『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 笑顔写真館
笑顔写真館 笑顔の一覧を見る
医療法人緑会佐藤病院・佐藤勇人さんの笑顔

栃木県矢板市
佐藤病院

佐藤勇人さん

医師 50代

認知症の治療やケアの研究が進み、選択肢も増えてきました。以前よりやりがいを感じられる分野になってきたと感じています。多くの医療・介護従事者の皆さんが認知症に取り組んでくれることを願っています。

掲載記事へ

医療法人緑会佐藤病院・藤田君子さんの笑顔

栃木県矢板市
佐藤病院

藤田君子さん

看護師 60代

人こそ人の鏡という言葉通り、こちらが強い口調だと認知症の方も怒りますし、穏やかな気持ちで対応すると穏やかな反応が返ってきます。適切な対応を心がけ、認知症の方によりよい状態で過ごしていただきたいですね。

掲載記事へ

医療法人緑会佐藤病院・青木光代さんの笑顔

栃木県矢板市
佐藤病院

青木光代さん

看護師 30代

病院はあくまでも通過点であってほしいと思います。ご家族も、施設も病院も、どこか一つで抱え込むのではなく、地域全体で協力していくのが理想です。そのためにも地域ともっと連携を図っていくことが課題だと考えています。

掲載記事へ

医療法人緑会佐藤病院・神原律子さんの笑顔

栃木県矢板市
佐藤病院

神原律子さん

作業療法士 40代

職種にこだわらず、皆で一緒に携わっていくことが大切だと思います。当院では一つの研修に多職種が参加する風土がありますが、認知症の方に対して、すべてのスタッフが適切な対応ができるといいですね。

掲載記事へ

医療法人緑会佐藤病院・坂本知恵さんの笑顔

栃木県矢板市
佐藤病院

坂本知恵さん

精神保健福祉士 20代

認知症の方とご家族の生活を守るためには地域全体での支援が必要です。当院だけでなく、介護施設や行政など、地域のいろいろな方が認知症ケアに関わっていく体制づくりに協力できればと思っています。

掲載記事へ

医療法人社団生生会 円山病院・円山寛人さんの笑顔

石川県七尾市
円山病院

円山寛人さん

医師 60代

認知症医療は、明日の我が身を今の我が身が診ているだけ。我が身なら、きっと笑顔と優しい言葉が欲しいですよね。認知症になっても過ごしやすい社会にしたいと考えています。

掲載記事へ

大西脳神経外科病院・大西英之さんの笑顔

兵庫県明石市
大西脳神経外科病院

大西英之さん

医師 70代

高齢者がいきいきと暮らすためには、若い世代や小さな子どもさんと触れ合える場を設けることが大切です。子どもさんには高齢者の知恵や経験を伝えられますし、双方にメリットがありますよ。

掲載記事へ

大西脳外科クリニック・垰本勝司さんの笑顔

兵庫県明石市
大西脳外科クリニック

垰本勝司さん

医師 70代

医師として、ご家族や看護師とは違う形で認知症の方に寄り添いたいと思っています。常に新しい医療の知識を持って認知症の方やご家族に伝えていけるよう、これからもまだまだ勉強が必要だと感じています。

掲載記事へ

大西脳神経外科病院・上原かおるさんの笑顔

兵庫県明石市
大西脳神経外科病院

上原かおるさん

看護師 50代

認知症の方の言動・行動にはそれぞれ理由があると考えながら看護にあたっています。ほかの医療従事者の方にも、同じように言動・行動の理由を「なぜ」と考えながら、認知症の方に接していただけるとうれしいですね。

掲載記事へ

さくら総合病院・秦誠宏さんの笑顔

愛知県大口町
さくら総合病院

秦誠宏さん

医師 40代

認知症のケアは、1人の医師だけではできません。さまざまな診療科の医師や看護師、心理士、リハビリスタッフなどが情報を共有し、互いの顔が見えるかたちで連携していきたいと思います。

掲載記事へ

さくら総合病院・山村延啓さんの笑顔

愛知県大口町
さくら総合病院

山村延啓さん

看護師 40代

認知症のケアは、医療従事者が自ら積極的に改善していかなければならないと思います。私自身ももっと勉強し、自分に何ができるのかを考えていきます。

掲載記事へ

さくら総合病院・樋田亜紀子さんの笑顔

愛知県大口町
さくら総合病院

樋田亜紀子さん

看護師 30代

認知症看護に携わるようになって間もないので、今はまだ手探り状態ですが、できるだけその方らしさを尊重し、ご本人が望む生活環境に戻れるように、ご家族を含めたQOLを維持できる状態で退院していただけるよう努めていきます。

掲載記事へ

国立精神・神経医療研究センター病院・塚本忠さんの笑顔

東京都小平市
国立精神・神経医療研究センター病院

塚本忠さん

医師 50代

認知症は裾野が広い領域であり、それだけやりがいの持てる領域でもあります。多職種が関わっていますので、今後も連携を進めていきたいと思います。超高齢社会を迎えたわが国で、他国に先行する認知症医療・介護を作り上げていきましょう。

掲載記事へ

国立精神・神経医療研究センター病院・坂田増弘さんの笑顔

東京都小平市
国立精神・神経医療研究センター病院

坂田増弘さん

医師 40代

認知症の方を地域で支えるには、介護・福祉施設が増えればいいという問題ではなく、さまざまな立場の人がつながって支える状況が必要です。まずは私たち医療関係者がさまざまな立場の人とつながることから始めていきましょう。

掲載記事へ

国立精神・神経医療研究センター病院・岩崎真樹さんの笑顔

東京都小平市
国立精神・神経医療研究センター病院

岩崎真樹さん

医師 40代

正常圧水頭症は、外科手術で改善する可能性がありますが、手術を受けるのはご高齢の方が多く、身体的疾患を合併していることもあります。丁寧な説明と合併症の少ない安全な手術を心がけています。

掲載記事へ

国立精神・神経医療研究センター病院・大町佳永さんの笑顔

東京都小平市
国立精神・神経医療研究センター病院

大町佳永さん

医師 30代

当院では、詳細な画像検査や心理検査による診断、精神症状の評価および薬物調整などを行っています。ご本人やご家族を支えるために、かかりつけ医の先生方やケアに関わっている方々とうまく連携していきたいと思っています。

掲載記事へ

秋野病院・木下修身さんの笑顔

山形県天童市
秋野病院

木下修身さん

医師 70代

認知症の方に残された機能を信じ、大切にしていただければと思います。転ばないように行動を制限するのではなく、転んでも大事に至らないようハード面に配慮したうえで、もう少し自由に動いていただけるといいですね。

掲載記事へ

介護老人保健施設ラ・フォーレ天童・佐々木大輔さんの笑顔

山形県天童市
介護老人保健施設 ラ・フォーレ天童

佐々木大輔さん

医師 70代

厚生労働省は、患者さんの意思を尊重し治療に反映させる「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」への取り組みを進めています。ACPが社会に浸透していくことを期待していますし、私も経験を積みたいですね。

掲載記事へ

秋野病院・日下部明美さんの笑顔

山形県天童市
秋野病院

日下部明美さん

看護師 50代

言葉が強くなってしまうことがありますが、認知症の方とのコミュニケーションを図るときには、視線を合わせてできるだけ穏やかに、気長に接していただきたいですね。

掲載記事へ

秋野病院・後藤恵理さんの笑顔

山形県天童市
秋野病院

後藤恵理さん

看護師 30代

BPSDがあって認知症治療病棟に入院された方には、その先に在宅復帰や施設入所があります。地域で認知症の方をバックアップする方々と連携していく重要性を感じながら、看護にあたっています。

掲載記事へ

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ