認知症病院紹介サイトTOP > 取材記事を探す【北海道】 > 北海道 > 北海道砂川市 NPO法人「中空知・地域で認知症を支える会」
認知症病院の取材記事を探す

地域で認知症患者、家族を支える仕組みを創りだす
<北海道砂川市 NPO法人「中空知・地域で認知症を支える会」>

NPO法人中空知・地域で認知症を支える会メンバー NPO法人中空知・地域で認知症を支える会メンバー

北海道の中央に位置し旧炭鉱町を抱える中空知地区の高齢化率は3割を超え、認知症患者の数も増加の一途をたどっています。認知症の患者・家族を地域で支えるとともに、認知症を地域の人に深く理解してもらおうと活動するNPO法人が認知症治療、介護関係者から高く評価され、注目されています。

NPO法人「中空知・地域で認知症を支える会」 開業医とケアスタッフを核に、
患者家族、市民も巻き込んで

このNPOは2003年に任意団体の「中空知・地域で痴呆を支える会」として発足しました。 5年後にNPO法人として認可されました。初代理事長で当時の空知医師会会長で小泉医院の小泉洌院長は「この地域の中核病院である砂川市立病院に認知症診断と治療に熱心な先生方によって"もの忘れ専門外来"が開設されました。それを機に、この地域でも将来的に認知症が問題になることは明らかで、地域ぐるみで会をサポートして発展させようと考えたのです」と、設立の動機を説明します。

現在は「もの忘れ専門外来」となっていますが、開設当初から他の医療機関とは違い精神科、脳神経外科、神経内科と画像診断の専門家が連携しており、認知症の画像診断の技術に関しては全国的にみてもトップクラスのレベルを維持しています。

小泉理事長(当時)が着目したのはこの診断技術の高さです。同外来と地元の開業医が連携して地域における認知症の治療やケアを充実させるとともに、患者さんやご家族だけでなく、一般の人たちにも認知症をもっと知ってもらいたいと考えたからでした。

医師会の仲間に声をかけたのはもちろん、認知症は医師の力だけでは治したり、ケアしたりはできないので、中空知の介護施設関係者、保健センター、地域包括支援センター、社会福祉協議会にも話をし、賛同してもらいました。

もともとは任意団体でスタートしたのですが、法人格のほうが一般の人たちからも信用され、地域の医療関係者も相談を持ちかけやすく、行政からの補助も受けやすいために、NPO法人として申請し、認定を受けたのでした。

広がる会員の輪 医療圏を越えて

NPO法人の活動の主目的は患者さんやご家族はもちろん医療者、介護者をはじめ一般の人にも認知症とは何かを知ってもらい、治療とケアについて理解してもらうことです。様々な認知症に関する啓発を行うことで、理解を深め地域全体で支えることを目的に活動を続けています。

現在は以下のような活動を一年を通じて行っております。
○認知症多職種事例検討会:事例を用いて多職種で検討する(年3~4本)
○ケアスタッフ研修会:認知症専門職種等の講演会(年3~4本)
○市民健康フォーラム:地域住民向け講演会や家族体験談発表など(年1回)
○支えあい連携手帳の発行と普及:主に認知症の介護者家族にお渡しし、日常の本人の様子などを記録し介護医療関係者とも情報共有しながら皆で支えていくための手帳
○一般社団法人認知症支援ボランティア“ぽっけ”後方支援:平成24年に発足した有償ボランティア団体であり、発足にかかわり、現在は養成講座の協力や例会での助言など後方支援を行う
○認知症グループホームケアスタッフ交流:管内のグループホーム見学交流の仲介役を担う。互いの介護や行事の工夫などを共有し質向上に協力している
○砂川市立病院認知症疾患医療センターとの連携:空知管内唯一指定を受けている認知症疾患医療センターの協議会で意見交換、情報共有を行っている。また上記の各啓発活動は認知症疾患医療センターとNPO法人の両輪で活動している

ケアスタッフ研修会の様子 ケアスタッフ研修会の様子
多職種事例検討会の様子 多職種事例検討会の様子

 

中空知・地域で認知症を支える会・神部寿郎監事 監事の神部寿郎さん

介護スタッフの意識改革も会の課題でした。NPO法人の監事である神部寿郎さんは「介護士には看護師のようなキャリアアップというシステムがないので、仕事に対する意欲が失われやすい」と介護士の現状を指摘します。介護は誰にでもできるものではなく、経験則だけで患者さんをうまくケアできるものでもありません。専門医からのアドバイスも必要なので、NPO法人中空知・地域で認知症を支える会のケアスタッフ研修会や認知症多職種事例検討会に参加してもらいます。毎回参加する介護士もおり、顔見知りとなってお互いの経験などの情報交換の場にもなっています。

市民への啓発事業 ~認知症をよりよく知るために~ ボランティアの養成

認知症の患者、家族を地域で支えるためには地域の人たちの認知症に対する理解が不可欠です。認知症は怖いものだという考え方や、認知症になったらなすすべがないという意識を変えないと、市民が積極的に認知症をサポートしてくれません。

さらに、医療保険や介護保険の枠では提供できないサービスや身近にいる患者さんへのちょっとしたケアを補う上でボランティアの存在が重要になってきます。

NPO法人では、平成23年に5回講座のボランティア養成講座を開催しました。講座終了後、受講者に引き続き集っていただき、半年間の準備を経て平成24年4月に認知症ボランティア“ぽっけ”が発足しました。ボランティアに認知症のことをよりよく知ってもらうために専門医を招いて「認知症基礎講座」も開くようになりました。現在は、中空知を中心に約50名の会員が各地で活動しており、年間約3,300時間(1時間600円有償)の活動に発展しております。利用者から“ぽっけ”の携帯電話にかけてきて相談事を話され、「助かったわ。家族に言えないしね。また頼むわ」とか、ご家族からは「(受診のために仕事を休んでいたが、)仕事を休まなくてもよくなり、とても助かった」、またケアマネジャーからは「どんな対応にも応じてもらえ、非常に助かっていると同時に、安心して任せられる」との声が寄せられています。

またボランティア自身からも「大変なときも多々ありますが、喜んでくれて感謝の言葉をいただくと、自分自身にも優しくなれることが喜びです」「自分が訪問するのを待っていてくれて、笑顔で出迎えてくれることが、とても嬉しい」「ありがとうの感謝の言葉をもらい、人のお役に立っていると実感できることが嬉しい」「『あんたと会えて、今日は良い日。とても楽しかった、また待っているよ』の言葉に、少しでも社会のお役に立てたという気持ちになれました」などといった声を聞きます。この中空知ではすでに存在感のある一社会資源として存在しているといえます。

 

患者さんの家族とも会合を 認知症を介した地域づくりを

また、家族支援として砂川市立病院認知症疾患医療センターとNPO法人が連携して、認知症家族向けの家族教室を開催しています。また砂川市には認知症患者の家族会“ひだまりの会”があります。家族教室に参加した介護者が家族会に入会するという流れをつくり、支えあいの輪をつくっています。自分と同じ境遇の他の家族の話を聞いて介護の大変さに共感することで癒されるのです。家族同士でお互いの苦労を話す方がカウンセリング効果はより大きいのです。家族が心を開ける場をできるだけ持てるようにするのも会の役割ではないかと思います。

中空知でこれからますます認知症の人が増えるのは必至です。それにともない医療、介護、ボランティアのさらなる連携とレベルアップが求められます。NPO法人は、その中間に立って連携とレベルアップに協力し認知症とその家族を支え、住みよい地域づくりに貢献していきます。

 

地域包括ケアってなあに? 地域で見守る認知症 砂川モデルを全国に

地域包括ケアってなあに?
地域で見守る認知症 砂川モデルを全国に
株式会社医学と看護社 発行日:2016年3月31日
定価3,300円(本体3,000円+税)B5判/96頁/2色刷

 

 

 

 

 

 

更新日:2020年5月25日

NPO法人 中空知・地域で認知症を支える会

〒073-0162 北海道砂川市西4条北3丁目1番1号

施設のホームページへ

【関連施設】 砂川市立病院認知症疾患医療センター


医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • 認知症のお薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 全国各地の認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ