『笑顔とこころでつながる認知症医療』サイトドメイン変更のお知らせ 「お気に入り」や「ブックマーク」の変更をお願いします

詳細はこちら

ホーム > 地域から探す【関東信越】 > 新潟県 > 新潟県阿賀野市 本田脳神経外科クリニック
医療機関を探す

行政とも連携を深め、ご本人とご家族に寄り添った認知症医療を
< 新潟県阿賀野市 本田脳神経外科クリニック >


本田脳神経外科クリニック 院長 本田吉穂先生
本田脳神経外科クリニック 院長 本田吉穂先生

新潟市に隣接するベッドタウンであり、農業が盛んに営まれている阿賀野市に本田脳神経外科クリニックはあります。本田吉穂先生が地域住民の健康を支えるために12年前に開院しました。最先端の検査機器を備え、慎重に診断を行い、ご本人とご家族に寄り添った認知症医療を提供しています。

地域のかかりつけ医として献身的に支える

院長の本田吉穂先生が市内の病院を退職後、本田脳神経外科クリニックを開院したのは2007年のことです。本田先生はそれまで、脳神経外科医として新潟県内各地の病院で手術を中心に脳血管障害の治療にあたってきました。前職の病院時代、本田先生はこの阿賀野の地で、医師の大量退職によって医療体制が崩れるという経験をしました。そのときに他地域の病院への配置転換を打診されたことから、地域の患者さんを治療し続けるために退職して開院しました。

開放感のある待合室開放感のある待合室

同クリニック開院後は、検査機器を充実させ、脳血管障害はもちろん、認知症の治療も積極的に行っています。本田先生は、「地域が高齢化し、認知症の方が数多く受診されますし、開院から10年を経て、以前から通院している患者さんの年齢も高くなって認知症医療のニーズはさらに高まっていると感じます」と言います。「阿賀野市はどの科においても全体的に医師不足です」と指摘する本田先生は、昼休みには往診も行い、献身的に地域を支えています。

検査をしっかり行うとともにご家族の話を重視

認知症を疑って受診されたときには、同クリニックでは、問診票を記入してもらい、スタッフによる神経心理検査、本田先生の診察、CTやMRI検査を経て、その日のうちに診断をつけています。本田先生は、「画像検査を行うのは、あくまでほかの病気を見逃さないためです」と言い、神経心理検査や画像検査の結果だけを重視するのではなく、ご本人やご家族の話を聞くことを重視しています。

クリニック内に設置されたMRI装置クリニック内に設置されたMRI装置

「ご家族の表情を見ると、ご本人の前では話せないこともあるとわかります。別室で検査を受けていただいているあいだにご家族から話を聞くこともあります」。

高齢者を連れて何回も受診するのは容易ではないことから、同クリニックでは待ち時間が少々長くなったとしても、その日のうちに診断をつけています。SPECTなどさらに詳しい検査が必要なときは、あがの市民病院などに検査を依頼します。

「詳しい検査が必要になるのは正常な状態と認知症の境界にある方です。診断が難しいので、検査だけを依頼するのではなく診断も併せてお願いすることが多いです。私以外の目でも確認してもらい、確実な診断につなげています」

若年性認知症の場合は、若年性認知症の人を多く診ている大学病院の先生を紹介するなど、院外との連携によりご本人やご家族が納得のいく治療ができるよう導きます。

ノートを活用し、症状や状況の情報を収集

本田先生は、「認知症と診断するときは、『適切な薬物療法を始めることでご本人がよりよい状態でいられる期間が長く保てます』と説明し、納得していただいてから治療に入ります」と言います。また、進行の抑制には薬物療法以外に人との交流が有効であると話し、家の中だけで過ごすのではなく、介護保険を申請してデイサービスなどを利用するようアドバイスします。独居や、日中ご家族が不在で服薬管理が難しい人にも、ヘルパーなどの手を借りることができるよう介護保険の利用を勧めます。

同クリニックを受診する認知症の人は月200人にも上ります。本田先生は、「BPSD(周辺症状)があっても家で介護をしたい方、施設入所を望む方など、ご家族のご希望はさまざまです」と語り、定期的な受診を通して少しずつご家族の背景や考えなどを探っていきます。そのうえで、なるべくご家族の意向に沿った提案を行います。

診察時間が限られていることから、本田先生はご家族にノートを手渡し、前回の受診後にあったできごとや受診時に質問・確認したいことを記入してもらっています。

「日常生活のなかで私に聞きたいことが浮かんでも、診察中に思い出せなかったり、ご本人の前で言えなかったりすることもあるでしょう。簡潔にまとめて書いていただいたものを診察前に読み、そのうえで診察しています」。

ノートに書かれたご本人の症状や状況の記録が、短時間での情報把握と、治療やアドバイスへの反映につながっています。

行政と連携を深め、初期集中支援チームにも参加

本田先生が認知症サポート医になるまで、同市には認知症サポート医はいませんでした。本田先生は、行政から講演などの依頼があれば積極的に応じることで、認知症サポート医の役割を果たし、行政との連携を深めてきました。2018年から、認知症サポート医として同市の認知症初期集中支援チームに参加しています。

認知症初期集中支援チームは、認知症の人が医療や介護サービスを受けていない場合に、医師や福祉職など多職種が関わって、初期の支援を行うものです。同市の行政は、以前から認知症の人の支援に熱心に取り組んでおり、住民から地域包括支援センターに認知症の疑いがあると相談があった場合には、メールや電話で同クリニックに連絡があり、内容によって受診につながっていました。

「当時は初期集中支援チームという名称ではありませんでしたが、すでに行政と当クリニックでチーム同様の仕事をしていました。現在は、行政側が初期集中支援チームメンバーとして対象者を訪問し、新たに認知症サポート医となった先生と分担して訪問後の会議を行い、必要な医療・介護を考えています」。

啓発活動で早期受診の増加を目指し、よりよい状態の維持を

本田先生は、認知症が進行してから受診する人もいることから、早期発見・早期治療のためには、住民への啓発活動が大切だと考えています。治療に力を入れるだけでなく、市民公開講座などを積極的に引き受けるのはそのためです。

「認知症は治療しても根治しないので、何もしないという考えの方もいます。しかし、早期から治療が始められたら、よりよい状態で過ごすことができるのですから、早期に受診されることがいかに大切かを話すようにしています」。

また、本田先生は、「認知症の方に直接携わる方にこそ正しい知識を持っていただかないと、知識は広まらないと思います」と介護従事者を対象とした研修などにも協力しています。

同市では、社会福祉協議会を中心に多くのボランティアが関わり、高齢者の閉じこもり予防として各地でサロン事業が展開されています。本田先生は、「重度の認知症の方を増やさないために重要な“地域で支える仕組み作り”が推進されています」と笑顔で語り、地域住民の取り組みに期待しています。地域住民が高齢者に高い関心を寄せる地域において、正確な鑑別診断と献身的な治療を提供する本田先生は、地域の認知症診療の心強い担い手となっています。

 

取材日:2019年2月27日

本田脳神経外科クリニックの外観

本田脳神経外科クリニック

〒959-2026
新潟県阿賀野市下条町13-12
TEL:0250-63-1111

施設のホームページへ

 

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ