『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【北海道】 > 北海道 > 北海道札幌市 医療法人重仁会 大谷地病院
医療機関を探す

精神科病院としての専門性を認知症医療に生かす
<北海道札幌市 医療法人重仁会 大谷地病院>

医療法人重仁会 理事長 大谷地病院 院長 田尾大樹先生< 医療法人重仁会 理事長
大谷地病院 院長 田尾大樹先生

札幌市にある大谷地病院は、認知症専門外来や認知症疾患サポートセンターを開設し、認知症治療病棟では入院治療も行うなど、精神科病院として専門性の高い認知症治療を提供しています。また、グループホームや介護老人保健施設などを併設し、訪問診療や往診も行うことで退院後もフォローできる体制を整え、認知症の人が地域に住み続けられるように幅広いサポートを行っています。

認知症専門外来を開設、精神科ならではの医療を提供

洗練された待合スペース 洗練された待合スペース
認知症医療を支えるMRI 認知症医療を支えるMRI

大谷地病院は1971年の開設以来、50年近くにわたって精神科医療を提供してきました。“患者様のニーズにいかに応えるか”を追求してきた同院。理事長で院長の田尾大樹先生は、「精神科だからこそできる認知症医療がある」との思いから、日本認知症学会の認知症専門医の資格を取りました。

札幌市では認知症専門医は神経内科医が多く、精神科医は少数です。田尾先生は認知症専門医の資格を持つ精神科医として、同院に、2015年8月に認知症専門外来、2016年3月に認知症治療病棟、2016年4月には認知症疾患サポートセンターを開設し、さらに関連の介護施設や地域の高齢者福祉施設に訪問診療や往診も行うなど、認知症治療に精力的に取り組んできました。

現在、同院の新患の約4分の1は認知症の人が占めています。2015年の認知症専門外来の開設以降増加傾向にあり、同院は、今後さらに精神科ならではの認知症医療に力を注いでいく方針です。

認知症疾患サポートセンターで総合的に支援

同院の認知症治療病棟では、入院が必要な認知症の人が療養生活を送っています。ここでは、BPSD(周辺症状)を抱えた人を多く受け入れていますが、入院はできる限り短期間にとどめています。田尾先生はその理由を、「入院が長くなると生活能力が落ちてしまいます。退院後の生活をしやすくするためにも、治すべきBPSDだけを治療し、元の生活に戻っていただくことを大切にしています」と話します。

2008年から、各都道府県や指定都市が医療機関を認知症疾患医療センターに指定し、認知症の人に適切な医療や介護を提供するために、支援体制を整えています。北海道でも18機関が指定されていますが、札幌市にはまだ指定機関がありません。そこで、田尾先生は認知症疾患医療センターに準じた医療が提供できるよう、同院に認知症疾患サポートセンターを開設し、認知症専門外来や認知症治療病棟を中心に、認知症専門医や認知症看護認定看護師、ケアマネジャー、精神保健福祉士など多職種からなるチーム医療に取り組み、認知症の人やご家族を支援しています。

「サポートセンター開設の際には、当院のある厚別区の障害福祉課にも開設の意図を伝え、行政機関とも連携する意向を伝えています」と話す田尾先生。

厚別区では、適切な医療や介護につながっていない認知症の人に、包括的な初期支援をする“認知症初期集中支援推進事業”を2017年以降に実施予定で、田尾先生はここでも認知症専門医として、病院内にとどまらない、幅広い連携と地域の認知症医療向上を目指しています。

認知症の人それぞれに合わせたケアを目指して

認知症看護認定看護師 菊地弥栄子さん 認知症看護認定看護師
菊地弥栄子さん

作業療法カレンダー 作業療法カレンダー
作業療法士 藤澤多喜子さん 作業療法士
藤澤多喜子さん

看護師長であり、認知症看護認定看護師の菊地弥栄子さんは、BPSDを抱えて入院する認知症の人がADL(日常生活動作)を落とさず入院生活を送れるよう、環境づくりに心を砕いています。

「入院する方が抱いている不安感や困っていることをご本人やご家族からしっかりと聞き、個別の対応を心掛けています。認知症の方が早期に退院され、普段の生活に戻られるときはとてもうれしいですね」(菊地さん)。

認知症の人それぞれに合わせた対応をするのは、認知症治療病棟の作業療法士、藤澤多喜子さんも同じです。入院中でも昼間はしっかり起きていられるように、午前中は体を動かすプログラムを行うほか、認知症の人がそれぞれの好きなことに挑戦できるように、音楽や園芸など幅広いプログラムを用意しています。

「安心できる環境を整え、得意なことや好きなことをリハビリテーションに取り入れていくと、BPSDも比較的早く和らぎ、笑顔を取り戻していただけます。その人らしさを発揮するお手伝いができることにやりがいを感じます」(藤澤さん)。

ストレスを抱えたご家族も支える

介護福祉士 中原聖子さん 介護福祉士 中原聖子さん
精神保健福祉士 岳和広さん 精神保健福祉士 岳和広さん

サポートが必要なのは、認知症の人だけではありません。ご家族も認知症を受け止められず不安になったり、介護方法がわからない、うまくコミュニケーションが取れないなどの理由から大きなストレスを抱えたりすることも少なくありません。介護主任でもある介護福祉士の中原聖子さんは、認知症の人の介護を行うと同時に、ご家族の話にもしっかり耳を傾けます。

「ご家族の気持ちを理解できるように意識しながらお話を聞き、心に寄り添うことを大切にしています。ご家族やご本人に感謝の言葉をかけていただくとうれしくて、もっと関係性を深めたいと思います」(中原さん)。

入院の相談や退院支援などに携わる医療相談室室長で精神保健福祉士の岳和広さんは、行政から寄せられる難しい相談にも対応しています。緊急入院が必要な人や退院後の手厚いフォローが必要な人についての相談が、地域包括支援センターから持ち込まれるためです。

「この1年で地域包括支援センターからの相談が急増しています。入院を待っていただくこともあるので、スムーズに受け入れていくことが今後の課題です」(岳さん)。

グループホームや介護施設も運営し、退院後の生活をサポート

同院の運営母体である医療法人重仁会は、グループホームや介護老人保健施設、小規模多機能型居宅サービス介護事業所、定期巡回ステーション、サービス付き高齢者住宅、有料老人ホームなども開設し、利用者の状態やニーズに合った環境を整え、サービスを提供しています。

「せっかく入院して回復したにもかかわらず、退院後に入所した施設によっては再び症状が悪化して、再入院を余儀なくされる方もおられます。退院後も適切な支援を継続できるよう、介護サービスにも力を入れています」(田尾先生)。

駅直結の商業施設に新クリニックを開設

新さっぽろファミリアクリニック 院長 越前谷則子先生 新さっぽろファミリアクリニック
院長 越前谷則子先生

医療から介護サービスまで充実した体制を整えている同院は、2016年12月、新たに、認知症診療を中心とし、往診も行う“新さっぽろファミリアクリニック”を開設。副都心として発展が予想される新札幌の地下鉄直結、JRからも徒歩1分という好立地にある新クリニックで院長を務めるのは、精神科医の越前谷則子先生です。

「商業施設内にあり、アクセスもよいので、認知症なのではと不安な方も気軽に受診できると思います。また、認知症治療病棟を持つ大谷地病院が母体なので、BPSDで入院が必要な方にも安心して受診してほしいですね」(越前谷先生)。

新クリニックと同じフロアには、居宅支援事業所“介護の相談窓口 新さっぽろ”も設置し、医療や介護についてのさまざまな相談を受け付け、ケアマネジャーの紹介や介護プランの作成なども行っています。

早期の受診につなげるために、啓発活動にも注力

医療法人重仁会の皆さん 医療法人重仁会の皆さん

「認知症疾患サポートセンターを開設したところ、認知症の症状が顕著になってから病院を受診する方が多いことに気がつきました」と話す田尾先生。早期発見・早期治療につなげるには、地域に向けた啓発活動が重要だとして、近隣住民に認知症も含めたさまざまな疾患への理解を深めるイベントを行っています。

田尾先生や越前谷先生をはじめ、菊地さん達スタッフも介護従事者や一般市民向けの講演会を月1回のペースで行っており、これらの啓発活動は今後も継続していく考えです。

「神経内科や脳神経外科、内科など認知症を診る診療科は他にもありますが、精神科でしか診られない方もおられます。今後も増え続けるであろう認知症の方を、精神科医として一人でも多くサポートしていきたいと思います」(田尾先生)。

 

 

取材日:2016年10月28日

大谷地病院の外観

医療法人重仁会 大谷地病院

〒004-0041  
北海道札幌市厚別区大谷地東5-7-10
TEL:011-891-3737

施設のホームページへ

 

新さっぽろファミリアクリニックの外観

医療法人重仁会 新さっぽろファミリアクリニック

〒004-0052 
北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-6-3
新さっぽろアークシティ デュオ2
4階メディカルモール
TEL:011-895-3736

施設のホームページへ

 

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症医療・介護に関わる知識を掲載認知症情報誌
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ