『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【東北】 > 岩手県 > 岩手県花巻市 医療法人報恩会 とみつか脳神経外科クリニック
医療機関を探す

最適な医療を提供できるよう、ご本人とご家族に真摯に向き合う
< 岩手県花巻市 医療法人報恩会 とみつか脳神経外科クリニック >

院長 冨塚信彦先生 院長 冨塚信彦先生

詩人・童話作家の宮沢賢治生誕の地として知られる花巻市のとみつか脳神経外科クリニックは、脳神経外科のほかにリハビリテーション科・内科・外科・神経内科・整形外科を標榜する地域密着型のクリニックです。認知症医療にも精力的に取り組み、1.5テスラのMRIを駆使した早期発見と原因疾患の鑑別にも力を注いでいます。

教科書通りではない、認知症医療の奥深さを実感

岩手医科大学附属病院で長年診療をしてきた冨塚信彦先生がとみつか脳神経外科クリニックを開業したのは、2006年のことです。大学病院では主に脳外科手術を手掛け、開業後も脳外科治療全般と脳卒中の一次・二次予防を中心に診療するつもりだった冨塚先生ですが、医療環境の変化や高齢化の進展などから、認知症診療に携わるようになったといいます。

開放感のある待合室開放感のある待合室

「開業当初はこの地域にも多くの医療施設がありましたが、3年後には統廃合や閉院が相次ぎ、病医院や医師の数が激減しました。その一方で市の高齢化率は上昇が続き、当クリニックの外来にも認知症の方がおのずと増えていきました」(冨塚先生)。

開業前は認知症に携わる機会は少なく、「認知症の治療やケアについては十分な知識やスキルを持っていませんでした」と話す冨塚先生。「認知症の症状は薬でコントロールするもの」という冨塚先生のイメージを大きく変えたのが、開業後しばらくして嘱託医を務めた介護施設の職員の対応でした。施設内にはテレビもラジオもなく、皆が同じ部屋で一緒に過ごすスタイルで、利用者さんのそばにいつも笑顔で寄り添い、利用者さんと同じものを食べている職員たちの姿に感銘を受けたといいます。さらに、職員からは以前から処方されていた薬について相談されることもあったそうです。

「BPSD(周辺症状)があり、行動を抑制する目的で抗精神病薬が処方されていた利用者さんも多かったのですが、感情の起伏がなくなっている方や傾眠傾向がある方への処方を一旦止めたところ、皆さん生き生きしてこられて、本来の姿が見えてきました。それに加えて、職員による適切な対応が症状を落ち着かせることも実感でき、マニュアル通りにはいかない認知症医療と介護の奥深さを感じました」(冨塚先生)。

診断に大切なのは一に問診、二に検査

診察するうえで冨塚先生が大切にしていることは、主に二つあります。一つは、ご本人やご家族からの情報収集です。冨塚先生は「認知症の方の言動や患者背景などが、診断する際の判断材料になります」と話し、看護師による問診を重視しています。

看護師長 齋藤りえさん看護師長 齋藤りえさん
看護師 小原直美さん看護師 小原直美さん

診察前の問診を担当するのは、看護師の齋藤りえさんと小原直美さんです。問診のときに心がけていることとして、齋藤さんは「私たちが忙しそうな表情で対応すると、認知症の方の顔もこわばります。こちらが笑顔で接すれば会話もスムーズに進み、診断につながる情報も得られますので、表情などにも気をつけながらご本人やご家族と接するようにしています」と話します。

ご家族への問診では、ご自宅での様子や困っていることなどを聞き取り、メモにして冨塚先生に伝えています。「先生の前では言いにくいことや、ご本人には聞かれたくないこともあるでしょうから、診察前にしっかりとお話をお伺いするようにしています」という小原さんは、聞き取った内容だけでなく「ご本人はとてもデリケートなので、優しい表現でお願いします」といったコメントを追記することもあるそうです。

冨塚先生は、「彼女たちがすごく細やかに聞き取ってくれるので助かっています。医師にはあまり話をしてくださらない方もおられるので、医師と看護師、複数の視点で話を聞くことで、その方の不安や悩みの本質までくみ取ることができると思います」と、齋藤さん、小原さんをはじめとする看護師の仕事ぶりを高く評価しています。

もう一つ冨塚先生が大切にしているのは、診断の質を担保することです。「大病院と遜色のない、高いレベルの検査を身近なクリニックで提供したい」という冨塚先生の考えで、2016年に1.5テスラのMRIとVSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)を導入。多系統萎縮症など他疾患との鑑別や認知症の病型診断のため、必要があれば非常勤の放射線科医に読影を依頼しています。

訪問リハビリを行う中で、生活の様子も把握

リハビリテーション科を有する同クリニックでは、外来でのリハビリのほか、通院が困難な人を対象とした訪問リハビリも行っています。

作業療法士 藤野路さん作業療法士 藤野路さん

「リハビリを通して、少しでも認知症の方の自発的な行動を促し、意欲や活動性の向上につなげられればと思っています」と話すのは、外来・訪問リハビリを担当する作業療法士の藤野路さんです。藤野さんは、リハビリやデイサービスなどの予定をご自身でカレンダーに記入してもらい、見当識障害のリハビリに活用しています。

「“カレンダーを見れば書いてある”ということさえ覚えてもらえば、曜日や予定を忘れてしまっても助けになると思うので、ご自身でカレンダーに書き込んでもらい、いつも見ていただくようにしています」(藤野さん)。

また、訪問リハビリの際、藤野さんはご本人やご家族のご自宅での様子を観察し、ときにご家族にアドバイスをすることもあるといいます。

「クリニックに来られたときはきちんとしている認知症の方が、ご自宅では感情的になってご家族に怒っていたり、いつも穏やかなご家族がご本人にきつく当たっていたりする様子を見ることもあります。そんなときは、それぞれの訴えに耳を傾け、『こういう言い方をするとご本人も理解しやすいと思いますよ』などとアドバイスしています」(藤野さん)。

冨塚先生は、診察だけでは分からないご本人やご家族の一面を知ることができるのは、訪問リハビリのメリットだと考えており、「虐待に近い不適切な介護に気づいてくれたこともあり、非常に大きな力になっています」と、藤野さんに信頼を寄せています。

ご家族の不安に謙虚に向き合う

クリニック開業から10年以上が経ち、花巻市の高齢化率は33.4%にまで上昇しました(2017年10月現在)。その一方で、15~64歳以下の生産年齢人口は減少傾向が続いていることから、認知症の介護者が減り、一人で介護を抱え込んでいる人が多いと冨塚先生は指摘します。

「この地域には、『親の面倒をみるのは当たり前のこと』という道徳観がしっかり残っているように感じます。弱音を吐かず、他人に頼らず、ギリギリまで一人でがんばってしまう人も多く、精神的に追い詰められて初めてご本人を連れてこられるご家族もおられます」(冨塚先生)。

一方で、「どこでもいいから、とにかく本人を入院させてほしい」の一点張りというご家族もいて、ご本人とご家族にとってベストな治療や介護を提供したいという冨塚先生やスタッフの思いが伝わらないことにもどかしさを感じたり、悲しい気持ちになったりすることもあるといいます。

しかし、冨塚先生は「多くのご家族にとって、認知症の方の介護は初めての経験です。認知症への理解不足から不安感を募らせ、適切に対応できないのかもしれません」と話し、医療従事者が可能な限り介護者の立場に立ち、対応の仕方や今後の見通し、将来に備えてどんな準備が必要かといった説明を繰り返して理解を得るしかないと強調します。

また、MCI(軽度認知障害)の人ほど“この先自分はどうなってしまうのか”と不安や恐怖を感じていることが多く、冨塚先生は「忘れっぽくなるとか、新しいことを覚えにくくなるために、少し困ることも出てきますが、決してあなたがもともと持っている優しさや思いやりなどを失ってしまうわけではありませんよ」と伝え、少しでもホッとしてもらえるよう心がけています。

地域全体で認知症の人をケアする体制づくりにまい進

団塊ジュニアが65歳を超える2035年には、さらに高齢化が進み、認知症の医療やケアに携わる人の数は減少していくことが予想されます。冨塚先生は今後の課題として、地域全体で認知症の人をサポートするための体制づくりを挙げます。

冨塚先生とスタッフの皆さん冨塚先生とスタッフの皆さん

「世代交代が進まず地域のイベントに集まる人も少ないなど、コミュニティーが機能していないエリアも多々あります。医療・介護従事者が減り、ご家族も疲弊している現状を考えれば、地域全体で認知症の方をケアしていくよりほかにありません」(冨塚先生)。

「“認知症の方が暮らしやすい世の中をみんなでつくっていく”という思いを広め、地域全体で認知症の方をケアする体制づくりに努めたい」と、力強く語る冨塚先生。これからも先生を支えるスタッフの皆さんとともに、一歩ずつ前に進んでいきます。

 

取材日:2017年12月13日

とみつか脳神経外科クリニックの外観

医療法人報恩会
とみつか脳神経外科クリニック

〒025-0082
岩手県花巻市御田屋町1-41
TEL:0198-23-2100

施設のホームページへ

 

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ