ホーム > 地域から探す【近畿】 > 滋賀県 > 滋賀県草津市 南草津けやきクリニック
取材記事を探す

認知症の人の「こころ」に寄り添い、在宅生活の継続を支援
< 滋賀県草津市 南草津けやきクリニック >


院長 宮川正治先生
院長 宮川正治先生

日本最大の湖、琵琶湖の南東に位置する滋賀県草津市。人口減少が進む日本で、草津市は市制施行以来、一貫して人口増加が続く全国でも珍しい自治体の1つです。高齢化率は21.9%(2019年3月31日時点)と全国平均(約28%)を6ポイント程度下回っているものの、高齢者の増加は続いており、さまざまな認知症対策が進められています。このような地域のニーズに応えようと、南草津けやきクリニックでは認知症の治療だけでなく、デイケアや訪問看護にも注力し、認知症の人とご家族が住み慣れた地域で日常生活が継続できるよう支援を行っています。

経験豊富な専門医2名が認知症医療を提供

JR琵琶湖線・南草津駅から徒歩1分とアクセスに便利な南草津けやきクリニックは、2010年4月に開院した精神科のクリニックです。うつ病、不安障害、パニック障害などの精神疾患全般に幅広く対応しており、初診で月30~40人、再診では月に約1000人の患者さんが来院されています。そのうち認知症が疑われる人が約7割を占め、ともに日本老年精神医学会認定専門医で認知症サポート医の宮川正治先生と高橋淳先生が診療にあたっています。

院長の宮川先生は京都大学教育学部から同大学大学院教育学研究科へと進み、発達心理学を専攻していました。その中で、精神科病院で心理検査を実施する機会があり、入院中の認知症の人と接したことから「認知症を自分の専門として仕事をしてみたい」と思うようになったと言います。そこで、大学院修了後に医師を目指して愛媛大学医学部に入学。卒業後は滋賀医科大学附属病院や滋賀県大津市にある瀬田川病院で研鑽を積み、瀬田川病院では認知症疾患医療センター長を務めました。その後、「外来中心の医療をやっていきたい」との思いからクリニック開業を決意し、大学病院時代の後輩であり、一緒に切磋琢磨してきた高橋先生を副院長として迎え、現在に至ります。

副院長 高橋淳先生副院長 高橋淳先生

一方の高橋先生は、医師になった当初は認知症の診療に特別な関心があったわけではなかったそうですが、研修医のとき、宮川先生から指導を受けたことをきっかけに意識が変わり、興味が芽生えたと言います。

「当時は認知症患者の精神症状・行動症状に対して、閉鎖病棟へ入院させ、薬物による鎮静を行うのが標準的治療だと思っていましたが、そうした治療の弊害の大きさも目の当たりにし、少々行き詰まっていました。そのとき、患者さんの行動の理由をもっと深く考え、工夫したケアを行うことで症状は改善するのだということを学び、目から鱗が落ちました」(高橋先生)。

その後、認知症疾患の専門病院である岡山県のきのこエスポアール病院や、滋賀県の水口病院認知症疾患医療センターなどでの診療を通じ、認知症の専門的な治療に携わってきました。

告知はご本人・ご家族がなるべく前向きに捉えられるよう配慮

認知症を疑って同クリニックを受診する人のうち、認知症と診断されるのは約3分の2で、MCI(軽度認知障害)など認知症の前段階で受診する人も3分の1ほどいます。 同クリニックのある草津市の高齢化率は21.7%と、全国平均を下回っているものの、高齢化率が30%近くに達している地区もあります。宮川先生は「中心市街地のマンションに住む息子さん、娘さんが、かつての新興住宅地に暮らしていた70代、80代の両親を呼び寄せ、同居するようになって認知症の症状に気づき、連れて来られることもよくあります」と、地域ならではの受診の経緯を話します。 そのほか、介護施設の職員やケアマネジャーから行動心理症状への対応方法の相談を受けることも多いそうです。

診断に際しては問診を重要視しています。経過を正確に把握することが診断にもっとも大切です。また生活史をお伺いする中で患者さんの不安を軽減し、信頼関係を築くことにも留意しています。「ここに力を入れすぎて、話が長くなるのがわれわれの問題点です」と2人の医師は口をそろえて笑います。さらに神経学的診察や血液検査の他、心理士が改訂長谷川式知能評価スケール、ミニメンタルステートテスト、時計描画検査、前頭葉機能検査、トレイルメイキングテストなどを行います。また必要に応じ、近隣の医療機関へ依頼し、頭部画像検査を行います。

検査結果がそろったら説明を行います。多くの場合、ご本人へも告知をしています。

「認知症であっても、進行を抑えて現在の力を維持していく手段があることを伝え、治療や生活の見直しなどに前向きに取り組んでもらえるようにと思っています。あまりショックを受けないように、しかし軽く捉え過ぎないように、過不足なく伝えるのは難しいですが」(高橋先生)。

デイケア・訪問看護を実施し、認知症の人の生活を支援

同クリニックの診療の特徴について、宮川先生は「入院せずに今の環境の中で生活を続けていけるよう、医療だけでなく介護や行政とも関わりを持ちながら支援しています」と話します。特にケアマネジャーや地域包括支援センターなどとの連携は重要です。

そして、いろいろな症状のため自宅や介護施設で過ごすことが難しい方を対象に、重度認知症患者デイケアを行っています。

「介護福祉士、作業療法士、看護師、心理士など多くの専門職が、いろいろな角度から関わり、症状の安定化を図りますが、一番の目標は“その人の本来の生活を大切にすること”です。まず人と人との関わりを大事にし、各専門職の専門性は必要に応じ最小限だけ発揮するよう心掛けています」(宮川先生)。

すぐにデイケアに参加したくない患者さんもいらっしゃいますが、その場合はまずスタッフがご自宅を何度も訪問し、ご本人と関係を作った上でお誘いするよう工夫しています。

また、日中お一人になる方などの場合、生活の見守りや健康状態・心理状態の把握のため、精神科訪問看護も実施しています。ときには一緒に外出するなどして、元気を取り戻してもらえるように努めています。

「各部門がもっと力をつけ、地域でいろいろな役割を担っていきたいですね」(高橋先生)。

認知症初期集中支援チームのサポート医として活動

宮川先生は草津市と、隣接する栗東市の2つの市の認知症初期集中支援チーム(以下、支援チーム)に認知症サポート医の立場で参加しています。月1回のチーム員会議は、通常、家庭訪問を行った後で開かれることが多いのですが、宮川先生が参加する支援チームでは、まず地域包括支援センターからの事前情報をもとに、「どういう風に訪問するのがよいか」をディスカッションし、その後チーム員が訪問してアセスメントした情報を次の会議で共有し、支援方法を検討するという流れで活動を行っています。

「支援対象者には医療や介護の介入を拒否している方が少なくありません。チーム員の訪問を拒否する可能性も高く、まずは誰と一緒に行くべきなのか、どのように説明すれば受け入れてくれそうか、もしくはまだ訪問しないほうがよいのかなどを検討し、訪問を受け入れてもらえるよう工夫しています」(宮川先生)。

疾患だけでなく「こころ」の理解も促し、支援の輪を広げたい

積極的に認知症医療に取り組むおふたり積極的に認知症医療に取り組むおふたり

同クリニックでは問診の際に、認知症の人とご家族の双方から時間をかけて話を聞くことを心がけています。しかし、一人ひとりと時間をかけて向き合っているからこそ多くの人を受け入れることが難しく、予約から初診まで1~2ヵ月ほどかかってしまうのが実情です。

宮川先生は「地域のニーズに迅速に応えられていないことに忸怩たる思いを抱えています」と話し、課題解決のためにこれからは、精神科や脳神経内科の若手の医師と勉強会などを行い、互いのスキルアップを図るとともに、認知症診療の面白さを理解してもらう機会をつくることができればと考えています。

一方、認知症を専門としないかかりつけ医とも連携の会を活用して、認知症の人の生活ごと診る大切さなどを共有する機会を設けて“同士”を増やし、認知症の人を受け入れる医療機関の増加につなげていきたいとも言います。

また、宮川先生、高橋先生ともに、地域の医療・介護従事者、一般市民に向けた啓発活動にも積極的に取り組んでいます。介護従事者向けの研修や勉強会で話す機会が多いという高橋先生は、「教科書的な知識だけを詰め込んで、頭でっかちにならないことが大切。同じアルツハイマー型認知症の患者さんでも、症状の出方は百人百様です。“疾患”ではなく“目の前にいる人”を見て、考えられるようになってほしい」と伝えています。また、症状や困りごとに対処するための “問題解決型思考”だけでなく、ご本人のニーズは何か、それをかなえるために何をしたらよいかを考える“目標志向型思考”によるケアを実践するよう勧めているそうです。

宮川先生は年2回程度、一般市民向けの講演会で講師を務める際に、「認知症についてのレクチャーはどうしても介護の話になりがちですが、なるべく認知症の方が今までどおりの生活を続けるにはどうすればいいかを考えてもらえる話をしています」と語ります。

「認知症の方が見ている世界や感じていることなど、認知症の方の“こころ”を理解できれば、自ずと望ましい対応の仕方が見えてくるはずです。認知症という疾病への理解を深めるとともに、認知症の方の世界を受け入れ、ご本人の視点に立って考えることが認知症の方の生活を支えることにつながると思います」(宮川先生)。

 

取材日:2019年10月25日

南草津けやきクリニックの外観

南草津けやきクリニック

〒525-0050
滋賀県草津市南草津1-1-8 KDXレジデンス南草津2F
TEL:077-565-7708

施設のホームページへ

 

 

この記事のURLをメールで送信
医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • お薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ