方と積極的にコミュニケーションを取るとともに、MRI画像での鑑別にも力を入れています。

もともと脳神経のエキスパートである髙澤先生は、開院当初から脳疾患診断のためのMRI機器を完備していました。現在では最新式のオープン型MRIシステムを導入し、検査後すぐに画像を見ながら説明できる体制を整えています。

「画像検査は認知症における診断材料の一つとして行いますが、脳の萎縮の程度を診るというより、慢性硬膜下血腫や水頭症など、認知症の症状と類似した他の病気がないかどうかを見極めることが大きな目的です」。

認知症の疑いで検査を受け、手術や薬で改善する他の病気がMRI画像によって見つかったこともあります。

また、頭痛やめまいを訴えて来院された患者さんが、MRI画像を撮った後に「私の脳は萎縮していませんか? 認知症になっていませんか?」と聞いてこられることも少なくありません。その際には、「脳が萎縮していたからといって、認知症とは限りませんよ」と伝え、加齢とともに誰しも脳の萎縮が認められること、たとえ年齢相応より萎縮度が進んでいても、認知症を発症していない人も大勢いることなどをお話しするなど、認知症への正しい知識の啓発にも力を入れています。

 

服薬管理の徹底を呼び掛けて

同クリニックでは、認知症の治療に際し、服薬管理の周知徹底を図っています。抗認知症薬は、決められた用法・用量をきちんと服用してこそ効果を発揮します。髙澤先生は「診断して薬を処方するだけでは無責任ですよね。まずは、認知症であれば薬の管理が難しいかもしれない、と考える必要があると思います」と話し、誰がどうやって患者さんのために服薬を管理するのか、きちんと確認して初めて薬を処方しています。

ご家族と同居の場合は、ご家族に服用法や注意点・管理法を伝え、一人暮らしの患者さんには、まずは地域包括支援センターやケアマネジャーと相談していただいて、服薬管理ができる状況が整ったことがわかってから処方するという徹底ぶりです。

また髙澤先生は、認知症の人が身体的疾患で他の医療機関にかかっている場合、どんな薬がどのような用法で処方されているかを必ず確認しています。そのうえで、1日2~3回服用の薬が処方されている場合には、担当医に連絡を取り、「認知症を発症されたので、飲み忘れのリスクを避けるため、1日1回の服用で済むような処方を考えてもらえないでしょうか」と依頼することもあると話します。

「服薬管理ができている場合には、ご家族から『穏やかになった』『笑顔が戻ってきた』という声が寄せられることもあり、薬は正しく服用して初めて病状が改善すると実感しています」。

 

ご家族の接し方が症状を左右すると伝える

服薬管理は患者さんへの大事なサポートの一つですが、髙澤先生が最も強くご家族に望んでいるのは、「穏やかに接してあげること」です。

定期検診の際、ご家族からご本人のもの忘れや失敗を責めてしまいがちだと聞くことも珍しくありません。そんなときには、「脳梗塞で手足がまひしてしまった人に『なぜ動かさないのか』『速く歩けよ』と言ってしまうのと同じことです。病気のせいなのだから、責めたり怒ったりするのは気の毒ですよ」と諭すこともあるといいます。ご家族など周囲の人の対応で、症状が緩和された患者さんを多く診てきたからこその言葉です。

「認知症の症状を改善するためには医療の力が3割、介護の力が7割だと思っています」と話す髙澤先生。その介護の7割にご家族の力が入っており、患者さんと日常的に接しているご家族のストレスは大変なものだと指摘します。

「ご家族がストレスをため込まず、安心して生活されることが、ご本人にも良い影響を与えます。ストレスを解消するためにも、当院では愚痴でも相談でも、何でもお気軽にお話しいただきたいと思います」。

 

介護と医療の連携が喫緊の課題

千曲市と、同市に隣接する埴科郡坂城町では、認知症に関する連携シートを地域包括支援センターやケアマネジャーが活用しており、髙澤先生にもしばしばこのシートを通して相談が寄せられます。相談を受けた即日または翌日には書面で回答したり、直接電話でアドバイスをしたりすることもありますが、髙澤先生は「忙しいだろうと、相談自体を遠慮する介護・福祉関係者もいるので、医療従事者と介護スタッフの垣根はまだまだ高いのではないでしょうか」と案じており、認知症の人を支えるご家族が疲弊しないためにも、風通しの良い連携が必要かつ急務であると考えています。

「職業によって上も下もありません。認知症の人のために、医療も介護・福祉もお互い遠慮せずどんどん情報交換を行い、連携を深めていきたいと思います」。

 

 

取材日:2014年10月2日

とぐらクリニックの外観

とぐらクリニック

〒389-0804
長野県千曲市戸倉1672-2
TEL:026-275-0405

施設のホームページへ

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ