認知症病院紹介サイトTOP > 取材記事を探す【関東・信越】 > 東京都 > 東京都八王子市 かわさきクリニック
認知症病院の取材記事を探す

多彩な診療科で総合的な認知症医療を提供
<東京都八王子市 かわさきクリニック>

かわさきクリニック 院長 川崎主税先生 かわさきクリニック 院長 川崎主税先生

東京多摩地区の中核市・八王子市にあるかわさきクリニックは、院長であり脳神経外科専門医の川崎主税先生が2007年に開院しました。内科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、リハビリテーション科、リウマチ科を標榜し、幅広い疾患に対応しています。認知症に関しては、迅速な検査で診断し、クリニック全体で治療にあたっています。

当日のMRI検査で迅速に診断

川崎院長は、さまざまな診療科があるメリットとして、認知症の人を総合的に診られる点を挙げます。

「糖尿病や高血圧の方が認知症になると、もともとあった持病のコントロールが悪くなります。転倒もしやすくなります。認知症はその方の一部分でしかなく、認知症の治療だけを考えていては不十分で、複数の科が関わることが大切だと思っています」(川崎院長)

電子カルテを導入しクリニック全体で認知症の人の情報を他科の医師とも共有しているので、ほかの疾患で受診した場合でも、認知症の症状に影響がある薬剤は減量したりほかの薬剤に切り替えたりするなど、各科が協働して治療にあたります。

「電子カルテでほかの科の検査結果や処方内容を確認して、特に注意が必要な方であれば、各科の診察室が隣接しているので、直接相談したり意見を仰いだりしています」(川崎院長)

また、同クリニックはMRI装置を備えており、必要であれば受診したその日のうちに画像検査をすることが可能です。同クリニックのある八王子市は、東京医科大学八王子医療センターと東海大学医学部付属八王子病院の2つの大学病院があるほか、平川病院が認知症疾患医療センターに指定され、その他の中小規模の病院も多く、医療資源が充実した地域でもあります。かわさきクリニックは近隣の個々の病院と連携を密にし、認知症の人へのサポート体制を強めています。同クリニックではMRI撮影に関しては急性期の病変の把握も含め来院当日に検査でき、迅速に診断がつくのでご本人やご家族にとって大きなメリットになっています。

他科受診が認知症の早期発見のきっかけになることも

同クリニックでは、各科の医師やスタッフが患者さんの異変に気づき、認知症の早期発見につながることも少なくありません。転倒による外傷が多く整形外科を受診する患者さんや、頻繁に火傷をして皮膚科を受診する患者さんなど、今までとは違う行動が目立ったため、検査を行った結果、認知症だと診断されることもあります。

「特にリハビリテーション科は他科よりも患者さんと長時間接することが多いので、理学療法士などのスタッフが気づくこともあります。服装が毎回同じになったり、いつも化粧をしていた人がしなくなったり、ささいな変化をスタッフが見逃さず、情報を共有してくれるので心強いです」(川崎院長)

ご本人に寄り添った認知症医療を

クリニック開院から12年が過ぎ、開院当初から他疾患で通院してきた患者さんが認知症となることも増えています。川崎院長は「長いお付き合いがあることで、患者さん自身もご家族同様に記銘力低下があることを隠したがる方もいらっしゃいます」と語ります。

検査や治療の必要性について丁寧に説明し、画像検査後は画像や川崎院長ご自身が作成したスライドを資料として見せながら、認知症の人やご家族が理解しやすいよう解説します。必ずしも薬物療法を行うわけではなく、ご本人やご家族の気持ちを尊重し、年齢や合併する疾患の状態も考慮して治療法を選択していきます。また、ご家族の話から困り事を探り、その対応策などを助言します。

川崎先生は、「ご家族のご意向にも耳を傾けつつ、ご本人中心の認知症医療を心がけています」と語り、ご本人に向き合い、話を聞くことが大切だと言います。

「眠れないと訴える認知症の方がいました。ご家族は睡眠薬の処方を望まれましたが、よくよく話を聞いてみると、幻覚や幻聴があるわけではなく、実際に屋外で子猫が生まれ鳴き声がうるさかったようです。そこで、ご家族に助言し、屋外が静かになるよう工夫してもらい、薬を使うことなくご本人はよく眠れるようになりました」(川崎院長)

安全に安心して受けられる画像検査を目指す

診療放射線技師 森田淳一さん 診療放射線技師 森田淳一さん

同クリニックでは、ご家族の話や神経心理検査の結果に加え、ほかの科を受診している患者さんであればその科の医師とスタッフからも話を聞き、さまざまな情報をもとに診断を行います。診療放射線技師の森田淳一さんは、その際に重要な情報の一つとなる画像検査を担当しています。森田さんは、「最も重視しているのは撮影室から何事もなく無事に帰っていただくことです」と語り、安全に、そして診断に有効な画像が得られるよう配慮しながら撮影をしています。

MRI室の照明を少し暗くするなどして、認知症の人がリラックスして検査を受けられるようにしています。それでも、認知症の人が検査を嫌がったり、体の動きが激しかったりして安全上やむを得ず検査を中止する場合もあります。「そういうときに、ご家族が謝られるのですが、私としては撮影できずこちらのほうこそ申し訳ないという気持ちでいっぱいになります」と森田さんは話します。

そして一度撮影中止になったとしても、次回は撮影できることもあり、その後いっさい画像検査ができないわけではないのであきらめないでほしいと森田さんは話します。

「認知症の方が日ごろ寝ている時間帯だったら撮影できる可能性もあります。また撮影の技術を日々磨くのはもちろん、時間帯を考慮したり、接遇も工夫したりして認知症の方に安心して検査を受けていただける、頼れる放射線科でありたいと思っています」(森田さん)

かかりつけ医の治療が認知症の人のメリットに

同クリニックでは、かかりつけ医からの紹介で認知症の検査や診察を行ったときは、診断がついたら基本的に逆紹介をしてかかりつけ医のもとに再紹介を行います。川崎院長はその理由について「それまで診ていたかかりつけの先生が生活習慣病などと一緒にトータルに診たほうが認知症の方にとってよいと思っています」と話すとおり、認知症の人を“総合的に診る”という信念は、かかりつけ医からの紹介だった患者さんにも一貫しています。

「これからも認知症の方とご家族に寄り添いながら、地域に根差した医療を提供していくことができればと考えています」(川崎院長)

 

 

取材日:2020年7月20日
かわさきクリニックの外観

かわさきクリニック

〒192-0154
東京都八王子市下恩方町1141-1
TEL:042-650-6655

施設のホームページへ

医療機関を探す
新着施設から探す
地域から探す
  • 北海道 近畿
  • 東北 中国
  • 関東・信越 四国
  • 東海・北陸 九州・沖縄
カテゴリーから探す
  • 社会が考える認知症予防・治療・戦略
  • 日常診療における創意工夫
  • チーム連携のさらなる充実
  • ふれあいつながる作品展
  • バアちゃんの世界
  • バアちゃんの世界からわかる認知症の症状と対応のヒント
  • 「笑顔とこころ」をつなぐ声
  • 認知症のお薬(剤形)の選択肢が増えました
  • 患者さんとご家族のための認知症の知識
  • 全国各地の認知症相談窓口
  • 認知症サポーターキャラバン
  • サイト運営企業の取り組み
  • 医療関係者の皆さまへ
トップページへ