『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 笑顔写真館
笑顔写真館 笑顔の一覧を見る
かがやきクリニック川口・腰原公人さんの笑顔

埼玉県川口市
かがやきクリニック川口

腰原公人さん 

医師 50代

認知症の症状は一人ひとり異なり、生活環境にも左右されます。認知症に関する一般論をそのまま当てはめるのではなく、目の前の方に合わせて知識や経験をどう活かすかが、私たち医療従事者に問われています。

掲載記事へ

音成神経内科・内科クリニック・音成龍司さんの笑顔

福岡県久留米市
音成神経内科・内科クリニック

音成龍司さん

医師 60代

独居の方に認知症の疑いが生じたときに、近所の方が病院に連れていけるような、優しい街づくりが必要だと考えています。認知症の方に対し、周りにいるすべての人が適切な対応を取れるように、啓発活動に尽力していきます。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・漆谷真さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

漆谷真さん

医師 50代

認知症の方とご家族のために、何が最善なのかを考えながら治療にあたっています。何かおかしいと思ったときや、専門的な意見が必要なときには、お気軽にご相談ください。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・遠山育夫さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

遠山育夫さん

医師 

認知症は治療だけでなく、介護など生活面の問題を改善することも重要です。大学病院だけでなく地域の医療機関や介護施設、行政との連携を深めて、力を合わせて認知症医療に取り組んでいきたいと思います。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・金一暁さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

金一暁さん

医師 40代

認知症の方とご家族の、生活の質の向上を追求するためには、医療や介護、行政など、さまざまな立場の人との連携が不可欠です。いつでも連絡しあえる、風通しのよい関係を築いていきたいと思います。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・松尾雅博さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

松尾雅博さん

医師 40代

認知症の診断はバッドニュースと思われがちですが、治療法がわかる、解決策が見えるという意味でグッドニュースにもなり得ます。診断がご本人やご家族にとってバッドニュースと捉えられないように、グッドニュースになるようなサポート体制を、医療従事者や行政と協力してつくっていきたいですね。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・安藤光子さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

安藤光子さん

看護師 50代

認知症の人とご家族が、孤立感を感じることのないようにサポートしていくことが大切だと思います。何かできることがあれば尽力したいといつも思っているので、困ったことがあれば声を上げてもらいたいですね。

掲載記事へ

滋賀医科大学医学部附属病院・國立淳子さんの笑顔

滋賀県大津市
滋賀医科大学医学部附属病院

國立淳子さん

言語聴覚士 50代

認知症の方への検査では、ご本人のお気持ちをくみ取って柔軟に対応することを心がけています。かつて私もそうでしたが、検査に慣れないうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、人生の先輩に接するという敬意を持ちながらも、正しい評価をしていただけたらと思います。

掲載記事へ

偕行会城西病院・錫村明生さんの笑顔

愛知県名古屋市
偕行会城西病院

錫村明生さん

医師 60代

医師の力だけでは、ご本人やご家族の問題が解決しないこともあります。認知症医療はチームで取り組むことが大切です。小規模の診療所など院内だけではチームが作れなくても、地域の他施設との連携でチーム医療の実現を目指してほしいですね。

掲載記事へ

偕行会城西病院・澤田真紀さんの笑顔

愛知県名古屋市
偕行会城西病院

澤田真紀さん

看護師 40代

認知症の方には、地域でどのようなサポートが受けられるかが大切です。適切なサポートができるように、よい取り組みは地域のネットワークで共有して、ほかの医療従事者の方と一緒にがんばっていきたいです。

掲載記事へ

偕行会城西病院・日比野貴志さんの笑顔

愛知県名古屋市
偕行会城西病院

日比野貴志さん

理学療法士 30代

認知症の方の個性を重視して接することを大切にしています。リハビリを担当する私たちは、他の医療従事者に比べて認知症の方と向き合う時間が長いので、そこで得られた情報をチームに共有し、治療に役立てることができればと願っています。

掲載記事へ

偕行会城西病院・高野洋子さんの笑顔

愛知県名古屋市
偕行会城西病院

高野洋子さん

事務 50代

症状だけでなく、その方が日々の生活などで抱えている問題や背景まで見ていけば、相談窓口や介護施設など、必要なサポートにつなげられると思います。医療従事者だけではカバーしきれないところをつないでいく役割を果たせたらと思っています。

掲載記事へ

ナカイクリニック・中井昭宏さんの笑顔

大阪府堺市
ナカイクリニック

中井昭宏さん

医師 40代

認知症の早期発見には「ちょっとした気づき」が重要です。「何かおかしい」と気づいたらすぐに受診につなげてください。今以上に地域で連携を組めるように持っていきたいですね。

掲載記事へ

ナカイクリニック・松田香純さんの笑顔

大阪府堺市
さくら訪問看護ステーション

松田香純さん

訪問看護師 30代

日々の訪問看護では、認知症の人の些細な変化を見逃さないよう心がけています。そのためには普段の様子を知っておくことが大切です。観察力を磨いて、早期発見や症状の進行予防につなげていきたいと思います。

掲載記事へ

井料クリニック・井料宰さんの笑顔

鹿児島県霧島市
井料クリニック

井料宰さん

医師 60代

認知症によって言動が変わってしまうと、ご家族や介護をされている方は、対応に戸惑うこともあるでしょう。ご家族はもちろん、医療従事者でも、対応に悩んだときは認知症を積極的に診ている医療機関にどんどん相談してほしいと思います。

掲載記事へ

井料クリニック・久木田由香さんの笑顔

鹿児島県霧島市
井料クリニック

久木田由香さん

看護師 40代

認知症になっても今までの生活を崩すことなく、できるだけ同じ状態を維持するのが理想だと思います。そのためにも地域全体で認知症の方を見守っていける環境や、居心地の良い居場所づくりを進めていきたいですね。

掲載記事へ

井料クリニック・小山正志さんの笑顔

鹿児島県霧島市
井料デイサービスセンター

小山正志さん

ケアマネジャー 40代 

自分一人だけで認知症の方を支えることはできません。迷ったときこそ連携が大切です。医療のことは先生に、看護のことは看護師に、それぞれ専門家のアドバイスを受けて、一人ひとりに合った適切なサポートをしていきましょう。

掲載記事へ

井料クリニック・瀬戸川るみ子さんの笑顔

鹿児島県霧島市
グループホーム陽だまり日輪荘

瀬戸川るみ子さん

管理者 50代 

理想は、認知症になっても誰もが今までと同じ生活を続けられること。医療や介護の専門職だけでなく地域の方も一緒になって、みんなで認知症の方とご家族を支え合う、そんな地域づくりを目指したいと思います。

掲載記事へ

井料クリニック・牛ノ濱法人さんの笑顔

鹿児島県霧島市
サンライズ吹上

牛ノ濱法人さん

管理者 30代 

何があっても利用者さんが1日笑って過ごせるように支援する、それが私のモットーです。そのためには介護する私自身も笑って過ごすことが大切。介護する側もされる側も、どちらも笑顔でいられる環境をつくっていきたいと思います。

掲載記事へ

折茂医院・折茂謙一さんの笑顔

岐阜県高山市
折茂医院

折茂謙一さん

医師 70代

認知症の方には、気持ちに寄り添い、しっかりとお話を聞くことが重要だと思います。また、ご家族は毎日大変な介護を担っておられるので、ご本人はもちろん、ご家族にも寄り添う、これが私の認知症医療です。

掲載記事へ

 

前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ