『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【九州沖縄】 > 熊本県 > 熊本県熊本市 医療法人博光会 御幸病院
医療機関を探す

認知症予防と在宅復帰のために、 地域一番の認知症医療・介護を実践する
<熊本県熊本市 医療法人博光会 御幸病院>

御幸病院 顧問(もの忘れ外来)<br/>
介護老人保健施設ぼたん園<br/>
施設長 江頭洋祐先生 御幸病院 顧問(もの忘れ外来)
介護老人保健施設ぼたん園
施設長 江頭洋祐先生

御幸病院は、医療と介護による総合的な高齢者ケアを実践し、健康長寿のまちづくりをする"みゆきの里"の中心的な医療施設。認知症を疑う患者さんやご家族が気軽に受診できるもの忘れ外来を開設し、患者さんが地域で生き生きと暮らせるようにサポートしています。隣接する介護老人保健施設ぼたん園は、積極的に認知症介護・予防および地域連携に取り組んでおり、緻密な多職種連携で患者さんとご家族の医・食・住を支援しています。

認知症専門医として患者さんと向き合う

熊本市南区の静かな田園地帯に位置するみゆきの里は、複数の保健・医療・福祉施設からなる総合施設で、地域の高齢者の医療、介護を支える役割を担っています。1982年に開業した、中核施設である御幸病院を中心に、敷地内で介護老人保健施設ぼたん園や特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどさまざまな介護サービスを展開し、地域に"医・食・住の輪"を広げてきました。

御幸病院の顧問でもの忘れ外来を担当する江頭洋祐先生は、呼吸器・アレルギーを専門とし、県内の中核病院でキャリアを重ねた後に同院に着任しました。江頭先生は「高齢者の多いこの病院では、認知症を診ることが患者さんのニーズに応えることだと痛感しました」と当時を振り返ります。

「患者さんにより適切な診療を行うためにも、認知症を専門に勉強し直す必要があると考えました。幸い熊本大学医学部の神経精神科は認知症診療において国内有数の拠点ですから、その研修会で学びを深め、全国で開催される学会にも参加し、専門性を高めてきました」(江頭先生)。

 

漢方を取り入れた統合医療の提供

受診される患者さんは軽度~中等度の方が大半で、ご家族がもの忘れや生活上のトラブルなどを心配して来院される場合が多いといいます。

「初診の患者さんにとって精神科は垣根が高いようで、当院のようなプライマリ・ケアの病院のほうが気軽に相談できるのでしょう」(江頭先生)。

診察は、長谷川式簡易評価スケールなど簡易な問診票や、CTなど画像検査を行い、できるだけ速やかに鑑別診断を行いますが、「初診時のポイントは大きく二つある」と話す江頭先生。

「一つは、アルツハイマー型、レビー小体型、脳血管性、前頭側頭型のうちどのタイプの認知症なのかをスクリーニングすること、もう一つは重症度を確認することです。判断が非常に難しい方の際は熊本大学医学部附属病院に鑑別診断をお願いすることもあります」(江頭先生)。

治療には、東洋医学(漢方)も取り入れています。同院は漢方や鍼治療、アロマセラピーなどを併用する統合医療を採用し、江頭先生も漢方の専門医・指導医として豊富な経験を診療に生かしています。

「漢方は、症状に対してだけではなく、患者さんの陰陽や虚実、つまり体力の状態なども加味して処方します。もちろん現代医学の進歩は著しく、非常に頼りになりますが、患者さんの体質に合わせた漢方を取り入れる統合医療は、QOL(生活の質)の向上に有効だと思います」(江頭先生)。

 

在宅復帰を目指し、合併疾患と認知症へのリハビリ・治療を行うぼたん園

江頭先生は介護老人保健施設ぼたん園の施設長も兼任しています。同園は、入所介護(定員100名)と通所リハビリテーション(定員70名)を提供。最も重症な患者さんが入所する認知症専門棟も設けています。

「認知症専門棟では重症の患者さん20名を受け入れています。全体の80%以上の方が認知症をお持ちです。また、皆さんご高齢ですから、高血圧、糖尿病、関節疾患や脳卒中の後遺症などの合併疾患を抱えており、そうした病気を横断的に診ながら、薬物療法とリハビリでADL(日常生活動作)の向上に取り組んでいます」(江頭先生)。

同園は在宅復帰を目指すための中間施設であるとともに、地域にも広く門戸を開いています。「地域のケアマネジャーさんから『認知症に伴う介護負担増を訴えるご家族が増えてきた』とよく聞きます。骨折などの整形外科疾患とともに認知症があると、ご家庭の介護は相当負担が大きいので、『ここに入所して数ヵ月リハビリをしてから家に戻れないだろうか』といったご相談が増えていますね」。支援相談室室長を務める川崎悦子さんは、近年の状況をそう語ります。

 

認知症のケアはご家族との共同作業

ぼたん園 支援相談室 室長 川﨑悦子さん ぼたん園 支援相談室 室長 川﨑悦子さん

まずご家族に共感することから始める――川﨑さんはいつもそう心掛けて相談に望んでいます。

「ご相談に来られる時点でかなり疲れておられるご家族が多いので、まず悩みや不安をお聞きして、少しでも気持ちを楽にしていただけるよう気を配っています。ご自宅での介護が限界に近いと判断できればすぐに入所をお勧めしますが、こちらが安易に受け入れると、『また介護するのは大変だ』と利用者さんの在宅復帰を躊躇されることもありますので、慎重に対応しています」(川﨑さん)。

同園では、入所後でもご家族の気持ちが離れないよう“家族と共同”で介護に取り組む姿勢を重視しており、同園の側から積極的に働きかけています。そのひとつに、同園のスタッフとご家族の情報共有があります。同園の介護専門棟主任の鶴崎聖子さんは「例え認知症であっても自分でできることはあります。それをスタッフはもちろん、ご家族とも共有することが大切です」と“できること”の発見に努めています。

 

入所スタッフの意識改革より個別重視ケア“あい言葉リーフボード”

ぼたん園 介護専門棟 主任 鶴崎聖子さん ぼたん園 介護専門棟 主任 鶴崎聖子さん

同園の個室の前には“あい言葉 リーフボード”と呼ばれる、入居者さんおひとりおひとりのためのメッセージボードが掛けてあります。これは鶴崎さんら介護スタッフが個々の入居者さんを尊重し、情報共有のために始めたもの。真ん中に入居者さんのお写真があり、その周りに月に1枚ずつ花びらを貼っていきます。その花びらには、スタッフがケアの中で気づいた“入居者さんができること”が書かれています。

「認知症と診断がついても、すべてのことがわからなくなるわけではないので、入居者さんの“できる力”を見つけていくようにしています。ボードは面会に来られたご家族にお知らせする意味もあり、そのメッセージをきっかけに『昔はこんなこともできましたよ』とご家族から教えていただくこともありますね。ここの入居者さんの在宅復帰率は約70%。一般的なハードルは50%だといわれていますから、かなり高いです」と、鶴崎さんはこれまでの取り組みに手応えを感じています。

ぼたん園で行われる集団リハビリの様子 ぼたん園で行われる集団リハビリの様子

江頭先生もまた「認知症は総合疾患ですから、多職種が連携してのケアが重要です。スタッフはもとより、ご家族も含めた共同のケアがうまく機能していると思います」と地域での評価を実感しています。

 

認知症理解のためのオリジナルの連続講座"De-Voの育成

みゆきの里認知症対策室 室長 川畑智さん みゆきの里認知症対策室 室長 川畑智さん

みゆきの里では“いつまでも住み慣れた地域で自分らしく生活するために地域の皆さまとの連携を大切にする”という理念のもと、グループ横断的な存在として認知症対策室を設けています。室長の川畑智さんが開発し、同県の認知症予防モデル事業にもなっている認知症予防プログラムの実施と、認知症の疾患理解と支援を進めるための、地域住民向けオリジナル講座を開催し、Dementia's Volunteer(訳:認知症のボランティア)から名付けられた“De-Vo(デーボ)”というボランティアの育成を行っています。

講座は、1回の講義だけではなかなか行動につながらないと、複数回の講義に加えて、みゆきの里内で認知症の人とふれあう機会を持つなど、従来の勉強会から一歩進んだ内容になっています。

講座の第一の目的は、地域での認知症の人の支援活動を充実させることにあり、認知症の症状やケアの方法を理解したうえで実践的な対処法を身につけてもらうことです。

熊本県認知症予防プログラムのモデル事業になっている、パズルに取り組む利用者さんたち 熊本県認知症予防プログラムの
モデル事業になっている、
パズルに取り組む利用者さんたち

「この講座の大きな特長は“学んだあとは感じましょう”として、受講者をみゆきの里の施設に招待し、認知症の人とふれあっていただくこと。そうした活動を10回続けた方は、その次のステップアップ講座を受けることができます。そうやって習得した知識やスキルを、自分のため、家族のため、地域のために役立てていただきたいですね」と、川畑さんは力を込めて語ります。

川畑さんの講演回数は年間130回以上。熊本市内はもとより、依頼があればさらに遠方にも足を運んでいます。「実際に会って話すことが大事だと思っています。こうした活動を通じて、みゆきの里が地域連携の中心的な役割を果たせれば」と川畑さんはこれからの意気込みを語ります。

「患者さん、利用者さんを、ただ待っているだけではいけません。さまざまな機会を通じて認知症の啓発を促し、早期の受診につなげたいと思っています」(江頭先生)。

 

多職種連携で、認知症ケアの理想を目指して

三島市に2014年9月開院した 利用者さんに人気の健脳食と健脳ふりかけ

みゆきの里では、食事は治療の一環であるとともに、入院されている患者さんや利用者さんにとって大きな楽しみと捉え、メニューを工夫しています。みゆきの里の栄養課では、病気の患者さんが喜んで召し上がれるものをと、料理研究家・辰巳芳子先生の“いのちのスープ”を学び、提供しています。

さらにぼたん園では、江頭先生の発案で、県産のヤマブシタケや大豆など脳機能の維持・改善効果が期待される食材を取り入れた、健脳食というメニューを提供しています。工夫された食事は利用者さんからも大変好評とのこと。さらにスタッフからの「ごはんがあと少し食べられるものがあれば」という要望をきっかけに、“健脳ふりかけ”を開発しました。

御幸病院とぼたん園では、認知症の進行予防と、在宅復帰のためのリハビリやケアを重視し、江頭先生を筆頭にスタッフが高い意識を持って地域No.1といわれるようなケアを提供するべく、日々取り組んでいます。

 

 

取材日:2014年3月20日

御幸病院の外観

医療法人博光会 御幸病院

〒861-4172
熊本県熊本市南区御幸笛田6-7-40
TEL:096-378-1166

施設のホームページへ

 

介護老人保健施設ぼたん園の外観

介護老人保健施設ぼたん園

〒861-4172
熊本県熊本市南区御幸笛田6-8-1
TEL:096-370-1222

施設のホームページへ

 

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ