『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 神奈川県 > 神奈川県海老名市 医療法人社団NALU えびな脳神経外科
医療機関を探す

地域の頼れるクリニックとして、認知症の早期発見とリハビリテーションに注力
< 神奈川県海老名市 医療法人社団NALU えびな脳神経外科 >


院長 尾﨑聡先生
院長 尾﨑聡先生

神奈川県海老名市と厚木市を中心に、県央地区の医療を支えるえびな脳神経外科は、MRIやCTを備えた頼れるクリニックとして、地域の人々や行政から厚い信頼を寄せられています。即日検査・即日診断を基本とする同クリニックは、脳ドックで認知症の早期発見に取り組むとともに、リハビリテーションにも注力し、認知症の人とご家族を支えています。

認知症サポート医として、地域の認知症医療を支える

2014年に開設し、脳神経外科、内科、リハビリテーション科を標榜するえびな脳神経外科。オンライン通院システムを取り入れ、2017年には居宅介護支援事業所を併設して通所・訪問リハビリも始めるなど、地域に必要とされる医療を積極的に提供しています。

院長の尾﨑聡先生は、長年横浜市の脳神経外科専門病院で、多くの患者さんの開頭手術や脳血管内治療などに携わってきました。現在は、認知症サポート医としても活動し、市役所の高齢介護課や地域包括支援センターなどと連携して、地域の認知症医療も支えています。海老名市には脳神経外科が少なかったこともあり、同クリニックは "地域の頼れるクリニック"として欠かせない存在となっています。

即日検査・即日診断を基本とし、脳ドックでの認知症の早期発見にも尽力

同クリニックには最新のMRIやCTが備えられており、即日検査・即日診断が可能です。尾﨑先生は「検査のために何度も来院していただくのは患者さんの負担になります。何より、脳の病気を疑って不安を感じておられる方に、少しでも早く診断をつけ、必要があれば迅速に治療を始めたい。その思いで、原則として受診当日に画像検査をし、その日のうちに結果の説明を行っています」と語ります。

認知症に関しては、「MRIやCTを用いて、正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など、神経変性疾患以外の原因がないかを確かめ、治療できる認知症を見逃さないようにしています」と話す尾﨑先生。同クリニックでは脳ドックでも認知症の早期発見ができるよう力を入れており、MRI検査などに加えて、オプションでMMSE(認知機能検査)やVSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)による評価も受けられます。

さらに、脳ドックには、血液検査でMCI(軽度認知障害)のリスクを判定する"MCIスクリーニング検査"も導入。アルツハイマー型認知症の原因物質といわれるアミロイドβタンパクの蓄積を間接的に評価することでMCIのリスクを調べるこの検査について、尾﨑先生は、「まだ実施している医療機関は少ないのですが、MCIの兆候を早期に発見することで、アルツハイマー型認知症の発症を防いだり、遅らせたりできる可能性があります」と話します。

検査前やリハビリの際には、ご家族との会話を大切に

看護師 松舘裕子さん看護師 松舘裕子さん

同クリニックでは、認知症の検査前に入念な問診を行います。初診時に問診を担当するのは、看護師の松舘裕子さん。ご本人から生活環境や困っていることなどを細かく聞き取るだけでなく、ご家族とじっくり話すこともあると言います。

「特に、ご本人が検査に前向きでないときには、どうすれば検査を受け入れてくださるかをご家族と相談します。ご家族、ご本人それぞれと問診を行うことになりますが、検査前にしっかり状況を把握することで、その後の検査もスムーズに行えます」(松舘さん)。

ケアマネジャー 横内やよいさんケアマネジャー 横内やよいさん

クリニックの2階に併設された居宅介護支援事業所のケアマネジャー、横内やよいさんは、リハビリの際にもご家族との会話は大切だと話します。

「ずっと一緒に過ごされているご家族には、意識していなくても少しずつ疲労が蓄積していることがあります。ご家族が介護疲れになってしまわないようにケアプランを考えるのはもちろん、訪問した際にはご家族に必ずねぎらいの言葉をかけるようにしています」(横内さん)。

手厚いフォローで、認知症治療に大切な通院継続を支える

横内さんは、認知症の方のご家族が遠方にお住まいなどの事情で協力を得ることが難しいときには、手厚いフォローを行っています。受診日を忘れたり、家の鍵をなくしたりして、スムーズな通院が難しい方にはご自宅まで迎えに行き、タクシーを手配したり、一緒に歩いて受診をサポートし診察にも立ち会います。

「今後は、自宅訪問から得られた情報をもとに主治医や地域包括支援センターとも連携し、ご家族も交えて方針を決めながら在宅生活を支えていきたいと考えています」(横内さん)。

松舘さんも「認知症の治療には継続して通院してもらうことが大切なのですが、どうしても途絶えてしまう方がおられます。通院継続のためには、看護師もケアマネジャーや地域包括支援センターとの協力を密にすることが大切だと思います」と話します。

一人ひとりに必要なリハビリと、やる気を引き出す声かけを

同クリニックでは、脳卒中や認知症には診断や薬の処方だけでなく、リハビリも重要だと考え、外来、通所、訪問の3つのリハビリを実施しています。

作業療法士 酒井由香里さん作業療法士 酒井由香里さん

その中心となり、認知症の人のリハビリを行うのが、作業療法士の酒井由香里さんです。酒井さんは祖母が認知症になった経験を通して、ご本人のつらさやご家族の悩みなど、認知症介護の実態を知りました。そのため、一人ひとりの症状や困っていることを聞き出してリハビリにつなげようと、事前の会話を重視しています。

「例えば、冷蔵庫を開けるときにドアをよけることができずに転倒してしまった方には、方向転換の練習をしていただくなど、会話を通してご自宅での生活の様子を把握し、実際の暮らしの中で必要なリハビリを提案しています」(酒井さん)。

酒井さんは、リハビリの際の声かけにも、ご本人のやる気や興味を引き出すための配慮をしています。

「歩くために外に行きましょう、と押し付けるのではなく、お花を見に行きませんかとお誘いします。リハビリそのものではなく、興味がわくようなお声がけをすれば、楽しく継続してもらえると思います。通所リハビリを憩いの場と感じてくださる利用者さんが多いのが嬉しいですね」(酒井さん)。

音楽療法も取り入れ、認知症のリハビリに生かす

外来・通所のリハビリでは、音楽療法も取り入れています。同クリニックでは、歌唱やイントロクイズ、ハンドベル演奏に加えて口腔体操なども行い、脳や身体のリハビリにつなげています。その効果について、音楽療法士の羽田倫子さんは、「認知症に対する音楽療法の効果は、まだ十分に解明されていません。しかし、利用者さん同士が好きな歌や歌手について談笑したり、その曲が流行した時代の出来事を話されたり、嚥下機能に改善の兆しが見えたりすると、音楽療法が人とのコミュニケーションや認知・身体機能によい影響を与えていると感じます」と話します。

「利用者さんからは、『音楽療法を楽しみにしていたよ』『今日は何をするの?』などと嬉しいお声をいただくこともあります。皆さんに楽しんでいただけるプログラムを提供できるように、今後もがんばります」(酒井さん)。

さまざまな啓発活動に加え、今後はオンライン診療の認知症への拡大も目指す

尾﨑先生は、FMヨコハマのラジオ番組で、脳の病気に関する情報発信を行い、市民向けの講座や認知症サポート医の養成講座で講師を務めるなど、認知症の理解促進に広く貢献しています。

酒井さんも、神奈川県の作業療法士会の対外広報班班長として、区民まつりなどの地域イベントで、作業療法や認知機能の維持についての啓発活動を行っています。尾﨑先生は今後、認知症初期集中支援チームの立ち上げにも携わる予定ですが、クリニックに関しては2つの展望を持っています。

「まず、オンライン診療を認知症の方にも拡大したいと考えています。ご家族の同席が必要となりますが、通院の負担が減り、クリニックとしてもご自宅での様子が把握しやすいので、より良い認知症診療が可能になると思います。また、相談に来られた方にもっと時間をかけて対応ができるようになればと思い、認知症の専門医を招いた認知症外来の開設も目指しています」(尾﨑先生)。

 

取材日:2017年9月27日

えびな脳神経外科の外観

医療法人社団NALU えびな脳神経外科

〒243-0435
神奈川県海老名市下今泉4-2-14グランツ海老名1F
TEL: 046-236-2188

施設のホームページへ

 

 

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ