『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

施設名検索

施設名
検索する
応募期間で見る
作品カテゴリーで見る
絵画/塗り絵
貼り絵/ちぎり絵
陶芸
書道
編み物
手芸/パッチワーク
立体制作物
その他
審査カテゴリーで見る
一次審査通過作品
特別賞
敢闘賞

応募作品詳細

第11回
印刷用画面を表示

作品タイトル

鳳凰

病院・施設名

砂川市立病院

施設所在地

北海道砂川市西4条北3丁目1-1

作者名

岡本拓也

コメント

作品名は鳳凰。水墨画として半紙に描いています。
これまでも鳳凰を題材に、水彩画、油絵、色鉛筆画などでも描いてきました。
この作品とは別に、新ロマン派美術協会主催の新ロマン派展で一昨年、昨年と2年連続入選。
毎年地元において絵画展を開催しています。

施設の取り組み

砂川市立病院精神科の病床数は80床、急性期治療病棟(開放20床、閉鎖20床)と高齢者病棟
40床の2病棟の構成。治療にあたっては、精神科医師常勤医4名(うち指定医2名)、
非常勤医師1名、看護師、准看護師、理学療法士(病棟専従)、作業療法士,精神保健福祉士、
公認心理士、病棟薬剤師です。措置入院指定病院、応急指定病院、精神科卒後臨床研修病院、
医療観察法指定通院医療機関となっています。また精神科救急システムの輪番病院として機能
しています。精神科作業療法は、対象者に様々な活動を治療手段として、楽しみながら活動性
を高め、心と体の回復を援助します。その中で個人作業療法は、手工芸、籐細工、絵画や
創作活動など、その方の興味のある活動を支援します。集団作業療法は、カラオケや体操、
レクリエーションなど集団で行える活動を実施します。最近は認知症高齢者の作業療法にも
積極的に取り組んでいます。また、季節に応じたプログラム(バスレク、クリスマス会)も
実施しています。

印刷