やったで賞

種から育てた千成ひょうたん。何を作ろう!

岡野クリニック リハビリケア岡野

埼玉県越谷市赤山本町7-2

作品ページへ

ひょうたんの種まきから始まり、成長を見守り、収穫まで、さらにはひょうたんを加工し種抜き、乾燥、色付け、組紐を添えるなどなど長期にわたる作業はとても楽しそうですね。みんなで作ったひょうたんは今後も残り、その時々の苦労や楽しかったことが思い出され、すばらしいアイデアだと思います。
アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症では嗅覚が低下していることが多くあります。ひょうたんの臭いは、悪臭かもしれませんが、嗅神経は海馬に最も近く、記憶を刺激します。つまり、臭いは記憶を増強させる働きがあり、この作業、悪臭は一生忘れないでしょう。
ひょうたんに薬味というよりはみんなの思い出が詰まっていそうですね。作者みんなが見える、作品を見る人も楽しめるとても素敵な作品です。

医師・敦賀温泉病院 理事長 院長 玉井 顯

※印刷するをクリックするとPDFが立ち上がります。
 PDFの印刷機能・保存機能をご利用ください。